買ってはいけないクレンジング!その理由とは?

「クレンジングを変えてから肌トラブルが起きた」

そんなお悩みをお持ちの方もいるのではないでしょうか?

クレンジングにはオイルやバーム、ミルクやクリームなど様々なタイプがあります。

洗い心地などで選ばれるかたもいらっしゃるかもしれませんが、それは危険です。

人の肌にはそれぞれ乾燥肌や脂性肌、混合肌など肌質があります。

クレンジングのタイプはあなたの肌質に合わせて選ばなければ、肌トラブルに繋がる可能性があるのです。

クレンジングタイプ別に詳しく紹介します。

オイルタイプ

買ってはいけないクレンジング

オイルタイプは、他のクレンジングタイプよりも界面活性剤が多く含まれています。

そのため、洗浄力も強く素早くメイク汚れを落とすことに長けているのです。

しかし洗浄力が高いと肌に必要な皮脂やうるおいまで一緒に落としてしまうことがあり、肌トラブルの発生に繋がってしまいます。

オイルタイプが適している肌質は「脂性肌」と「混合肌」です。

「脂性肌」は皮脂が多い肌のことを指します。

皮脂はメイクと混ざると酸化してしまい、肌の老化が加速してしまうのです。

そのため、クレンジングには素早くメイクを落とせるオイルタイプが最適です。

「混合肌」は、皮脂が多い部分と乾燥を合わせ持った肌質のことを指します。

主にTゾーン(額と鼻筋)に皮脂が多いので、そこにオイルタイプのクレンジングを使ってあげると良いでしょう。

バームタイプ

買ってはいけないクレンジング

バームタイプはオイルクレンジングを固めたものです。

そのため、オイルタイプと性質は似ています。

バームタイプは肌に載せると体温で溶けていきオイル状になっていき、とても気持ちが良いです。

その使い心地が病みつきになってしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし気持ちが良いからと言って長く肌に載せていると摩擦が起きてしまい、乾燥の原因になることもあるので注意が必要です。

バームタイプはオイルタイプと同様「脂性肌」と「混合肌」のTゾーン(額と鼻筋)におすすめです。

洗浄力が強く、テカリも防いでくれます。

「乾燥肌」には合いませんが、アイメイクやリップなど濃いめのポイントメイク部分に使用するのには適しています。

ミルクタイプ

 

買ってはいけないクレンジング

ミルクタイプは水分をベースとしており、天然保湿成分を残しながらしっとりと洗い上がりが特徴です。

肌に優しいものが多い反面、洗浄力が弱いので時間をかけてメイクを落とす必要があります。

メイクをしなかった日やナチュラルメイクの際に使用すると良いでしょう。

洗浄力が弱いからと言って、ゴシゴシこすって無理矢理落とさないようにしましょう。

摩擦は肌トラブルの原因の元です。

ミルクタイプに適しているのは「乾燥肌」と「混合肌」。

「乾燥肌」は水分量と皮脂量が共に少ない肌のことです。。

保湿成分が入っているので乾燥肌にも安心して使えます。

「混合肌」は乾燥と皮脂が肌に共存しているため、特に乾燥しやすいUゾーン(顔周りと口元)部分にはミルクタイプを使用するのがおすすめです。

 

クリームタイプ

買ってはいけないクレンジング

クリームタイプはミルクタイプよりも洗浄力があります。

そして1番肌に優しいクレンジングです。

また、テクスチャがこってりと厚めなので肌摩擦も起きにくいのが特徴。

濃いめのメイクをしたときは、ミルクタイプよりクリームタイプの方が適しています。

クリームタイプはミルクタイプと同様に「乾燥肌」と「混合肌」におすすめです。

「乾燥肌」と「混合肌」の乾燥部分をしっとりと洗い上げてくれます。

肌質別!買ってはいけないクレンジングとは?

買ってはいけないクレンジング

クレンジングはスキンケアにおいて、とても重要な工程です。

いくらスキンケアを頑張っても化粧汚れや皮脂が落とし切れていなければ、美容成分が肌に浸透していきにくくなります。

またクレンジングであれば、なんでも良いというわけではありません。

肌質やその時々の肌の状況によって使い分けることで、肌トラブルを軽減させます。

「乾燥肌」はオイルタイプ、バームタイプとの相性が悪いです。

洗浄力が高いものを使用することで、もともと少ない天然保湿成分も洗い落としてしまうためです。

「脂性肌」はクリーム、ミルクタイプとの相性が悪いです。

洗浄力が弱いと脂性肌の余分な皮脂を十分に洗い落とすことができないのと、化粧を素早く落とすことができません。

そうすると皮脂と化粧品が混ざり酸化が進んでしまいます。

「混合肌」の皮脂が多めなTゾーン(額と鼻筋)はクリームタイプ、乾燥しやすいUゾーン(顔周りと口元)はオイルタイプとバームタイプがおすすめできません。

やはり皮脂が多い部分に洗浄力の弱いもの、乾燥部分に洗浄力が強いものは適していないためです。

また、肌質だけではなくその時の肌の状況に合わせたクレンジングを使用するのがとても大切です。

例えば脂性肌の方が部分的に乾燥してしまったとき、その部分にクリームタイプやミルクタイプを使用してみると軽減するかもしれません。

肌トラブルが収まらなければ、クレンジングを見直すことで解決するかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました