買ってはいけないティントリップ その理由は?

ティントリップは、飲食しても、マスクをつけていても長時間色が落ちにくく、塗り直しの手間が少なくなるためとても人気ですよね。

そんなティントリップですが、クレンジングでも落ちにくいため、どんな成分が入っているのか、危険性はないのか気になりませんか?

今回は、ティントリップの種類や、落ちにくい仕組み、危険性はあるのかなどご紹介していきます。

【ティントリップとは?】ティントリップの種類

◇スティックタイプ
スティックタイプは、その名の通りスティック状の口紅の形をしており、鏡を見なくても普通の口紅のように片手でスッと塗れるので、ティント初心者の人にも向いているものです。

◇ウォータータイプ
ウォータータイプは、まるで水のようなサラッとしたテクスチャーのティントです。
水のような質感なためグラデーションリップを作りたい人にはうってつけなタイプです。
テクスチャーは軽いですが、その分乾燥しやすいといった点があります。
重いテクスチャーのリップが苦手な人には向いてます。

◇グロスタイプ
グロスタイプは、艶や保湿重視の人にはオススメのタイプです。
しっかりとした色づきですが、グロスタイプは薄づきのものが多く、自然な感じを出すことができます。
色と艶を1本で出すことができるという万能なタイプです。

◇オイルタイプ
オイルタイプは、唇の荒れなど乾燥していても、オイルに含まれる保湿成分で唇を保湿することができます。
乾燥しがちな人や、乾燥しやすい冬の時期には特にオススメです。

◇マットタイプ
マットタイプは、その名の通り光沢のないマットな質感です。
とてもサラサラとした仕上がりになりますが、乾燥しやすいので塗る前にリップクリームなどでの保湿をしておくといいでしょう。

◇バームタイプ
バームタイプは高保湿なものが多く、オイルタイプと同様、乾燥しがちな人や冬の時期にはオススメです。
口紅型のものは、リップブラシを使って塗ると色が濃く発色するためフォーマル感が出たり、サッと塗ればカジュアル感が出たりと、塗り方によって印象が変わります。

◇パックタイプ
パックタイプは、顔につけるパックと同じような感じで唇につけるパックです。
ティントを塗って乾かした後に剥がすと、しっかりと唇を染めることができ色が長持ちします。

なぜ落ちにくいのか?落ちにくい仕組みについて

まず、ティントリップは唇に染み込み、染めるという意味です。
普通の口紅は唇の上に色をのせるだけですが、ティントリップには染料が配合されているため、普通の口紅と比べて格段に落ちにくいのです。
染料は、ネイルカラーやカラー剤などに使われており、水や油に溶けるといった性質を持ったものです。

危険性はあるのか

染料を使うということは、唇に色素を定着させているようなものなので、きちんとしたクレンジングをしていないと色素沈着をする恐れがあります。
ですが、唇は他の部位と比べて皮膚の代謝がとても活発なので、もし色素沈着してしまったとしてもすぐに皮膚が剥がれてくれるので、色が定着してしまうような心配はないと思います。

一番唇に浸透しにくいのは、油分ベースでできているオイルタイプのもので、浸透しやすいのは水ベースでできているウォータータイプのものです。
水ベースのウォータータイプは、皮膚の奥まで色素が浸透してしまいます。

できるだけ色素沈着しにくいコツは、ティントリップを塗る前にコンシーラーを塗って皮膚と直接触れないようにしたり、リップクリームを先に塗って角質を守った状態でティントリップを塗るという方法があります。
もし、色素沈着してしまった場合は、ティントリムーバーというティント専用のクレンジングを使うといいでしょう。

ただし、ティントリムーバーは刺激が強めのものもあるので、唇が敏感な人はアイメイクなどの落ちにくいメイクを落とせるポイントメイクリムーバーや、ワセリン、オイルなどの弱めの刺激で落とせるものを選ぶといいでしょう。

そして、染料はアレルギーを引き起こしやすい成分だと言われています。
染料の多くはタール系色素というもので、このタール系色素がアレルギーを引き起こすと言われています。
染料は、唇の角質(タンパク質)と結合しやすい成分なので、この2つの成分が合体した、染色タンパク質がアレルギーを引き起こす可能性があります。
唇の皮が剥けたり、かゆみが出た場合はすぐに使用を止め、酷い場合には皮膚科を受診するようにしましょう。

おわりに

ティントリップにはさまざまな種類のものがあり、塗りやすさやどんなリップを作りたいのかだけではなく、乾燥しがちな人は保湿力のあるものを使ったりと、必ず自分に合うものを使用しましょう。
そしてもし皮膚トラブルが出た場合は皮膚科に行き、また同じものを使用しないように気をつけましょう。

やはり、ティントリップは普通の口紅に比べ染料が含まれているため色素沈着しやすく、色素沈着を防ぐためには使用前に唇を保護したり、使用後には正しいクレンジングをしてきちんと落とすことが重要ですね。

タイトルとURLをコピーしました