買ってはいけないパジャマ ダメな素材と良い素材とは?その理由を解説

毎日の生活で大切なことの1つ「睡眠」。

あなたは寝るとき、どんな服装で寝ますか?

スエット、部屋着、パジャマ、それぞれ好みのスタイルがあると思います。

そして、私服にもいろいろ素材があるようにパジャマにもいろいろ素材があってその季節に合うものがあることをご存じでしょうか?

今回は、「パジャマをそろそろ買い替えようかな」と思っている方におすすめな素材や冬場買わない方が良い素材を紹介します。

パジャマで得られる!快眠できる理由とは

睡眠中はパジャマがおすすめ!


結論からいうと、睡眠中の寝巻でおすすめは「パジャマ」です。

まずパジャマで寝るメリットから解説します。

寝返りがうちやすい

パジャマはネグリジェなどよりも寝返りがしやすいです。

大人は普通、一晩に寝返りを20回前後します。

寝返りが大事なのは、ずっと同じ姿勢で寝てしまうと布団にかかる体への圧力が一定でなくなってしまいます。

そのため、血行不良・筋肉の緊張が起こる可能性があります。

寝返りをうって圧力がかかる場所を変えないと、体に痛みが残ってしまい「寝違え」の原因にもなってしまうのです。

締め付けが少ない

パジャマは普段着よりもゆったり作られているので、着ていて楽ですよね。

夏に向かうころの買い替えは、少しゆとりのあるものを選びましょう。

私服に比べ、ウエストゴムや袖口のゴムもゆったりとしているのでリラックス状態になれ寝つきも早くなれるでしょう。

睡眠中の汗を吸収する

冬でも気がつかないうちに寝汗をかいています。

睡眠中に汗をかくのは、体温の低下や高温になるのを防ぐためで「良い睡眠」をとるためには大事なことです。

パジャマは吸水性が良いので知らずにかいた汗をすばやく吸水してくれます。

スリープセレモニー

寝る前にパジャマに着替えることで、脳はONモードからOFFモードに切り替わります。

すると副交感神経が活発になり、次第に眠りにつくやすくなります。

部屋着・スエットではだめなの?


ジャージーなど部屋着やスエットは、まず日中起きているときに着る服なのでパジャマとは構造が違います。

特に寒い季節では、パジャマでは寒いからと日中でも暖かいスエットを着て眠りたいでしょう。

まずスエットの素材は、化学繊維で作られているのもが多いので吸水性がよくありません。

袖口や裾口も日中の冷えから守るためにキツくなっています。

すると、深い睡眠に必要な汗を吸収できなかったり、布団の中が暑くなった場合、通気性が悪く寝苦しさを感じてしまう原因になるからです。

布団の中と日中で過ごす環境は異なるので、少し涼しいくらいで丁度いいです。

足先が冷えて寝付けない方は、足首ウォーマーを使うなどしてピンポイントで温めましょう。

季節に合わせた素材・パジャマの選びかた

パジャマの素材には、麻・綿・サテン・綿+化学繊維 ガーゼなどあります。

基本的には、オールシーズン綿100%のパジャマを選んでいただければ大丈夫です。

綿は保温性、吸収性に優れていますし肌に優しいうえ買いやすい価格なので迷ったら綿100%の素材から選んでみましょう。

夏場は綿より麻がおすすめ


なぜ夏場は綿よりも麻の方がよいのでしょう?

麻の性質上、繊維が硬く伸びにくいので、かいた汗をしっかり吸収してくれるので快適です。

なんと!綿よりも吸収性が4倍だとか。

しかも放湿性に優れているので、吸収した汗も蒸発しやすいです。

麻の他に、吸収性の高いタオル地のパジャマもおすすめです!

冬にフリース生地はNG!


パジャマは眠るのにおすすめですが、おすすめできない素材があります。

冬場に「フリース素材のパジャマ」です!

なぜかというと、フリース生地は保温性が高いのですが吸水性が低いので、暖かい布団の中で汗をかいてしまい体が冷えてしまいます。

そうなると、熟睡できず夜中に汗だくで目覚めたりして良い睡眠の妨げになってしまいます。

パジャマにフリース生地がよくない理由は、吸収性が弱いのことの他に「乾燥しやすい」という特徴があります。

そのせいで、乾燥肌から背中の痒みが増したという人が多く見受けられました。

冬にフリース生地やポリエステル100%のパジャマは乾燥肌を悪化させる可能性があるので注意してください。

睡眠の質向上、疲労回復、優秀パジャマ2選

パジャマの中には、睡眠の質を上げてくれるパジャマや疲労回復パジャマがあることをご存じでしょうか?

この回では、そんな優秀なパジャマをご紹介します。

ちょっと高級?睡眠の質を上げるパジャマ&疲労回復パジャマ

ワコール 睡眠化学

睡眠科学 | ワコール パジャマ ルームウェア |リラックス&スリープ |
「睡眠科学」は、ここちよい眠りを誘うために、睡眠時のからだの特性研究をもとに開発したパジャマです。

素材も豊富にあり、お好みの肌触りのパジャマが見つかりそうですね。

睡眠の時の動きを研究し開発したパジャマで寝てみたいです。

ワコール・公式通販ではセールも開催するので、お求めやすく購入できます。

疲労回復に!リカバリーパジャマ

リカバリーパジャマは、リカバリーウェアの素材を使ったパジャマです。

リカバリーウェアとは、疲労回復効果が高まることからアスリートが体の負担や疲労が蓄積する前に着用することが多くみられます。

アスリートだけではなく、私たちの疲労回復にも効果はあるので肉体労働や同じ姿勢で仕事をしている人にもおすすめのウェアです。

リカバリーウェアの仕組みとは?

リカバリーウェアで有名な「VENEX(ベネクス)」は、2007年にプラチナなど粒子状の鉱物を練込んだ「PHT繊維」と呼ばれる素材を開発しました。

鉱物の弱い電磁波の作用で、筋肉の緊張がほぐれて血流がよくなり疲労回復の効果があるのです。

リカバリーウェアの鉱石の機能を生かし、パジャマとして作られたのがこちら。

イオン セリアントスムースパジャマ

セリアント スムースパジャマ -イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ) - イオンのプライベートブランド TOPVALU(トップバリュ)
セリアント スムースパジャマ の商品情報。イオンのプライベートブランド「トップバリュ」はお客さまの声を商品に生かします。 イオンのプライベートブランド「トップバリュ」はお客さまの声を商品に生かします。

大手スーパー・イオンから発売されています。

リカバリーパジャマは、普通のパジャマよりも高値なのですが、こちらのリカバリーパジャマは買いやすい設定になっているので試しやすいです。

まとめ

朝、目覚めたとき「よく寝たな~」と、気持ちよく目覚めるとその日1日調子よく動けそうでいいですよね。

寒がりな人は、フリース生地のパジャマを着たいですよね。

寒くて目が覚めてしまうんじゃないかと、厚着で寝てしまうとかえって布団を蹴ってしまい寒くて起きてしまいます。

綿100%のパジャマは、1年中使えて夏は布が薄く冬は厚めのものもあるので選びやすいかと思います。

朝までゆっくり眠るためにも、快適な素材でリラックスできるパジャマを着てゆっくりお休みください。

タイトルとURLをコピーしました