買ってはいけない鼻炎薬

昨今のコロナウイルスのせいですっかりマスク生活が定着しました。

私も毎年、春と秋には花粉症で耳鼻科や鼻炎アレルギーの市販薬にお世話になっていました。

しかし、この長期にわたるマスク生活がはじまってからは、耳鼻科にいかなくてもよくなりました。

つまり、花粉症を発症してないのです。

花粉症・アレルギー性鼻炎の原因


花粉症・アレルギー性鼻炎の人の体は、花粉などのアレルゲンを異物と認識し、それを追い出すように働きます。
花粉を異物と認識した人のリンパ球は、その花粉に対して反応する「IgE」という種類の抗体をつくります。
その抗体と花粉が結合したものが、マスト細胞(免疫細胞の一種)を刺激します。
すると、マスト細胞から「ヒスタミン」「ロイコトリエン」といった化学物質が出ます。
そして、化学物質は花粉がついた粘膜を刺激し、炎症反応を起こすため、体は、くしゃみや鼻水で花粉を追い出そうとします。

花粉症・アレルギー性鼻炎の治療薬


治療薬として
(1)くしゃみ、鼻水のもとになる「ヒスタミン」の働きを抑える抗ヒスタミン剤
(2)炎症を起こす「ロイコトリエン」などの働きを抑えるステロイド剤
(3)そのほか抗アレルギー剤
があります。
また、強いくしゃみや鼻水、鼻をかむと、鼻の粘膜が傷つきます。
粘膜に炎症反応が起こり、充血して腫れます。
血管を収縮させ一時的に腫れを引かすために
(4)血管収縮剤が使われます。

買ってはいけない鼻炎薬


くしゃみ、鼻水が続くとホントにつらいですよね。
早く鼻炎を治したくて、鼻炎薬に手が伸びます。
しかし、効き目が早いということは、それだけ副作用も強いということです。
では、危険な鼻炎薬をご紹介していきましょう。

(1)抗ヒスタミン剤の中では、「オキサトミド」
商品名【セルテクト、アデコック、アレトン、イワトミド、ペペシン、メクテクトなど】
抗アレルギー剤として使用されていますが、実際は、抗ヒスタミン剤です。筋肉の異常緊張や乳汁分泌、月経不順、高齢者ではパーキンソン症状などの害作用があります。

(2)局所ステロイド剤の中では、「フルチカゾン」
商品名【フルチカゾン、フルナーゼ】
吸収され、全身への影響から、副腎の機能が抑制される危険性があります。抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤の種類により、フルチカゾンの血中濃度が持続する恐れがあります。

(3)抗アレルギー剤の中では、「トラニラスト」
商品名【リザベン、トラニラスト、リチゲーン、ラミセンスなど】
抗アレルギー作用とともに、アレルギーを促進する作用もあり、出血性膀胱炎など重い害作用があります。

(4)血管収縮剤の中では、
「プソイドエフェドリン」
商品名【アネトン、アルメディ鼻炎錠、ジキニン鼻炎AG顆粒、パブロン鼻炎錠S】
メチルエフェドリン
商品名【アルペン子ども点鼻シロップ】
ナファゾリン
商品名【プリビナ】
血管収縮作用が強いので血圧が上昇し、脳出血の危険があります。体のあちこちで虚血が起こりやすくなります。
特に高齢者では要注意です。

花粉症・アレルギー性鼻炎の予防法

花粉症やアレルギー性鼻炎の原因物質は、様々なものがあります。
現代生活の中では、いたるところに存在する化学物質にさらされ、体が過敏になることが発症に関係していると考えられます。
睡眠不足、精神的ストレス、栄養バランスの崩れも関連があるでしょう。

究極の予防法は、避けられる化学物質を出来る限り避け、アレルゲンを避けることです。

上記に挙げたような危険な鼻炎薬に頼るより、防護が大切です。
その効果を、マスク生活で実感している方も多いのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました