買ってはいけないパン! その理由とは?


パンは美味しく手軽で、多くの人々に愛されています。

今やパン屋さんだけではなく、コンビニに売られているパンも色々と工夫され、味も見た目もおいしそうな物が多く売られていますね。

商品棚を見ると、どれも食べたくなってしまうものばかりで目移りしてしまいます。

しかし、そんな魅力的なパンの中にも買ってはいけないパンが存在しているのです。

そのパンと理由をご紹介していきます。

買ってはいけないパン


買ってはいけないパン、それはとても身近に売っています。
中には、もう何度も食べてしまったパンも多くあると思います。

これからパンを買う時に気を付けられるように、買ってはいけないパンをピックアップします。

小さな子供から大人まで人気のあるメロンパン。

そのメロンパンの中でも特に、山崎製パンの大きなチョコチップメロンパンや、国産小麦のメープルメロンパンが危険とされています。

同社のお馴染みのスナックスティックや、チョコチップスティック。

バナナがずっしりと入ってクリームとの相性も良いまるごとバナナ。

小さく小腹が空いた時に最適な、クリームぎっしり薄皮クリームパン。

更に、フジパンのコッペパンアーモンドクリームや、デニッシュドーナッツに銀チョコクロワッサンなど…。

どれも、人気のある美味しい商品ばかりです。
では、なぜこれらのパンを買ってはいけないのか、その理由をお話していきましょう。

美味しいパンがいっぱい。でも、どうして買ってはいけないの?


そもそも、普通にコンビニに売っているようなパンが食べてはいけないのか…不思議ですよね。

パンには、トランス脂肪酸が入っています。
このトランス脂肪酸とは、パンを作るにあたって必要になるショートニングや植物油脂に加工油脂。

家庭でもよく使われるマーガリンやファットスプレッドに含まれている脂肪酸の一種です。

トランス脂肪酸が多く含まれている物を食べ過ぎると、動脈硬化や発がん性、不妊や糖尿病になりやすくなるリスクが高まります。

日本ではまだ規制されていませんが、アメリカでは2018年にこのトランス脂肪酸を含む物を使う事を禁止されている程の恐ろしいものです。

上で挙げたパンには、それが多分に含まれているのです。
そのため、健康の事を考えると、購入を控えた方が賢明でしょう。

逆に健康にも良いパンは?


買ってはいけないとは言っても、やっぱりパンは美味しいから食べたくなりますよね。

そんな時は、体に優しいパンを選ぶようにしましょう。

栄養価が高く、食物繊維やミネラルが多く含まれていて通常パンを作る際に使用される小麦よりカロリーが低め。

そして、何より良く耳にするグルテンフリーな全粒粉を使ったパンがおすすめです。

食物繊維が豊富なので、お腹の調子を整えてくれて、大腸がんなどの病気のリスクを下げる働きをしてくれます。

人工甘味料などが多く含まれた菓子パンも美味しいですが、こういった自然の物を使ったパンも美味しく、体に優しいので食べてみてください。

パンと合わせて食べると良い物をピックアップ


パンを食べる時、カロリーが気になってしまいますよね。
いくらトランス脂肪酸が控えめの物でも、やはり食べ合わせなどで健康に気遣いたいものです。

まず、どの食事の時にも言えますが、野菜をしっかりと摂りましょう。
サラダや温野菜、野菜スティックなど好きな摂り方で野菜不足を改善する事が大切です。

そして、食べ物を食べる前にスープを飲む事もおすすめします。

スープを飲む事で体が温まり、冷えの防止や体の調子が整います。
野菜がたくさん入った野菜スープも良いですし、リコピンたっぷりのミネストローネスープ、豆のスープもおすすめです。

タンパク質が豊富な鶏肉や、ビタミンやミネラルが豊富なキノコ類も一緒に食べるのも良いですね。

そして、デザートにはヨーグルトを食べて腸内環境を整えましょう。
その際、なるべく無糖ヨーグルトを食べ、砂糖やジャムは控えめにする事も大切です。

こうしてパンだけでお腹を満たそうとするのではなく、バランスの良い食事を心がけましょう。
毎日のバランスの良い食事は、健康な体作りへの第一歩に繋がります

まとめ

今回ピックアップしたトランス脂肪酸がたっぷり含まれたパンの中には、子供の時から好きでずっと食べ続けている…

なんて物もあると思います。

ついつい美味しそうな菓子パンばかり食べたくなってしまいますが、パッケージ裏の成分表を良く見て、健康を気遣った物を出来るだけ食べるようにしましょう。

時々ならまだしも毎日や数日おき、何個も食べたりしていると、そのトランス脂肪酸が蓄積していき、将来的に健康に影響が出てきてしまいます。

この先、将来の自分の健康のためにも食べる物やその成分には気を付けるようにしていく事が、自分を守る事に繋がります。

タイトルとURLをコピーしました