買ってはいけない 赤ちゃんの初めての歯磨き粉


わが子に歯が生え始め、歯磨きを始めると気になるのが、歯磨き粉のこと。

大切な歯を守るためにも、しっかりとケアして虫歯のリスクを減らしたいですよね。
そんな時、大人ならば歯磨き粉を使いますが、赤ちゃんの場合はどうなのでしょう?

・大人と同じものでいいの?
・いつから使えるの?
・口に入れるものだけど、赤ちゃんにも安全?
・飲んでしまっても大丈夫?

たくさんの疑問が浮かびます。
赤ちゃんの歯みがきに向いているものや、買ってはいけない歯磨き粉はあるのでしょうか?

実は、赤ちゃんの歯磨き粉として買ってはいけないもの、あるんです。

・研磨剤が入っているもの
・発泡剤が入っているもの
・添加物が入っているもの

これらのものは、赤ちゃんの歯磨き粉としては不向きです。
大人用の歯磨き粉には、大抵これらの成分が含まれているので、赤ちゃんにはNG!ということですね。

それでは、詳しく見てみましょう。

そもそも、赤ちゃんの歯磨きはいつから?


赤ちゃんの歯磨きは、歯が生え始めるころ(生後6~9か月頃)からスタートします。
乳歯は永久歯より弱く、虫歯になりやすいとされています。
歯が生え始めたら優しく磨いてあげましょう。

そして、歯磨き粉を使うのは、「うがいができるようになってから」が良いようです。
歯磨き粉は、飲み込んでしまっても少量なので問題ないとされています。
しかし、しっかりとうがいをし、吐き出せるようになってからの方がベターです。
年齢や月齢にこだわる必要はないので、赤ちゃんの様子を見ながら、2歳頃からうがいの練習から始めてみましょう。

赤ちゃんの歯磨き粉としてNGな成分とは


赤ちゃんに使う歯磨き粉の成分として、以下のものは好ましくありません。

①研磨剤(主な成分表記:ケイ素、炭酸ナトリウム、炭酸カルシウム など)
大人の歯磨き粉では、歯垢や着色汚れをしっかり落とすために、研磨剤が使われているものが多いです。
しかし、赤ちゃんは歯や歯茎がまだまだ柔らか。
研磨剤が表面を傷つけてしまう恐があります。

②発泡剤(主な成分表記:ラウリル酸ナトリウム など)
こちらも、大人の歯磨き粉にはよく入っている成分です。
磨くとよく泡立ち、すっきりと磨くことができます。
あなたの周りでも、泡立ちの良い歯磨き粉を好んでいる人は多いのではないでしょうか?
しかし、赤ちゃんはこの泡を嫌がることがあります。
また、泡が邪魔をしてよく見えず、磨き残しが多くなりがちです。

③添加物
いくらママが気をつけていても、赤ちゃんは歯磨き粉を飲み込んでしまうことがあります。
できるだけ香料や着色料などの添加物が入っていないものを選びましょう。

赤ちゃんの歯磨き粉にフッ素は必要?

フッ素は虫歯予防に有用とされている成分で、多くの歯磨き粉に配合されています。
特に、子供の歯は大人の歯よりもその効果を受けやすい状態と言われています。
ぜひ、フッ素配合の歯磨き粉を有効に使って、虫歯ケアをしていきたいですよね。
でも、フッ素の量は年齢などにより適量が違うので、ちょっと注意が必要です。

まだ、うがいができない赤ちゃんの場合は、うがいや吐き出すことができるようになってから使うのがおすすめです。
でも、やっぱり虫歯が気になる、フッ素でケアをしたい!という場合は、ベビーコーナーなどにある、すすぎ不要のものを選びましょう。

また、子どもの歯磨き粉には「フッ素濃度500ppm未満」や「900~1000ppm」のものがあります。
上手に吐き出すことができない子ども(大体6歳未満の子ども)は500ppm未満のものを使ってあげてください。

赤ちゃん向けの歯磨き粉のタイプ


市販の子ども用の歯磨き粉には、主に2つのタイプがあります。
それは「ジェルタイプ」と「ペーストタイプ」。
それぞれ、どのような特徴があるのでしょう?
合わせて、おすすめの商品も載せたいと思います。

「ジェルタイプ」

・とろみがある柔らかなジェル状
・研磨剤や発泡剤が入っていないものが多い
・泡立ちがあまりない

口に入れた時の違和感が少ないので、初めて歯磨き粉を使う赤ちゃんに向いています。
泡立ちが少なくすすぎやすいので、うがいがまだ上手でない子にもおすすめです。

オススメ商品
ピジョン ジェル状歯みがき ぷちキッズ
ビーンスターク ハキラ はみがきジェル

 

「ペーストタイプ」

・研磨剤、発泡剤、フッ素入りのものが多い
・大人の歯磨き粉と同じタイプ

こちらは研磨剤が入っている分、汚れは落としやすくなっています。
しかし泡立ちが多い分、磨いた気になってしまうので磨き残しに要注意です。
上手にうがいができるようになってから使うのが良いですね。

オススメ商品
ライオン クリニカKid’sハミガキ
サンスター バトラー エフペーストこども

 

また、赤ちゃん用の歯磨き粉として、「無添加タイプ」も販売されています。
天然成分で作られていて、余分な成分が入っていません。
万が一体に入っても安心な、体に優しい成分なのが嬉しいですね。

オススメ商品
アラウベビー はみがきジェル
アロベビー 歯みがきジェル

まとめ

いかがだったでしょうか?
赤ちゃんの繊細な歯や体には、ぜひ、安心安全な歯磨き粉を選びたいですね。
歯ブラシのみ、ジェルタイプ、ペーストタイプと子どもの成長に合わせてステップアップしてみてください。
どのタイプの歯磨き粉にも、味のバリエーションがあリます。
お子さんが成長してきたら、好みのものを一緒に選ぶのも良いと思います。

ぜひ、赤ちゃんの歯や発達に合わせて、適切な歯磨き粉を選んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました