【保存版】買ってはいけないノートパソコンの特徴5選!

「ノートパソコンを買いたいけど種類が多くてどれを買っていいかかわからない」

「買ってはいけないノートパソコンについて知りたい!」

ノートPCを買うときにそう考えている人は多いのではないでしょうか。

いざ買おうと思っても情報量の多さにびっくりしてしまいますよね。

買おうと思って家電量販店やネットショップを見ても

「なんだか難しい専門用語もたくさん出てきてよくわからない!」

と言って購入をあきらめてしまった方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、

・買ってはいけないノートパソコンの4つの特徴
・2021年版オススメノートパソコン

を順番にご紹介していきたいと思います。

たった4つの特徴を抑えるだけでカンタンに、迷いなくノートパソコンを買うことができます。

参考にしてみてください。

買ってはいけないノートパソコンの特徴5選!

特徴①CPUの性能が低すぎる

ひとつはCPUの性能が低すぎるノートパソコンは買ってはいけません。

CPUとは
人間でいう「脳みそ」。この性能が高ければ高いほど全体の処理速度が速くなる。
CPUが低いノートパソコンは、動作が遅くなったり止まってしまったりします。
CPUが高くなれば、その分値段も高くなりますが、ストレスなく作業をしたいのではあれば、高性能なCPUが搭載されているモデルを選んだ方が良いですね。

特徴②メモリが少なすぎる

二つめは、メモリが少なすぎるノートパソコンは買ってはいけません。

メモリとは
作業机のような場所。メモリが大きいほど、複数のデータを置いておくことが可能なので処理速度が遅くなりにくくなります。
メモリは、CPUが処理するデータを一時的に保管しておくことができます。
安いパソコンや古いパソコンの中には2GBのメモリを搭載しているものもありますが、2GBでは作業に支障をきたすほどスピードは遅くなるので、4GBから8GBのメモリを搭載するパソコンを選んだほうがいいですね。

特徴③SSDのストレージを搭載していない

ストレージとは
引き出しや倉庫のようなものです。ここにデータを蓄積することができます。

ストレージには2種類あります。

・HDD(ハードディスクドライブ)
・SSD(ソリッドステートドライブ)
昔では、HDDが主流でしたが、最近ではSSDが主流となっています。
SSDを搭載したノートパソコンであれば。起動まで10秒くらいで立ち上がりますが、HDDだと、1分〜3分かかることがあります。
これからノーパソコンを購入するのであれば、SSDとHDDの同時搭載かSSDを搭載したノートパソコンを選ん方がいいですね。

特徴④メーカーの保証やサポートが付いていない

4つめは、メーカーの保証やサポートが付いていないノートパソコンは買ってはいけません。

保証やサポートが不十分だったり付いていなかったりすると

・電源を入れても立ち上がらない
・全く充電されない
・届いたノートパソコンがすぐ故障した

といったトラブルに対応してくれない場合があります。

ネットショップで販売されている3万台の格安ノートパソコンや中古のパソコンには注意が必要です。

また、メルカリやラクマといった個人=個人の取引で購入される場合も気をつけましょう。

例えば、メルカリで購入したノートパソコンが使い始めてすぐに故障した場合、メーカーの保証が期限切れであったら、自分で何とかするしかなくなってしまいます

時間もお金ももったいないので、個人間での取引の時には保証について確認しておくべきですね。

特徴⑤自分の用途に合っていない

最後は自分の用途に合っていないノートパソコンは買ってはいけません。

用途を明確にしないと

・外に持ち運びたくて買ったのに大きなノートパソコンを買ってしまった
・動画編集がしたいのに性能の低いノートパソコンを買ってしまった

なんてことにもなってしまうので用途を明確にし、自分に合ったノートパソコンを選びましょう。

買ってはいけないノートパソコンの特徴5選
1.CPUが低い
2.メモリが少ない
3.SSDのストレージが搭載されていない
4.メーカー保証やサポートが付いていない
5.自分の用途に合っていない

【2021年版】オススメノートパソコン

ここまでは買ってはいけないノートパソコンについてご紹介してきました。

ここからは、では実際にどんなノートパソコンを買えばいいのかをご紹介していきたいと思います。

コスパ重視だったらASUS「E510MA」

15.6インチという大きな画面なので、動画や映像を視聴したい方にはオススメのノートパソコンです。

ディスプレイには、ノングレア処理という光の映り込みを防ぐ加工もされているので映像に集中できます。

バッテリー時間も約9.8時間ということで非常に大容量なので持ち運びにも便利ですね。

性能重視であればM1MacBook Air

Appleが独自開発したM1チップが搭載されたノートパソコンです。

M1チップは負荷のかかる処理を高速に行うことができるので、動画編集やWEBで何か制作をしたいクリエイターの方には非常にオススメです。

バッテリーの持続時間も15時間と長く外出先での使用にも向いていますね。

値段は高いですが、性能重視でノートパソコンを選ぶなら、M1MacBook Airであなたがしたい作業は十分満たしてくれます。

【2021年】オススメノートパソコン
・コスパ重視ならASUS「E510MA」
・性能重視ならM1MacBook Air

まとめ:目的に合ったノートパソコンを選びましょう

では、さいごにもう一度買ってはいけないノートパソコンの5つの特徴をまとめます。

1.CPUが低い
2.メモリが少ない
3.SSDのストレージが搭載されていない
4.メーカー保証やサポートが付いていない
5.自分の用途に合っていない

ご自身がどんな目的でノートパソコンを使用したいのかをまずは考えたうえで、今回の記事でご紹介した「買ってはいけないノートパソコンの特徴」を気をつけながら購入してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました