買ってはいけない脱臭機|空気清浄機との違い。タバコ臭・ペット臭にはどれを選ぶ?

空気清浄機は一般のご家庭でも、かなりお馴染みな家電ですね。

ただ、それとは別に、脱臭機と呼ばれるものもあります。

「家庭での色々なニオイを取り除くには、どの機種を買ったらいいのか」と、迷われている方もいるのではないでしょうか。

対策したいのが何かによって、どの製品を選ぶべきかは明確に変わってきます。

ですから、それを知らずに「買ってはいけない」ということになるわけです。

買ってしまった後に、「しまった!」とならないように、この記事をチェックしておいてください。

脱臭機とは|空気清浄機との違いは?

脱臭機と空気清浄機の違いとは、何でしょうか。

基本的には、その名のとおり、部屋の空気をきれいにするのか、ニオイを取るのかの違いだと思ってください。

ですから、例えば「タバコやペットのニオイをどうにかしたい」と思っているのであれば、空気清浄機ではなく脱臭機を選ぶのが正解です。

でも、その類いのものを家電量販店などに買いに行くと、売り場でたくさん並んでいるのは、空気清浄機ですね。

店員さんに相談しても、空気清浄機をオススメされると思うので、注意が必要です。

一般的に、空気清浄機として売られているものは、フィルターでチリやホコリを取り除き、活性炭でニオイを取り除くという仕組みになっています。

一方、脱臭機は活性炭ではなく、イオンや次亜塩素酸、オゾンなどの力によってニオイを取り除きます。

個人的にどちらも使ったことがありますが、空気清浄機の方は、ホコリが舞うと強く反応する印象です。

脱臭機の方は、例えばアルコール入りのボディーローションなど揮発性のものを使ったりすると、強く反応します。

つまり、「ホコリに反応するか」「化学物質に反応するか」の違いですね。

そして、家庭のニオイというのは、アンモニアなどの化学物質が原因のことが多いわけです。

なお、空気清浄機と脱臭機という言葉によって、機能が明確に定義されたり、規格が定められているわけではありません。

単にメーカーによる呼び方ですので、例えば空気清浄機という名前でもイオンによる脱臭機能が付いているものもあります。

とは言え、専用の機能・構造になっていますから、脱臭がメインならオススメなのは、やはり脱臭機ということになるでしょう。

脱臭機の種類

脱臭機には、その脱臭の方式によって、種類があります。

ここでは、主なもの3種類について簡単に説明したいと思います。

イオンによる脱臭

イオンによる脱臭は、OHラジカルと呼ばれる物質が放出され、それがニオイ成分の水素に結合することでニオイを抑制する仕組みになっています。

シャープのプラズマクラスターや、パナソニックのナノイーなどが有名です。

空気清浄機でも、この機能が付いているものはたくさんありますね。

ただ個人的な印象としては、強い脱臭機能は期待できないと思います。

パナソニックが、脱臭に強いブランドシリーズ、ジアイーノをナノイーと別に作っていることからも、それは見て取れます。

イオンによる脱臭は、ダニの死骸やフン、花粉といったいわゆるアレル物質への対策がメインだと考えて差し支えないでしょう。

「お肌にうるおいを与える」というような謳い文句が書かれていたりするところからも、逆に「ニオイ対策がメインではないんだな」という印象を受けます。

次亜塩素酸による脱臭

手指などの消毒でもよく聞くのが、次亜塩素酸です。

水道やプールの消毒にも、塩素が使われていますね。

次亜塩素酸による脱臭機で有名なのは、パナソニックのジアイーノです。

公式サイトにも載っていますが、「空間の除菌・脱臭に特化し、ニオイにすばやく優れた抑制力を発揮」とされています。

脱臭目的であれば、選択肢の一つになるかと思います。

ただし、例えばジアイーノであれば使うに当たって、水とタブレットを入れてやる必要があります。

手間もランニングコストもかかるため、かなりのマイナスポイントだと言えるでしょう。

オゾンによる脱臭

オゾンがアンモニアなどのニオイ物質を酸化させる反応をすることで、ニオイを除去します。

オゾン脱臭機のブランドとしては、富士通ゼネラルのプラズィオンがあります。

もしかすると、プラズマクラスターやジアイーノなどに比べると、さほどメジャーではないかもしれませんね。

とは言え、脱臭機と銘打ち、他社に先駆けて商品が出されたのが、じつは富士通ゼネラルのプラズィオンなのです。

そのため、かなり信頼できるブランドではないかと思います。

なお、プラズィオンのように定常的に運転するタイプではなく、短時間に大量のオゾンを吐き出し、強い消臭効果を持たせた製品もあります。

外出前などにセットしておき、使用中は部屋を出るというような使用方法のものです。

ただしオゾン自体が体に有害な物質ですので、若干の不安を感じる人もいるのではないかと思います。

実際、喉に刺激を感じたというユーザーの方もいるようです。

ニオイが染み付いてしまってどうしようもない部屋などへの、最後の手段といった印象ですね。

ですから基本的には、オゾンの発生を厳密にコントロールしているプラズィオンのような常時運転タイプをオススメしたいと思います。

どれを選ぶ?オススメの機種

すでに書たいとおりニオイ対策であれば、空気清浄機ではなく脱臭機を選びましょう。

次に問題になるのが、イオン・次亜塩素酸・オゾンのうち、どの方法による脱臭機を選ぶかです。

イオンは、強力脱臭という感触ではないように思えます。

次亜塩素酸による脱臭機でもいいのですが、水とタブレットを入れてやる必要があり面倒ですし、費用もかかってしまいます。

そのうえ、フィルターの交換も、当然のように必要となってきます。

一方、オゾン脱臭のプラズィオンは、水やタブレットといったものが必要ありません。

フィルターの交換は必要ですが、それ以外は面倒なケアがなく、余計なランニングコストがかからないのが、オゾン脱臭機の魅力です。

\ポイント最大10倍!/
楽天市場

個人的には、ここまで書いたような検討を重ねたうえで、富士通ゼネラルのプラズィオンを選び、5年以上使っています。

ニオイにかなり敏感に反応しますし、以前使っていたシャープのプラズマクラスターの空気清浄機よりも、強力な消臭してくれるように感じています。

ネットの口コミも調べてみましたが、タバコを吸う方やペットを飼っている方が、たしかな消臭効果を実感されているようです。

さて最後に、オゾンを大量に放出するタイプのものも、一つご紹介しておきます。

強く染み付いたニオイに悩まされていて、強力な脱臭効果を求める方は、候補としてみてください。

\ポイント最大10倍!/
楽天市場
タイトルとURLをコピーしました