買ってはいけない!高カカオチョコレート

チョコレートは健康に良いと言われ、近年その健康効果に着目した明治チョコレート効果などの高カカオチョコレートが人気です。なぜかというと、チョコレートの原料であるカカオに含まれるポリフェノールが、高い抗酸化作用を持つからです。

ポリフェノールは体内の酸化を抑えてくれるため、肌老化の防止や、動脈硬化の予防、リラックスといった効果が期待できます。

カカオポリフェノールをより多く摂取できるのが高カカオチョコレートです。健康上の効果が特に期待できるのは、カカオが70%以上含まれるハイカカオチョコレートです。カカオポリフェノールは、カカオ含有率が高いほど豊富といわれています。

しかし、健康への良い効果が期待できる半面、実は健康への悪影響がある危険な食べ物なのです。どんな影響があるのか?ご紹介していきます。

健康や美肌にも!高カカオチョコレートの効果

健康に良いと言われるハイカカオチョコレートですが、どのチョコレートを食べると良いのでしょうか。

一般的に、カカオポリフェノールをより多く含むカカオ70%以上の製品が高カカオチョコレートと呼ばれます。こういった高カカオチョコレートでは、赤ワインの15倍程のポリフェノールが含まれています。

カカオに含まれるポリフェノールは、抗酸化作用によってお肌のアンチエイジングや血圧低下にも役立ちます。また、カカオに含まれる食物繊維が腸内環境を良くしたり、認知症の予防にも役立つなど、カカオは様々な効果が期待できるスーパーフードです。

高カカオチョコレートには、以下のような健康への効果があります。

【動脈硬化の予防】

カカオポリフェノールが、動脈硬化の主な原因となる悪玉コレステロールの酸化を防ぎます。
また、血液の流動性を整える効果や、血中の善玉コレステロールを増やす働きも期待されています。

【血圧の低下】

炎症などにより細くなってしまった血管に、血中のカカオポリフェノールが作用し、血管を広げて血圧を下げる効果があります。

【美肌効果】

カカオポリフェノールにある強力な抗酸化作用が、シミ・しわなどの肌の老化を抑制するため、肌のアンチエイジングに効果があります。
また、ポリフェノールは紫外線を吸収したり、紫外線によって発生する活性酸素を除去する作用があるため、日焼け対策にもなります。

【認知症予防】

高濃度のカカオポリフェノールを摂取することで、脳の血流を良くし、脳の神経細胞の栄養分の働きを活性化させる可能性があります。
栄養分が脳内で増えることによって、認知症の予防にも効果が期待できます。

【便秘の解消】

カカオには食物繊維も豊富に含まれているため、便通改善の効果があります。
また、カカオに含まれる難消化性のタンパク質が腸内細菌に働きかけ、腸内環境を改善する効果が期待できます。

【抗ストレス効果】

カカオポリフェノールが、イライラの原因となる血中のストレスホルモンの分泌を抑えます。

 

このように高カカオチョコレートに多く含まれるカカオポリフェノールは、体の抗酸化作用を高め、健康や美肌に良い影響を与えてくれます。

実は健康に悪い!高カカオチョコレート 理由①脂肪の取りすぎ

カカオポリフェノールを多く含むチョコレートには、様々な健康効果が期待できます。しかし一方で、脂質や糖質も多くなり、食べすぎると肥満になる可能性があるため注意が必要です。

 

高カカオチョコレートは、普通のチョコレートに比べて糖質も低く、血糖値の上昇がゆるやかであると言われます。しかし、カカオを多く含む分、脂質・カロリーがともに多くなり、食べすぎると肥満などの生活習慣病の原因につながるおそれがあります。

また、高カカオチョコレートにはカフェインも多く含まれています。
カフェインには利尿作用などもあり、過剰摂取には注意が必要です。特に、妊娠中・授乳中の人は健康被害へのリスクが高まります。

妊娠中の人がカフェインを過剰摂取してしまうと、胎児の発育阻害、出生時の低体重などのリスクが高まる可能性があります。

ハイカカオチョコレートのカフェイン量は100gあたり70~120g相当と言われます。カフェインはチョコレート以外にも、コーヒーやお茶、市販の頭痛薬など普段から摂取していますので、食べる量を調整したほうが良いでしょう。

 

健康効果がうたわれている高カカオチョコレートですが、一方で、チョコレートに含まれる脂質や糖質も多くなり、食べすぎると肥満などの原因になる可能性があります。

また、カフェインの取りすぎも体に良くありません。“体に良いから”という甘い誘惑に負けて、食べすぎるのはよくないでしょう。

実は健康に悪い!高カカオチョコレート 理由②金属汚染

ハイカカオチョコレートは、ふつうのチョコレートよりも多くのカドミウムを含んでいるのをご存知でしょうか?

高カカオチョコレートでは多くのカカオポリフェノールを摂取できますが、同時に有害な重金属などの物質も多く含んでいます。
以下のような物質の取りすぎは、健康に害を及ぼす可能性もあります。

【カドミウム】

カドミウムは猛毒の重金属で、発がん性物質のひとつです。また、骨粗鬆症、腎機能低下などのリスクを高めます。こういった健康被害をすぐに及ぼす危険性は低いですが、一度摂取すると、長い期間肺と腎臓に蓄積します。

【ニッケル】

ニッケルは、カドミウムと同様に発がん性のある重金属です。ニッケルも、カカオの含有量が多いハイカカオチョコレートのほうが含まれる量が多くなっています。
ニッケルは金属アレルギーの発症例があるため、アレルギーがある人は要注意となります。

【カビ】

高カカオチョコレートでは、カビ毒の一種であるアフラトキシンという物質も見つかっています。こちらも、調査で見つかったのは規制値以下の少量ですが、ハイカカオチョコレートでは、普通のチョコレートより多くのアフラトキシンを含みます。
アフラトキシンは強い発がん性を持つもので、長期にわたり摂取し続けると、肝障害や肝癌になる可能性を高めるでしょう。

 

チョコレート報告書(厚生労働省)

 

高カカオチョコレートではカカオポリフェノールを多く摂取できますが、同時にカドミウムなど発がん性のある物質を多く摂取してしまうことになります。特にカドミウムは重篤な公害を引き起こした金属で、食べすぎは健康に害を及ぼす危険性があります。

まとめ:健康に良いから…高カカオチョコレートの食べすぎはNG

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールは高い抗酸化作用を持つ健康に良い食べ物です。ポリフェノールは体内の酸化を抑えてくれるため、肌老化の防止や、動脈硬化の予防、また認知症予防やリラックスといった効果が期待できます。
また、食物繊維が豊富で便通の改善なども期待でき、カカオは健康に良い効果があるスーパーフードです。

カカオポリフェノールをさらに多く摂取できるのが高カカオチョコレートで、カカオ70%以上のハイカカオチョコレートにはポリフェノールが多く含まれています。

しかし、健康へ良い影響がある半面、実は健康へ悪影響を及ぼす物質も多く含んでいます。

カカオ含有量が多い分、脂質が多くなり、ハイカロリーになります。また、カフェイン量も多くなるため、妊婦は要注意です。
また、あまり知られていない事実として、高カカオチョコレートには金属汚染の危険性があります。

健康に良いからと思い食べ過ぎるのは良くありません。間食として適度に食べるのが良いでしょう。

最後に、オーガニックチョコの口コミページを作成しましたので、是非参考になさってください。
オーガニックチョコレート 口コミランキング

オーガニックチョコレート 口コミランキング
オーガニックチョコレートの人気ランキングと口コミを集めました。
タイトルとURLをコピーしました