買ってはいけない肉加工食品!その理由とは?

お料理に手軽に使いやすいソーセージやベーコンなどの加工肉食品。
子どもも大人も大好きです。
そして今では食卓に欠かせない食材の一つです。
我が家でも食卓によく並びます。
しかし、加工肉食品は取り過ぎてしまうと体に良くない影響もあります。
「加工肉食品を食べるとがんになる。」
「加工肉食品を食べると体が脆くなる。」
という話を聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。
この記事では加工肉食品がなぜ良くないと言われているのか、体への影響などについてご紹介していきます。

加工肉食品は体に悪影響?

スーパーに売られているソーセージやベーコンなどの原材料を見てみると添加物がたくさん含まれています。

こちらは、ある会社のソーセージの原材料表記です。
(/より後が食品添加物となります。)
食品添加物がたくさん使われているのがわかります。
食品添加物は体に良くないという話から添加物がたくさん含まれる加工肉食品を食べるのは体に悪影響だと言われるようになったのかと思います。
食品添加物の全てが害があるとは言い切れませんが、体に良くない成分のものがあるのは事実です。
加工肉食品に含まれる食品添加物の中でも中でも気になるのが発色剤(亜硝酸ナトリウム)とリン酸塩と言われるものです。
この2つの添加物について少し詳しく説明していきます。

発色剤(亜硝酸ナトリウム)とは?

発色剤である亜硝酸ナトリウムは食品の色付け、食品の品質保持の為に使用されています。
亜硝酸ナトリウムはメディアや書籍に取り上げられ批判をされているくらい体に取り入れたくないナンバー1の添加物です。
亜硝酸ナトリウムは発がん性物質になる可能性があるものもあり、がんのリスクも上がってしまうおそれもあります。

リン酸塩とは?

リン酸塩は食材の風味や食感を良くしてくれる食品添加物です。
リン酸塩はカルシウムの吸収を阻害するので骨がもろくなったりします。

亜硝酸ナトリウムもリン塩酸も1日の摂取量を超えなければ良いとも言われていますが、ガンのリスクが上がるものや骨をもろくするような危険なもの体に取り入れたくありません。
是非とも避けて頂きたい添加物です。

そもそも食品添加物とは?


食品添加物は食品の製造や加工、見た目や味を良くするのに必要なものです。
食品添加物のおかげで食品を長持ちさせ美味しく食べることができ、食を豊かにしてくれます。
その一方で量によって体に悪影響を及ぼす危険性のあるものもあります。

加工肉食品を摂取しすぎるとどうなる?


加工肉食品を摂取しすぎると体のあらゆる面で悪影響がでてきます。
まず加工肉食品は他の肉に比べ塩分が高くカロリーも高いので摂取しすぎてしまうと高血圧や肥満といった生活習慣病になってしまうおそれもあります。
そして先ほども書きましたが加工肉食品に使われている添加物である発色剤は亜硝酸ナトリウムであり発がん性物質に変化する可能性のあるものもありがんへのリスクを上げてしまうおそれがあります。

おすすめの加工肉食品

それでもやっぱりソーセージやハムなど加工肉食品が食べたいという方もいらっしゃるかと思います。
私もその内の1人です。
加工肉食品を購入するとき、原材料をみて無塩せきと書かれている商品を買うことをおすすめします。
無塩せきとは、発色剤や着色剤を使用せずに作られた商品のことです。
私がよく購入するのは信州ハムさんとトップバリュさんのグリーンあいシリーズです。
どちらも無塩せきで発色剤など使用しておらず安全に食卓に並べることができます。
信州ハムさんの方が全体的に食べていて肉感が強く感じます。
トップバリュさんのソーセージはパリッとしてとても美味しいです。
どちらの商品も安心して美味しく頂ける商品です。

信州ハム グリーンマークシリーズ


信州ハムさんは約50年前から無塩せきハムの開発に取り組み安全性にこだわった食品を展開しています。
こちらの商品はどれも発色剤、着色剤、保存料が使用されていません。
ベーコンやハムも一般的に売られているピンク色をしておらず素材の色をしています。
種類も豊富で様々な料理に使うことができてとても便利です。

トップバリュ グリーンアイシリーズ

出典:AEON TOPVALU

全国にあるトップバリュさんのグリーンアイシリーズです。
商品ラインナップはハム、ベーコン、ソーセージ、ミニウィンナーと出ています。
こちらも発色剤と保存料を使用してなく安心して食べれる食品です。
口コミでは、一度こちらの商品を食べると他社のものが食べれなくなるほど美味しいとまで書かれています。
肉の味や食感がしっかりしている商品です。
こちらのグリーンアイシリーズの商品はイオンのネットスーパーでも購入することができます。

まとめ

加工肉食品は手軽で使いやすく食卓には欠かせない食品です。
しかし加工肉食品には発がん性の可能性や肥満、高血圧など生活習慣病のリスクを高めることが指摘されています。
味もしっかりしていて手軽に調理ができるのでついつい食べ過ぎてしまうことも。
食べすぎには注意して野菜や果物などもしっかり摂取してバランスの取れた食事をすることを心がけましょう。

タイトルとURLをコピーしました