買ってはいけないオリーブオイル!その理由とは

あなたはオリーブオイルについてどのくらい知っていますか?

健康志向が広がる昨今、食品にも気をつけていきたいと考えている人は多いのではないのでしょうか。

そのなかでも、オリーブオイルはアンチエイジングや心疾患のリスクが少なくなると言われていて、女性や健康志向の方には非常に注目されている商品です。

しかし、実は買ってはいけないオリーブオイルが存在しているのを知っていましたか。

そこで今回の記事では、

・日本で売られているオリーブオイルの真実
・本物のオリーブオイルを選ぶ基準

・本物のオリーブオイルを買うには
についてご紹介していきたいと思います。

 

本物のオリーブオイルを見つけるのは素人にはムリ

なぜ本物のオリーブオイルを見つけるのは難しいのでしょうか。

それは、日本にはオリーブオイルに関する法規定がないからです。

日本には、エキストラバージン・オリーブオイルに関する法規定がないため、表示は生産者任せになってしまい、植物油といった質の低い油を混ぜて売っても、それを「最高品質のオリーブオイルです。」と言えてしまう事実があります。

そのため、オリーブオイルの瓶に表示されている情報だけを見てもそれが高品質なオリーブオイルとは判断するのが難しいのです。

では、私たちはどのように本物のオリーブオイルを見つけていけば良いのでしょうか。

ここからは、その具体的な方法についてご紹介していきたいと思います。

本物のオリーブオイルを見つける基準とは

遮光瓶に入っている

オリーブオイルは非常に繊細な商品です。光や酸素に触れることで酸化が進んでしまいます。

そのため、品質にこだわっているオリーブオイルは酸化を防ぐために遮光瓶に入れられて販売されていることが多いです。

遮光瓶に入っているオリーブオイルは、品質にこだわっている証拠なので選ぶ時には確認したいポイントのひとつですね。

価格が安すぎないもの

オリーブオイルは、収穫後すぐに搾油しなければ腐敗や発酵が進んでしまうといわれていて、製造にとても手間がかかるので、極端に安いオリーブオイルは危険です。

オリーブオイルの最高級と言われているエキストラバージン・オリーブオイルは、1本で数千円や数万円するようなものがあります。

日経スタイルによれば、購入するのであれば、ポリフェノールの含有量が多いトップレベルのエキストラバージンオイルならば、250mlの瓶で2000円くらいから上が価格の目安と言われています。

値段は高いですが、日本の厚生労働省にあたる米食品医薬品局(FDA)によれば、オリーブオイルを毎日大さじ2杯摂取することで心疾患のリスクを下げてくれるという主張もあります。

心疾患を抱えたときの医療費を考えれば良い投資なのかもしれません。

では、本物のオリーブオイルはどこで買えるのか

ここまでは、本物のオリーブオイルを選ぶときの基準についてご紹介してきました。

ここからは、そんな本物のオリーブオイルはどこで買えるのかについてご紹介していきたいと思います。

オリーブオイル専門ショップ

一番おすすめなのが、オリーブオイルの専門ショップで購入することです。

なぜなら、

・専門ショップなので品質は担保されている
・店員さんもオリーブオイルについて詳しい

このふたつが約束されているからです。

まず間違いなく品質は担保されています。そこで、気になったオリーブオイルについて、本物のオリーブオイルの基準を聞くことができます。

さらに先ほどもご紹介しましたが、オリーブオイルは手間がかかるが、ウソの情報も表示しやすいので、生産者がどんな思いでオリーブオイルを作っているのか、についてもくわしく聞くことができるのも利点ですね。

ネットショップ

「近くに専門店がないから難しい」

という方には、Amazonや楽天といったネットショップがおすすめです。

専門ショップの中には、Amazonや楽天でネットショップを開設しているお店もあるので、ぜひそちらから購入してみるのも良いですね。

海外のネットショップも良いと思います。

海外には、IOC(国際オリーブ協会)といったオリーブオイルの品質管理を行なっている団体があります。

海外で販売されているオリーブオイルはIOCの品質基準を通過している商品が多いので、

・IOCの認証を受けているか
・値段は適正な価格か
・遮光瓶に入っているか

このあたりを確認したうえで購入してみるのも良いですね。

まとめ:適正な基準から本物のオリーブオイルを見つけましょう

本物のオリーブオイルについてご紹介してきましたが、どうでしたでしょうか。

日本の一般的なスーパーなどに売られているオリーブオイルの中から本物のオリーブオイルを見つけるのは非常に難しいです。

さらに、種類も豊富で味や風味もそれぞれ違くてとても奥の深い食品です。

なので、この機会に今回ご紹介した基準をもとに自分自身が求めているオリーブオイルを見つけてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました