もう迷わない!買ってはいけない服


先日、知人の男性とこんな会話をしました。

知人「服ほしいな~って思うんだけど、いざ買いに行くといつも迷っちゃうんだよね。」
筆者「何に迷うんですか?デザインですか?」
知人「デザインも色ももう何もかも全部!全然決められなくて、結局買わずに帰っちゃうんだ。」

この記事をご覧の方の中に、
分かる分かる!と頷く方もいらっしゃるかもしれません。

この記事では、
「買う服にいつも迷ってしまう」、そんな迷えるあなたにお届けいたします。

洋服選びはポイントを押さえておくことで、
迷わずに選べるようになります。

そもそもなぜ迷ってしまうのか?

その答えは、「選択肢が多すぎる」ことが理由のひとつとして挙げられます。

例えば、洋服を買いにお店へ行ったとします。
そのお店には、なんとたった一着しか服が売っていませんでした。
あなたはどうするでしょうか。

たった一着しかなかったとしたら、
あなたはその一着を、好みやデザイン、インスピレーションなどの自らの判断基準において、
買うか買わないかくらいはその場で決められる
はずなのです。

それが実際にお店に行くと何十種類もの洋服が置いてあります。
上着、アウター、パンツ、インナー、靴やバッグや、小物まで。
何百という品数は、あまりに選択肢が多すぎて、
あなたの判断基準を鈍らせ、購買意欲を削いで
しまうのです。

つまりあなたは

本当は「選べない」のではなく「選べる」人なのです。

心理学者バリー・シュワルツ氏が提唱した「選択のパラドックス」という説をご存じでしょうか。

とあるお店で、24種類のジャムを並べた時と、
6種類のジャムを並べた時では、
6種類の数を少ない時の方が売れた

という説です。

この研究から
人は選択肢が多いと選べずに、選ぶこと自体を辞めて(諦めて)しまう」ということが分かりました。

これは洋服においても同じことが言えます。
買ってはいけない服を知ることで、おのずと買うべき服が見えてくるのです。

では洋服選びにおいて、どのように選択肢を減らせばよいでしょうか。

排除すべきポイントを抑える

では実際に洋服選びの迷わない為に、
買ってはいけない服」を排除していきましょう。

1.余計なパーツがついている服は排除する

外国語のプリント

「なんて書いてあるの?何語なの?よくわからない・・・」
そんな数行の英文や、英単語が書いてある服は、迷わず選択肢から排除しましょう。
文字は、字体やサイズでも大きく印象が変わるので、コーディネートの幅が急に狭くなってしまいます。
和訳したらとんでもないことが書かれてあった・・・
なんて恥ずかしい経験をするリスクも、ここで排除することができます。

ジップ(チャック)がついている服

チャックは子供っぽさや、部屋着感などのラフな印象が強く、
オシャレに着こなすのがとても難しいアイテムのひとつです。
着る場所を問わずコーディネートするためにも、チャックがついているパーカーなどは避けるべきです。
パーカーであれば、上から被って着るフード付きプルオーバー式のものをおすすめします。

裏地に柄がついているジャケットやズボン

裾や袖を折り返して着用するタイプの服で、裾をめくると裏地にチェックやストライプの柄が出るものを見たことありませんか。
そういった「クセ」のあるものは、着こなしが難しいため、選択肢から排除しましょう。

 

2.襟の形で排除する


上着は、Vネックは選択肢から排除すべきです。
丸首に比べ、Vネックは襟ぐり(首まわり)が広く、
中に着用するシャツ(白Tシャツなど)がちらりと見えるため、
インナーのセンスも問われます
その分、丸首の上着は、中のインナーを問わず、
一枚でコーディネートを完成させることが可能です。
襟があるかどうかはさほど問題ではありません。
なぜなら洋服において襟の形には大差がなく、特殊なものでない限り、奇抜なデザインにならないことが多いからです。

3.一着に3色以上使っている服は排除


ファッションコーディネートにおいて、3色以上が入り混じるファッションは
コーディネートが大変難しいです。
例えば、白と黒と青を使ったジャケットは、ほかに合わせるアイテムの色を選ばなくてはならなくなり、
選択肢を余計に増やしてしまうことになります。

4.セール品は迷わず排除


服を選べない人は、所持している服が少ない人が多く、
一度買った服は、本人の好みに問わず、長く着る傾向があります。
セールになっている服は、流行ものが多いので、
長く着る人にとっては絶対に排除したいもののひとつです。

まとめ

いかがだったでしょうか。
買ってはいけない服を知ることで、消去法により
おのずと買うべき服が見えてきたのではないでしょうか。

ちなみに、複数の色を使うコーディネートは難しいと先述しましたが、
単色のみ(全身黒など)のコーディネートも避けたほうが無難です。
同じ黒に見えても、実際は様々な色味の黒がありますので、
黒とオレンジの2色を買う!という風に、
2色を決めて選ぶようにすると、より選択肢が狭くなり、さらに選びやすくなります。

洋服選びのストレスから解放されると、
コーディネートを考える少しの余裕が生まれます。
洋服があなたの毎日に彩りを与えてくれますように!

タイトルとURLをコピーしました