【ハマりすぎ注意】買ってはいけないビーダマン その理由は?

最近でも昔でも、何かに没頭したりハマったりしたことがありますか?

何を隠そう私自身は、ビーダマンを50体ほど部屋に並べて飾るのにハマってしまいました。

今思えば懐かしくてプッと吹き出しそうです。

あの頃は町のおもちゃ屋さんとかにビー玉が売られていた時代で、最近はめっきり見なくなりましたね。

そんなビーダマンは定価500円から800円ほどで販売されていましたが、最近ググってみるとアマゾンで42万円以上のビーダマンを見つけました。

前から欲しかった目当てのビーダマンは19,800円~という表示が…

定価の20倍!?驚きを隠せません!

ハマると超危険です。

今回は、買ってはいけないシリーズに「ビーダマン」を加えて紹介したいと思います。

最後までゆっくりしていってね!!!

そもそもビーダマンとは?

コロコロコミックで連載された漫画から生まれた、ビー玉を発射させるおもちゃです。

開発・発売はタカラ(現:タカラトミー)で、男女問わず大人もハマる超人気シリーズ。

ビーダマンはプラモデル感覚で組み立て、腹部にビー玉を装着させる部分があり、そこにビー玉を埋め込みます。

いざ、背中にあるトリガーを押すと、ビー玉が前に発射する仕組みです。

ビー玉は重いのでそんなに早く飛ぶほどでもなく、見て楽しんだりコレクションを楽しんだりすることの方が一般的な気がしますね。

ビーダマンシリーズ初代は、1993年に発売されているので現在売られているのは転売されたもので5倍から10倍の価格帯が多く出回っています。

(例) ビーダマン クリアパープルボンバー ボンバーマン爆外伝 ¥5,200

ビーダマンの種類

ビーダマンには、「初代ボンバーマンビーダマン」からはじまり多くの種類が存在します。

  • 初期ボンバーマンシリーズ
  • 爆外伝シリーズ
  • スーパービーダマンシリーズ
  • バトルビーダマン
  • クラッシュビーダマン
  • メタルビーダマン
  • クロスファイトビーダマン

一つ一つ見ていきましょう。

初期ボンバーマンシリーズ

1993年タカラ(現:タカラトミー)から発売された、ビー玉を発射する「ビーダマン」の一番最初のシリーズです。

人気キャラクター「ボンバーマン」とのコラボレーション企画で可愛さ満点。

年齢性別関係なく人気が上昇していきます。ハマる人続出!

爆外伝シリーズ

「ビーダマン爆外伝」は、タカラ(現在のタカラトミー)の初のテレビアニメ化作品です。

『Bビーダマン爆外伝』は、1998年2月7日から1999年1月31日まで、名古屋テレビを制作局としてテレビ朝日系列で全48話が放送されました。

まだかわいさが残るシリーズです。

スーパービーダマンシリーズ

競技用ビーダマンシリーズの基本中の基本!

1995年発売、ビーダマンの競技用に特化した最初のシリーズといわれ、ビーダマン史上最も人気を集めました。

初期のビーダマンに連射機能をプラスし、専用の拡張パーツも追加されるなどかわいさからカッコよさが追加した超人気シリーズです。

私自身がハマり出したのもこの辺りからですね。

当時はすごい数が店頭でならんでいた記憶があります。

バトルビーダマン

2002年発売、バトルビーダマンシリーズは一定の人気をあげたが、拡張性や発展性を広げられず、 ストーリーの限界もありシリーズを一旦終了とまります。

すぐに新しいシリーズ「クラッシュビーダマン」を発売。

このシリーズも大好きです。現在も10,000円を超えて取り引きされる人気のビーダマンです。

タカラトミー(TAKARA TOMY)

クラッシュビーダマン

2005年発売、ビーダマンにガングリップが付いた大型のトリガーユニットとロングバレルが標準装備されます。

見た通り銃型のトリガーのようになっていて、 ロングバレルと組み合わせると、ビーダマンが銃のような形になります。

この辺りからビーダマンは、昔の可愛さが残っていません。

厳つくなってきましたが、発売から1年未満で販売終了のまぼろしのビーダマンです。

メタルビーダマン

2007年発売、メタルビーダマンの大きな特徴は、ビー玉が「メタルボール」という金属製のパチンコ玉のようなボールに変わったことです。

メタルボールの大きさは、今までのビー玉より小さく「マグネターゲット」と呼ばれる磁石を付けた標的も出現しました。

初代ビーダマンからメタルビーダマンまで、15年のロングセラー商品になります。

クロスファイトビーダマン

2010年発売、メタルビーダマン終了から安全基準や生産コストなど問題もあり、しばらくビーダマン商品は販売停止していました。

新生ビーダマン誕生はコアチェンジシステム採用で、ヘッド、アーム、フットをそれぞれ交換可能となります。

またビー玉に戻ってる!

やっぱりビーダマンはビー玉が一番ですね。

ビーダマンにハマる理由

ビーダマンにハマる理由はそれぞれですが、見た目の可愛さもポイント高いのですが何といってもビー玉が肝だと思います。

ビーダマンを部屋に飾っていたときは、ビー玉をピカピカに磨いていた記憶がありますからね。

また、いろんな色やいろんな模様のビー玉に変えたりしたものです。

プラモデル感覚でビーダマンを作っていくので、出来上がる過程がまた楽しいですよ。

ビーダマンには発射を強くするパーツが売られているので、組み合わせてレベルアップも目指せます。

最近またふつふつと人気が復活しつつあるのです。

ビーダマンにハマった人の末路

最強のビーダマンを目指して自作カスタムパーツをクラッシュビーダマンに付け、鉄球を時速50kmで発射する実験をした人がいます。

また、クロスファイトビーダマンでビー玉を30km/hの威力で撃つ激強ビーダマンを作り上げた人もいました。

動画も上げており、缶や瓶をめがけて打っている始末。

スピードを極めすぎて危険行為に走ったようですね。

このような危険なものを外に持ち歩けば、軽犯罪法違反(軽犯罪法第一条二項に抵触)になります。

くれぐれも危険な遊びはしないようにしましょう。

プレミア価格がついているビーダマン

現在高値がつくなど人気のビーダマンを紹介します。

スーパービーダマン バンガードフェニックス

スーパービーダマン PIビーダマン カイトスペシャル ノーチラスポセイドン

こちらもスーパービーダマンシリーズ!なかでも「バトルフェニックス」も人気があります。

スーパービーダマン OSギア ファイティングフェニックス

可愛さ抜群のビーダマンです。高値がついても欲しい…

まとめ

今回は、ハマりすぎると危険行為にまで発展しかねない、ビーダマンについて紹介しました。

可愛さにハマってしまうと、人気の高いビーダマンはプレミアがついて高額です。

欲しくても手に入らないので高くても買ってしまうことに…

欲しい気持ちはわかりますが、定価近くで販売されていればぜひ購入してください。

現在は、売り切れ続出でなかなか手に入りませんが、運が良ければ安く手に入ります。

確かに欲しくなってしまうのはよくわかりますよ。しかし、高額過ぎるビーダマンには気を付けてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました