買ってはいけないミネラルウォーター!その理由とは?

スーパーやコンビニ、自販機でも、当たり前のように並んでいるミネラルウォーター。

外出先で、仕事中に、運動後にと、ミネラルウォーターの入ったペットボトルを購入する機会はたくさんあります。

ところで、今、あなたが手にしているそのミネラルウォーター、本当に安全性は大丈夫ですか?

飲み続けることで体に悪影響がある、なんてことはないですよね?

・・・なんて言われると、少し不安に感じるかもしれません。

ご安心ください、明日から買わないように心がけさえすれば、今後の人生に影響が出ることはないですから。

え、それはどういうことかって・・・?

結論から言うと、ミネラルウォーターは買ってはいけない、ということです。

ミネラルウォーターとは?

ミネラルウォーターと一口に言っても、実は種類があります。

農林水産省により規定されており、4つに分けられます。

ナチュラルウォーター

特定の水源より採取した地下水に、沈殿、濾過、加熱殺菌の処理を行ったものです。ミネラルの含有量は少ないです。

ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルウォーターのなかで鉱質を含む地下水が原料となるものです。ミネラルが豊富に含まれています。

ミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターにオゾン殺菌、ミネラル調整、異なる水源のナチュラルミネラルウォーターの混合などがなされているものです。

ボトルドウォーター

上記の3つに当てはまらないものをボトルドウォーターといいます。
海洋深層水や水素水などが例として挙げられます。

日本では4種類のいずれにしても、ろ過殺菌や加熱殺菌による処理が行われています。

ですので、「ナチュラル」とついていても自然から汲み上げたそのままの状態、というわけではありません。

では、これらのミネラルウォーターと呼ばれる水に、どんな危険性が潜んでいるのでしょうか。

買ってはいけないミネラルウォーター

最初にも言いましたが、スーパーやコンビニで手軽に手に入るミネラルウォーターは、正直買わない方がいいです。

なんで・・・?と思いますよね。

実は、こんなにたくさんの理由があります。

ミネラルウォーターの品質管理が不十分

以前、某ディスカウントストアのミネラルウォーターと称した商品の中身が、実際はただの水道水だったということがありました。

実は、ミネラルウォーターの品質は厳しく検査されているというわけではないのです。

水源の汚染の恐れ

東日本大震災では福島原発の事故がありましたが、それによる水源の放射能汚染が問題となっています。

また、全国的に問題となっているのが、水源の硝酸態窒素による汚染です。

硝酸態窒素・・・あまりなじみのない言葉ですよね。

硝酸態窒素とは、畑で使用される化学肥料中のアンモニアが酸化したものです。

体内で亜硝酸態窒素に変化したものがアミノ酸と結合しニトロソアミンに変化し、このニトロソアミンが発がん性を有しています。

また、乳幼児ではメトヘモグロビン血症になる恐れがあり、欧米では死亡した例もあります。

ブルーベビー症候群をご存知でしょうか?

それがまさにメトヘモグロビン血症を患った乳幼児のことで、体内の酸素が足りないため、顔色が青くなり死に至ることもある非常に恐ろしい病気です。

そんな硝酸態窒素に汚染された水源が日本ではほとんどです。

ペットボトルに入ったミネラルウォーターには硝酸態窒素が入っていると考えてほぼ間違いないでしょう。

殺菌処理の方法

日本で生産されているミネラルウォーターは、ろ過殺菌または加熱殺菌処理がされています。

さらに品質管理を容易にするため、オゾン殺菌を行っているミネラルウォーターもあります。

このオゾン殺菌が危険です。

オゾン殺菌とはオゾンの強力な酸化力によるもので、通常オゾン自体が残留することはほぼありませんが、副産物として生じる臭素酸という物質に発がん性があります。

以前、某メーカーのミネラルウォーターで基準値を上回る臭素酸が検出され、回収を余儀なくされたことがあります。

殺菌方法についてもしっかりと知る必要があるということです。

また、これは非常に重要なことですが、日本のミネラルウォーターの基準は、欧米各国に比べ非常に水準が低いです。

欧米ではそもそも、ろ過殺菌や加熱殺菌も含め、殺菌処理されている水をミネラルウォーターとは認めません。

さらに、水源に関する規定も厳しく、周辺環境の保護、隔離を徹底して行わなければならないとされています。

一方、日本では、周辺環境の保護に関して規定などはありません。

これが、先ほどお話した、硝酸態窒素により汚染されたミネラルウォーターが出回る原因ともなっているのです。

ちなみに、余談ですが、欧米諸国では殺菌処理の代わりに炭酸水処理をすることで、雑菌繁殖を防いでいます。

ミネラルウォーターにこんな闇があったとは驚きですね。

要するに、ミネラルウォーターの品質の基準が日本では非常に甘いということなのです。

けれど、やっぱり蛇口から出てくる水は美味しくないし・・・。外出時に喉が渇いたら水が飲みたいし・・・。と、ミネラルウォーターを買いたいときはありますよね。

そんなあなたに、おすすめのミネラルウォーターをご紹介します。

おすすめのミネラルウォーター

CRYSATL GEYSER

最近、コンビニやスーパーだけでなく、百円ショップなどでもよく目にするこちらの商品。アメリカカリフォルニア州のシャスタ、ホイットニーの山々を水源とし、硬度は38mg/Lと飲みやすい軟水です。

南アルプスの天然水

南アルプス国立公園を水源とし、硬度は30mg/Lで飲みやすい軟水です。国立公園にて採水されるため、硝酸態窒素の含有の恐れもほとんどなく、安全性が高いミネラルウォーターです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

日本のミネラルウォーターは品質がまちまちで、全体として危険な要素が多いです。

そもそも規定が甘いのですから、品質管理がしっかり行われないのは当然ですよね。

ですので、ミネラルウォーターは買わないに越したことはありません。

それでも購入する必要のある時は、ぜひ本記事のおすすめを参考にしてください。

また、ミネラルウォーターを買う前には、必ず殺菌処理の方法や採水地の情報などを調べておいてください。

それは、間違いなく、あなたの健康な日々につながることでしょう。

タイトルとURLをコピーしました