キレートレモンは買ってはいけない!その理由とは?

ビタミンCやクエン酸を手軽に取れる「キレートレモン」。

とくにインフルエンザや風邪になるのを防ぎたい方、キレイになりたい方は日常的に飲むのではないでしょうか。

キレートレモンのビンを見ると、「体によい飲み物」を前面に押し出したようなパッケージになっていますよね。

もちろんよい効果もあるのですが、ただ実は「キレートレモンは体に悪い」という噂もあります。

今回は、キレートレモンの体によい効果や買ってはいけない理由をまとめたので、興味がある人は最後までご覧ください。

キレートレモンの体によい効果

まず、キレートレモンの体によい効果を紹介します。

キレートレモンは必ずしも体に悪いとはいい切れません。

体によい面もあるのです。

美容効果

もっとも代表的な効果が、美容効果です。

これはキレートレモンにビタミンCが含まれているからです。

ビタミンCは、メラニンの生成やシミソバカスを防いでくれる美容効果が期待できます。

またビタミンCは、コラーゲンを合成するために欠かせない栄養素です。

さらに、ウイルスや風邪に対する抵抗力を上げてくれる効果もあります。

疲労回復効果

キレートレモンには、クエン酸も含まれています。

クエン酸には、体のエネルギーを作るサポートをしたり、体に蓄積した疲労物質である乳酸を分解する・体外に排出する役割があります。

そのため、毎日仕事で疲れている方にとっては非常によい効果を発揮するでしょう。

ちなみにクエン酸は、ビタミンB群と同時に取ると、より高い疲労回復効果が期待できます。

またクエン酸には、代謝を高める効果も。

むくみ解消効果

キレートレモンには、むくみ解消に効果のあるカリウムが含まれています。

むくみの主な原因は、腎臓機能の低下により、体内の水分や塩分が排出できなくなることです。

カリウムは、体内の不要な水分などを排出する働きがあるので、むくみを解消できるのです。

アンチエイジング効果

そもそも老化の原因をご存知でしょうか。

老化の原因は活性炭素です。

活性炭素は、食事をしたり呼吸をするなど日常的な行動で体の中に発生する老化物質です。

キレートレモンには、ポリフェノールも含まれており、活性酸素を予防してくれる効果が。

ポリフェノールを取ることで活性酸素の量を減らすことができ、アンチエイジング効果が期待できます。

キレートレモンを買ってはいけない理由

さて、ここまでキレートレモンの美容・疲労回復・むくみ解消・アンチエイジング効果について解説をしました。

それではなぜキレートレモンを買ってはいけないのでしょうか。

キレートレモンを買ってはいけない理由を解説します。

糖質が多く含まれている

キレートレモンには、100gあたり17.2gの糖質が含まれています。

これは他の飲み物と比べても非常に多い量。

他の飲み物との比較は、下記の通りです。

100mlあたり 糖質 カロリー
キレートレモン 17.2g 68kcal
コーラ 11.3g 45kcal
三ツ矢サイダー 11g 42kcal
CCレモン 10g 40kcal

見て頂くとお分かりの通り、なんとコーラや三ツ矢サイダーよりも糖質が多くなっています。

この糖質量は、角砂糖に換算すると約6個分に相当。

糖質の取りすぎはとても危険で、生活習慣病の原因は糖質の取りすぎだといわれています。

具体的には、肥満や糖尿病・がん・動脈硬化・認知症の原因になるのです。

これは糖質を一度に多く取ると、血糖値が急上昇し、血糖値を下げるインスリンが大量に分泌されるからです。

インスリンの分泌量が多いと体内で脂肪の合成が促成され、肥満に繋がり血糖値が常に高い状態になります。

それにより糖尿病や動脈硬化・がんなどの病気になるのです。

ビタミンCの取りすぎになる可能性がある

キレートレモンは1本あたり、1350mgのビタミンCが含まれています。

そのため、美容効果やウイルス・風邪への抵抗力を上げる効果がありますが、過剰摂取すると胃痛や尿路結石になる可能性があります。

ちなみに、厚生労働省が発表しているビタミンCの1日の摂取目安量は、目安量100mg・上限量2,000mgとなっています。

つまりキレートレモンを1日に何本も飲んだり、他のビタミン剤やサプリメントを併用すると、逆に体に悪くなってしまうのです。

またビタミンCには便を柔らかくする効果もあります。

その効果により、大量に取ってしまうと下痢や腹痛を起こしてしまう可能性もあります。

まとめ:キレートレモンの飲みすぎには注意!

今回は、キレートレモンの体によい効果や買ってはいけない理由をまとめました。

キレートレモンには、美容・疲労回復・むくみ解消・アンチエイジング効果があります。

その一方で、糖質が多く含まれる・ビタミンCの取りすぎになる可能性があるというデメリットも。

そのため、一概にキレートレモンが体に悪いとはいえませんが、飲みすぎには注意をした方がよいでしょう。

またキレートレモンを飲むのであれば、他の糖質が多く含まれる食べ物や飲み物に注意をしたり、ビタミン剤やサプリメントとの服用は避けた方が良いでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました