買ってはいけない眉ティント その理由は?

眉ティント(アイブロウティント)は、塗って剥がすだけで何日もキープできる、とても万能なアイテムですよね。

リップティント同様、眉ティントも危険性はないんでしょうか?

今回は、眉ティントの種類や、メリット/デメリット(危険性)、正しい使い方についてご紹介します。

眉ティントの種類

◇剥がすタイプ・剥がさないタイプ
眉ティントを塗って剥がすタイプは、剥がさないタイプよりも持続力があるため色持ちがいいですが、剥がすまでの放置時間が長く、どれくらいの濃さで染まっているのか剥がすまでわからないといった点があります。
剥がさないタイプは、眉毛に塗るだけで色を付けることができますが持続力があまりないため、塗ってから剥がすタイプよりも早い段階で落ちてしまいます。

◇細筆タイプ・平筆タイプ
細筆タイプは、初心者の人でも使いやすく、眉山や眉尻なども書きやすいです。
特に細眉の人にオススメです。
平筆タイプは、塗る部分の面積が広いため細かい部分は塗りにくいです。
特に太眉の人にオススメです。

◇筆ペンタイプ・チップタイプ
筆ペンタイプは、細筆、平筆共に、初心者でも書きやすいですが、眉ティントは塗って剥がすタイプが主流であまりカラー展開や商品数が少ないです。
チップタイプは、パウダーやジェルを乗せるタイプで、自眉を活かしたい時にはピッタリです。
ですが、眉尻の眉毛が無い部分には乗せにくいといった面もあります。

メリット/デメリット(危険性)

《メリット》
①毎日の眉メイクが楽になる
眉ティントを1度塗って乾かして剥がすと、3日〜7日程度もつので、眉メイクをする手間や時間を省くことができます。
眉メイクが苦手な人は、特に時短になるのでオススメです。

②すっぴんに自信が持てる
彼氏や友達とのお泊まりの予定があっても、眉毛の部分はクレンジングでも消えないので、自眉が短い人や薄い人でも眉毛が無くなることなく、すっぴんに自信がない人でも安心です。

③眉の色や形を変えることができる
眉ティントは、数種類のカラー展開がされているので、自分の眉毛の色を自由に変えることができ、塗り方次第で好きな形にも変えることができます。
ふんわりとした印象にしたり、自然な感じにすることができます。

④濡れてしまっても落ちない
夏場の暑い時期や、海やプールなどの濡れてしまうようなシーンでも、汗や水では落ちないので綺麗な状態を保つことができます。
落ちてしまわないか心配な人でも安心で、特に夏場のメイクで活躍しそうですね。

《デメリット》(危険性)
①色素沈着する可能性がある
まず、ティント=染めるという意味で、眉毛と皮膚の部分に染料をつけるということです。
眉ティントはセルフタンニングという効果があり、肌の角質層にのみ着色されます。
基本的に、塗ってから3日〜7日程度色が残りますが、肌のターンオーバーで塗った部分の角質が取れていくので、1週間程度経つと色が取れてきます。
永久的に色素沈着してしまうという恐れはないでしょう。

②眉毛が抜けて薄くなる
塗ってから剥がすタイプのものだと、剥がす時に毛が抜けてしまうことがあります。
毛が抜けたり薄くるのが少しでも心配な人は、剥がさないタイプのものを使用するか、塗ってから剥がすタイプは頻繁に使用しない方がいいでしょう。

③アレルギー反応を起こす可能性がある
眉ティントには、リップティント同様、染料が使用されており、染料(タール色素)はアレルギー反応を起こしやすいです。
敏感肌やアレルギー体質の人は特に注意し、皮膚トラブルなどが出てしまった場合は使用を止め、酷い場合は皮膚科を受診しましょう。

正しい使い方

敏感肌やアレルギー体質な人は、必ずパッチテストを行なってから使用するようにしましょう。
パッチテストを行うことで、かぶれや赤みなどの肌トラブルを未然に防ぐことができます。

まず、眉ティントを使用する際は、洗顔後など肌を清潔な状態にし、眉毛や眉毛の周辺に水分や油分が残ってない状態にします。

次に眉毛ティントの液を塗っていきます。
この時、眉山から塗っていくと失敗しにくいようです。

そして、塗る量が少ないと剥がす時にちぎれやすくなったり、色の付きが悪くムラが出てしまう可能性があるので、まんべんなくたっぷり塗るようにしましょう。

最後に眉全体に塗ることができたら、触らずに放置し、乾いたら眉尻の方から剥がし完成です。
眉ティントは、5分程度で固まりますが放置時間が長いほど色素が定着するため、2時間以上放置することをオススメします。

おわりに

このように、眉ティントにはさまざまな種類があるので、満足のいく仕上がりにするためにきちんと自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

そして、眉ティントを使用する上でのメリットはたくさんありますが、眉毛が抜けてしまったり、アレルギー反応を起こしてしまうなど、その分デメリットもあるので、必ず危険性を理解してから購入するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました