買ってはいけない電子レンジ その理由とは?

手軽に、食品を温められるとても便利な電子レンジ!

最近は、食品を温めるだけの電子レンジだけでなく、色々な調理機能の付いた電子レンジがたくさん販売されています。

どれを見ても魅力的に見えてしまい、どれを購入したらいいのか分からなくなってしまいますよね。

あなたは今、どのような電子レンジを購入したらいいのか分からなくて悩んでいませんか?

そこで今回は、「買ってはいけない電子レンジ その理由とは?」をテーマに、電子レンジの種類とメリット・デメリットについてお伝えしていきたいと思います。

電子レンジの種類

まず最初に電子レンジの種類についてお話しますね。

電子レンジの種類は、大きく3つに分けられます。

・単機能電子レンジ


食品を温めたり、冷凍された食品を解凍するためだけのシンプルな調理機器のこと。

・オーブンレンジ


電子レンジに、オーブンやグリルの機能が付けられた調理機器のこと。

・スチームオーブンレンジ


オーブンレンジ機能に、スチームが付けたされた調理機器のこと。

次に電子レンジの庫内の形状ですが、

・ターンテーブル

電子レンジから発生するマイクロ波が、1か所からしか出ていないため、庫内にターンテーブルが付いている。ターンテーブルを回しながら温めることで、均一に食材を温めることができる。

・庫内がフラットタイプ(ターンテーブルがない)

電子レンジから発生するマイクロ波を庫内に拡散させることで、均一に食材を温めることができる。

このように、2種類の形状があります。

電子レンジのメーカー

電子レンジの主なメーカーは、こちらです。

・パナソニック
・日立
・東芝
・シャープ
・三菱電機
・アイリスオオヤマ
・山善

このように、色々なメーカーが電子レンジを販売!

それらのメーカーの中のアイリスオオヤマと山善は、比較的安価で販売されています。
しかし、性能や保証、壊れやすさなどを考えれば、アイリスオオヤマと山善の電子レンジは買わない方がいいでしょう。

電子レンジメリット・デメリット

ここでは、上記でお話した、それぞれの電子レンジのメリットとデメリットをお伝えしていきます。

電子レンジの種類

・単機能電子レンジ

(メリット)
価格が安い
他の電子レンジに比べるとコンパクトなので場所をとらない。

(デメリット)
食品を温めたり、冷凍の食材を解凍、煮る、ゆでる以外の調理ができない。

・オーブンレンジ

(メリット)
食品を温めたり、冷凍の食材を解凍、煮る、ゆでる以外に、オーブンやグリルというような焼くための機能が付いている。

(デメリット)
単機能電子レンジに比べると価格が高い
オーブンやグリル機能が付いている分、奥行もあって大きい。

・スチームオーブンレンジ

(メリット)
食品を温めたり、冷凍の食材を解凍、煮る、ゆでる以外に、オーブンやグリル機能、そしてスチーム機能がプラスされている。
スチームを使うことで調理が早くなり、食材の水分が抜けにくくなる。

(デメリット)
単機能電子レンジやオーブンレンジよりもかなり価格が高い。
多機能な分、操作が複雑。
大きいので、置く場所に困る。

電子レンジの庫内

・ターンテーブル


(メリット)
お皿が付いているので、お手入が面倒。
(デメリット)
庫内がフラットタイプに比べると価格が安い。

・庫内がフラットタイプ(ターンテーブルがない)


(メリット)
庫内には何もないので、お手入がしやすい。
マイクロ波を庫内に拡散させるので、均一に食品が温まる。
(デメリット)
ターンテーブルに比べると価格が高め。

こんな感じになります。

そして、これらを総合して考えると「買ってはいけない電子レンジ」は、アイリスオオヤマと山善の電子レンジと、あなたの購入目的と違う電子レンジということになります。

例えば、

安ければ何でもいいとと思ってアイリスオオヤマの電子レンジを購入したら、1年で壊れてしまった!なんてことになったら大変です。
しかも、新しい電子レンジを購入しなおさないといけなくなるので、またお金がかかってしまい、安く購入した意味が無くなってしまいますよね。

それから、温めの機能しか使わないのに、オーブンレンジやスチームオーブンレンジを購入してしまったら、単機能電子レンジなら安く購入できたのに、無駄に高いお金を出してしまってもったいない!
しかも単機能電子レンジはコンパクトですが、オーブンレンジやスチームオーブンレンジは、大きいので邪魔になってしまいます。

他に、色々な調理がしたいと思っていたのに、安さに魅かれて単機能電子レンジを購入してしまったら、食品を温めたり、冷凍の食材を解凍、煮る、ゆでる以外に何もできなくて、また購入しなおすなんてことになったら悲しいですよね。

そんなことにならないように、安いからと安易に選んだり、あなたの目的以外の電子レンジを選んでしまわないように、よく考えてから購入するようにしましょう。

後悔しない電子レンジ選びを!

では、ここまでお伝えしたことを簡単にまとめます。

まず、電子レンジの種類とメリット・デメリットは、

・単機能電子レンジ

メリットは、価格が安く、コンパクト。
デメリットは、食品を温めたり、冷凍の食材を解凍、煮る、ゆでる以外の調理ができない。

・オーブンレンジ

メリットは、単機能電子レンジの機能にプラスして、オーブンとグリルの機能が付いている。
デメリットは、価格が高めで、サイズが大きい。

・スチームオーブンレンジ

メリットは、スチーム機能が付いているので調理時間が早い
デメリットは価格が高めで、サイズが大きい。多機能なので操作が複雑。

次に電子レンジの庫内の形状は、

・ターンテーブル

メリットは、価格が安い。
デメリットは、お手入が面倒。

・フラットタイプ

メリットは、お手入がしやすい。均一に食品が温まる。
デメリットは、価格が高め。

このように、色々なタイプの電子レンジがあります。

そして、電子レンジのメーカーも、性能や保証、壊れにくさなどを考えれば、パナソニック・日立・東芝・シャープ・三菱の5つのメーカーから選ぶのが安心でしょう。

最後に後悔しないためにも、メリットやデメリットなどを考えながら、あなたの購入目的に合った、最高の電子レンジを購入してください。

今回の記事の内容が、あなたの参考になれたのならば、うれしく思います。

タイトルとURLをコピーしました