買ってはいけないタッチペン!イラストを描くのにはどんなタッチペンが良い?

スマホやタブレットを操作する時、タッチペンがあると便利ですよね。ゲームをする時や、イラストを描く時などにとても重宝します。
種類も豊富なうえに、最近では100均でも買えるので、どれを選ぼうか迷ってしまいますよね。

しかし、ゲーム用やイラスト用で買ってはいけないタッチペンがある事をご存知ですか?
それは、100均やネットで売られている安価なタッチペンです。

あなたも、ちょうど安いタッチペンでいいから欲しいなと思っていませんか?
私も、とりあえず安いものでもいいから、お試しにタッチペンを買ってみようと、安価なタッチペンを購入しました。

しかし、安価なタッチペンは反応がイマイチだったので、あまりおすすめできません。

ネットで安価なタッチペンを購入して失敗した私の経験をもとに、どのようなものが買ってはいけないタッチペンなのかを解説していきます。

買ってはいけないタッチペン

私はよくiPhoneで何気ないイラストを描いたりするのですが、こちらのタッチペンなら安くて口コミも良さそうだったので、試しに購入してみました。

KINGONE タッチペン スタイラスペン 2in1

ペン先が導電繊維型と透明ディスク型の2種類付いていて、導電繊維型のペン先はゴムではないので、耐久性もあり反応も良いです。

透明ディスク型が、細かい作業もできてイラスト向きの作りです。

安くて口コミもいいし、使いやすそう!

しかし、実際に買って使ってみると、イラストを描く時の細かい作業には少し向いていないと感じました。
線が滑らかにならず、僅かですが線がカクッとしてしまい、とても描きづらいと感じてしまいました。

元々本格的なイラストを描くわけではありませんが、それでも滑らかに描けず、少しストレスに感じてしまいます。

口コミを見ると「子どもに買ってあげた」という声も多かったので、お子さんが使うのにはとてもいいタッチペンなのではないでしょうか。

万が一、ペン先がダメになってしまっても、スペアのペン先もセットになっているので、壊れてしまった時も安心です。

1,000円以上するタッチペンでイラストが描きづらいのなら、100均のタッチペンはもっと向いてないのでしょうか?
次で解説していきますね。

100均のタッチペンは買ってはいけない

実は、100均でも様々な種類のタッチペンを扱っているのをご存知ですか?
ネットだと安くても1,000円前後するタッチペンが、100円で買えてしまうのは驚きですよね。
ダイソー、セリア、キャンドゥなどで、数種類のタッチペンを扱っています。

100均に置いてある一般的なタッチペンは、ペン先がゴム製で太くなっているものが多いです。
ディスクタイプのペン先のタッチペンもあり、こちらの方がイラスト向けといえます。

しかし、100均で買えてしまうほど安価なので、イラストを描く際の細かな作業に使うのはおすすめしません。

また、100均のタッチペンは、スマホで使っている保護フィルムによっては反応しないこともあるようです。
せっかく買ってみても、フィルムのせいで反応しなかったら、100円でももったいないですよね。

やはり、イラスト向けのタッチペンは安価なものは買ってはいけませんね。

「じゃあどんなタッチペンがいいの?」と気になって調べてみました。
調べてみて「これはおすすめ!」と感じたタッチペンをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

イラストを描くのにおすすめなタッチペン3選!

安価なタッチペンが買ってはいけないことがよくわかりました。
では、実際にどのようなタッチペンがいいのかを調べてみた結果、以下の3つがおすすめと思えるタッチペンでした。

Apple Pencil MU8F2J/A

Apple(アップル)
¥19,077 (2022/11/24 12:52時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

こちらはiPad専用のタッチペンです。

残念ながら、iPad以外では非対応のようですが、Appleの純正品なのでiPadユーザーにはこのApple Pencilが1番相性がいいため、かなりおすすめです。

口コミには「紙に書いているよう」ともあるので、イラストを描く際にもかなり活躍するのではないでしょうか。

エレコム タッチぺン スタイラスペン

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

1.5mmという極細のペン先によって、繊細な描き方ができるタッチペンです。
単6乾電池1本を使用するようで、非電池式のタッチペンよりも反応がよく、滑らかに描けます。

こちらのタッチペンなら、Androidのスマホでも使用可能ですので、機種を選ばずおすすめです。

PASTEL SKETCH PRO

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

こちらも極細のペン先で、スラスラと思い通りに描くことが可能です。
このタッチペンは、汎用モードとiPadモードがあります。iPadモードならかなり繊細に、まるで鉛筆やボールペンで描いているような感覚なのです。
ただ、このiPadモードは、実際にiPadでないと反応してくれないので気をつけてください。

まとめ

以上、買ってはいけないタッチペンと、おすすめのタッチペンをご紹介していきました。

ネットに売っている安価なタッチペンや、100均のタッチペンは、イラストを描くのには本当におすすめできません。
少々高額でも、ちゃんとしたタッチペンの方が、繊細に作られています。

たとえお試しだとしても、あまり安価なタッチペンは買わないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました