買ってはいけないダーマペン その理由とは?

「ニキビ跡を改善したいなあ…」「肌の弾力がほしい…!」

常日頃、こんな悩みをもっていませんか?

そういった悩みにおすすめされている『ダーマペン』という美容施術があります。

指原莉乃さんや美容YouTuberの方達もやっている人が多く、日本だけでなく韓国でも人気の施術になります。

また、Qoo10や楽天市場でも購入することができ、セルフでも施術ができます。

ダーマエアショット

「いつまでも肌はきれいでいたい!」と思う人は多いですよね。

非常に興味深いアイテムですが、デメリットはどんなものがあるんでしょうか?

✔️記事の内容
ダーマペンのデメリットについて解説していきます。

ダーマペンとは何か?

ダーマペンとは、細い針で肉眼では見えないほどの小さな穴を肌に開けると傷ができます。
その傷を回復させようとする治癒力を利用して肌をきれいにする美容施術です。

ダーマペンは2010年に始まり、2018年には性能がパワーアップしたダーマペン4が発売されました。

違いとしては、下記のようになっています。

針の本数 1秒間に開ける個数
ダーマペン3 12本 1300個
ダーマペン4 16本 1920個

「針なんか刺して大丈夫!?」と思いますが、髪の毛より細い針になっている為、少ないダメージで肌をきれいにできます。

「髪の毛より細いのならば…」と少し安心するかもしれませんが、やはりデメリットはあるのです。

では、結論からお伝えします。

1.ダウンタイムが必要
2.痛みがある
3.肌のトラブル
4.傷によるトラブル
5.施術後の生活の注意点
6.肌トラブルは自己責任
7.金属アレルギーだとできない
針を扱うだけあってやはりいろいろなリスクがありますね。
これらが「どういったリスクに繋がるのか?」を深堀して解説していきます。

ダーマペンを買ってはいけない理由

ダウンタイムが必要

ダーマペンで施術した後は、内出血や腫れなどの症状があり、肌が落ち着くまでのダウンタイム期間が必要です。

その間は化粧ノリが悪かったり、かゆみを感じることがあります。

ダウンタイムは1週間程度必要といわれていますが、針が深い施術だったり、アフターケアを怠ってしまったりすると、もう少し時間がかかってしまうでしょう。

痛みがある

先程、髪の毛よりも細い針と伝えましたが、針で肌に穴を開ける以上は、痛みが少なからずあります。

また、針を深くまで刺す場合や、神経の近くを施術する場合は、”より痛みを感じやすい”といわれています。

美容クリニックできちんと行えば、できる限り痛くないように麻酔クリームなどを塗った上で施術をしてもらえますが、セルフで行う場合には自分で麻酔クリームや消毒の準備をしなければなりません。

肌のトラブル

ダウンタイム中は肌が弱っているため、非常に刺激を受けやすくなっています。

紫外線などのダメージも受けやすくなっているので、日焼け止めなどを怠ってしてしまうとシミの原因にも繋がります。

また、人によっては施術でシミが増えたり、濃くなったりするケースもあります。

傷によるトラブル

きちんと施術が終了すれば、針による傷は数日間で治り、徐々に肌がきれいになっていきます。

ですが、肌の弱い部分を施術したり、何度も針を刺してしまうことで傷ができ、跡が残ることもあるのです。

また施術後、針を刺した場所から出血することがあり、その後のアフターケアをきちんとしなければ菌が入り、化膿してしまうことがあります。

セルフで行う際は、肌トラブルが起きた時の知識が非常に大事になってきます。

施術後の生活の注意点

施術後の注意点は以下の通りです。

・紫外線を避け、UVケアを徹底する
・保湿を念入りにに行う
・洗顔やメイクなどの摩擦は避ける
・赤みが引くまでは入浴・サウナは避ける

傷がついた肌はダメージを受けやすいので、余計な刺激を減らすためには上記の注意事項はマストになります。

きれいな肌をつくるためにも、アフターケアは非常に大切になってきます。

肌トラブルは自己責任

クリニックでダーマペンの施術を行えば、肌トラブルはクリニックが対応してくれますが、セルフで行った場合は当然自己責任となります。

ダーマペンの種類はいくつかありますが、取扱説明書が日本語でないケースもあるので、きちんと情報を確認しなければなりません。

肌トラブルのリスクを考えれば、多少高くてもクリニックで施術をしてもらうのがいいでしょう。

金属アレルギーだとできない

ダーマペンの先端部分にある針は金属でできているため、金属アレルギーの方は施術を受けることができません。

肌の悪化を起こす可能性があるので、かぶれた経験があるという方は、事前にアレルギー検査をすることも必要になってきます。

まとめ

ダーマペンは1回の施術でも多少効果はありますが、複数回行わなければ、「しっかりとした効果は感じられない」という声を多く聞きます。

ダーマペンは行う度にダウンタイム期間や注意事項の縛りがあり、時間に余裕のある人でないとできず、金銭面的にも向き不向きがある美容法の一つだといえます。

また、行うにしても技術が伴う施術なので、購入して自分でやるのではなく、クリニックで施術してもらうのがやはり安心です。

0円でもできる美容法はあるので、無理せずできることから始め、自分にあった美容法を見つけていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました