買ってはいけないノンフライヤー|コンベクションオーブンとの違いは?どっちを買うべき?

一時期、かなり流行していた家電であるノンフライヤー。

「揚げずに揚げ物っぽいものを作りたい」「時間がたった揚げ物をカラッと復活させるのに買いたい」と思っている方も、いるのではないでしょうか。

ただ、電子レンジ・トースター・魚焼きグリル・コンベクションオーブンと、似たような感じの家電は色々とありますね。

違いをきちんと知っておいて、買ったあとに「しまった!」とならないようにしたいものです。

この記事をチェックしてから、選んでくださいね。

ノンフライヤーとは

ノンフライヤーは、揚げないけれど揚げ物っぽいものが調理できるということで、一時期かなり話題になっていました。

基本的には、電熱線があり、そこで温められた空気に風を送って、生み出された熱風によって食材を温めるという構造になっています。

要するに、「温めた空気を当てるだけ」ですから、かなりシンプルな作りと言えるでしょう。

電子レンジとの違い

電子レンジは、食材の中の水の分子にマイクロ波を当てることで温めます。

熱を持っている状態というのは、物体を構成している分子が小さく運動している状態です。

マイクロ波をぶつけることで、その状態を生み出しているわけですね。

ただし、トースターなどのように熱を当てているわけではありませんから、カラッとは仕上がりません。

電子レンジで揚げ物を温めると、ベチャッとなってしまいますよね。

そこが、ノンフライヤーとの違いということになるわけです。

トースターや魚焼きグリル、オーブンとの違い

トースターなどの、いわゆる焼き物をするための調理器具には、基本的に風を送る機構がありません。

熱を当てることはしますが、熱風を送りはしないということですね。

そのため、焼きムラが起こりやすくなります。

「ちょっと目を離したスキに、焼き魚が真っ黒焦げ」ということがあります。

ノンフライヤーであれば、中の温度が均一に近くなりますから、一部だけヒドく焦げるということがありません。

コンベクションオーブンとの違い

一番わかりづらいのが、ノンフライヤーとコンベクションオーブンとの違いですね。

「どう違うんだろう」と思っている方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

じつは、ノンフライヤーというのは、コンベクションオーブンの一種です。

コンベクションオーブンの「コンベクション」というのは、「対流」という意味を表しています。

すでに説明したとおり、ノンフライヤーは熱くした空気を風で送る仕組みになっています。

ですから、ノンフライヤーも一種のコンベクションオーブンなのです。

ただ、コンベクションオーブンと呼ばれているものは、一般的には、オーブンや電子レンジのような四角い形としているものが多いようです。

なおかつ、その多くは、トースターやオーブンの機能も兼ね備えています。

そもそも風を送らなければ、トースターやオーブンとほぼ同じですから、これは当然かもしれませんね。

とは言え、多機能をうたって、その分値段を上げてくるのがメーカーの戦略です。

逆に、単機能のコンベクションオーブンはある程度価格もお安めで、機能的にもノンフライヤーと大差なく、ほぼ「形が違うだけ」と言えます。

どれを買ったらいいのか

電子レンジやトースターがない状態で、ノンフライヤーを買おうとする人は、たぶんあまりいないことでしょう。

となると問題になるのは、キッチンでの置き場所です。

一般的に言って、ノンフライヤーの方が、コンベクションオーブンよりも小ぶりです。

そのため、置き場所がない方はノンフライヤーがいいかもしれません。

ただ、トースターを処分して、トースター機能がついたコンベクションオーブンを導入する手もあると思います。

また、価格がお高めになりますが、電子レンジ機能も兼ね備えたコンベクションオーブンもあります。

そういうものを選び、既存の他のキッチン家電を処分すれば、一番省スペースになりますね。

もう一つポイントになるのは、デザインです。

ノンフライヤーは、個性的なデザインのものが多いです。

そのため、他のキッチン家電との統一性がなくなってしまう場合があります。

以上の2点から、置き場所もありデザインが気にならないなら、安価なノンフライヤーがいいでしょう。

キッチンが手狭で、ある程度、予算に余裕があるなら、多機能なコンベクションオーブンを選んではいかがでしょうか。

おすすめの機種

ノンフライヤーと言えば、フィリップスのものが有名です。

Philips(フィリップス)
¥22,000 (2023/12/04 20:31時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場

電子レンジの機能もあるコンベクションオーブンは、アイリスオーヤマのものがあります。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥39,400 (2023/12/06 19:44時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場

こちらは、パンも焼けるそうなので、焼きたてのパンが食べたい方にはオススメです。

ノンフライヤーやコンベクションオーブンで揚げ物を作れば、料理に使われる油の量を圧倒的に減らせます。

油は、火をつければ燃えるところからも分かるように、カロリー(熱量)が高いです。

普通の揚げ物だと、じつは適正量は、唐揚げ2つ分くらいなのだそうですよ。

さすがに2つだけじゃ、満足できないですよね。

ノンフライヤーを使って、ヘルシーな生活を送っていただけたらと思います。

タイトルとURLをコピーしました