ベビーパウダーはお粉として買ってはいけないの?!

赤ちゃんの肌荒れ対策として使うベビーパウダーですが、女性の美容アイテムとしても紹介されているのをよく見かけます。


ただ、下記のような疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

・ベビーパウダーをメイクの仕上げ用に使ってみたいけど、安全性が少し心配。

・ベビーパウダーはどんな使い方があるの?

・ファンデーション代わりとして使用していいの?

なるべく肌に負担をかけず、ナチュラルにカバーできるものが見つかればうれしいですよね!

そこで今回は、ベビーパウダーをお粉として使用しても問題ないのかについて具体的にお伝えしていきます。

この記事を読んでいただければ、あなたが抱いていたベビーパウダーについての疑問もきっと解消されることでしょう!

ベビーパウダーはお粉として買ってはいけないの?!

答えは、正しく使用すれば問題ありません。

下記で具体的に説明していきます!

ベビーパウダーとは?

そもそもベビーパウダーとは、水分を吸収する作用があるため、赤ちゃんのおむつかぶれなどお母さんが赤ちゃんに使用するものです。

ただ一方で、女性のフェイスパウダー用など美容アイテムとしても使われています。

ここでは、ベビーパウダーの成分と効果、種類について説明していきます!

ベビーパウダーの成分と効果

主な成分は「コーンスターチ」と「タルク」です。コーンスターチの働きとしては、肌の湿度を保ち水分を吸収させ、タルクは肌をなめらかにする働きがあります。

次は、種類について見ていきましょう。

ベビーパウダーの種類はこの2つ!

ベビーパウダーの種類は「固形タイプ」と「パウダータイプ」の2種類があります。

それぞれ特徴や用途について説明します。

1.「固形タイプ」

ファンデーションのような形になっており、付属のパフにつけて使用します。

固形タイプなので粉飛びも少なく、大人のニキビ予防・メイク用品・顔の汗止めとして、部分的にしっかりとつけたい時におすすめです。

また、コンパクトなものが多く、外出時のポーチに入り持ち運びもしやすいです!

2.「パウダータイプ」

パウダータイプは缶に入っているものが多く、お風呂上がりの汗防止やボディケアとして背中などの体の広い範囲で使用できます。

さて、ここまではベビーパウダーについて説明してきましたが、気になるのが安全性についてではないでしょうか?

ベビーパウダーの安全性は?

ベビーパウダーの成分として気になるのが「タルク」。筆者である私もなんとなく、ベビーパウダーはタルクが入っているため、使ったら良くないというイメージでしたので調べてみました。

それは、1987年(昭和62年)一部のベビーパウダーの原料タルクに、不純物としてアスベストが検出されたという報道があり社会問題になりました。このことがきっかけで、ベビーパウダーは危険という噂につながっているのです。

しかし、現在は厚生労働省の通達によりタルクを使用する製品には、高い安全基準を設けるよう義務付けされています。なので、ベビーパウダーの安全性は問題ないと言えるでしょう。

ベビーパウダーはお粉だけじゃない!その他の使い方も紹介

ベビーパウダーは仕上げのお粉としてだけではなく、他にもさまざまな使い方があります!

ここでは4つ紹介していきます。

・肌荒れ・ニキビが気になる時のファンデーション代わりに

ニキビや肌荒れがひどい時などは、できるだけファンデーションを厚塗りしたくはありませんよね。

でも、気になる部分はなるべくカバーしたいそんな時は、ベビーパウダーをファンデーション代わりに使用しようするといいでしょう。

顔の毛穴や気になる部分を、ナチュラルにカバーしてくれるのでおすすめです!

・洗顔スキンケア

ベビーパウダーの細かい粒子がスクラブ代わりになって毛穴の奥の汚れを取ってくれます!

普段お使いの洗顔料に少量のベビーパウダーを混ぜて、洗顔するだけです。

ただし、毎日行うと肌の負担になりますので、週2~3回を目安に行うとよいでしょう。

・前髪のベタつきに

汗をよくかく暑い夏の日や、雨の天候時に女性は前髪のベタつきが気になるのではないでしょうか?

使い方は簡単です!前髪にかかる部分のおでこや頭皮にベビーパウダーを少量つければ、サラサラした前髪を保つことができます。

・お風呂上りの汗防止に

女性は、お風呂上りにボディケアとして乾燥防止のクリームをぬるかと思います。

しかし、クリームをぬった直後は体がベタつきますよね。そんな時はベビーパウダーを使うとすぐサラサラになるのでおすすめです!

また、夏場の熱い時期などもお風呂上りは汗をかくので使うと便利でしょう。

ベビーパウダーを使用する際の注意点!


記事の冒頭でお伝えしましたが、ベビーパウダーは正しく使う必要があります!

主な注意点は下記の通りです。

・初めて使用する際は、まず少しの量から

ベビーパウダーが肌に合わない場合もあるため、初めて使用する際は顔にいきなり塗らず、二の腕などで試して下さい。

・粉飛びするため吸い込まないようにする

固形タイプのベビーパウダーなら、あまり粉飛びはしませんがボディケアに使うパウダー用は粉飛びしやすいため、空中に舞ったパウダーを吸わないように注意しましょう。

・使用後はしっかり洗顔する

ベビーパウダーは粒子が細かいため、毛穴を目立たせないメリットもありますが使用後はしっかり洗顔しないと、反対に毛穴詰まりの原因になるので気をつけましょう。

まとめ

今回はベビーパウダーついて具体的に説明してきました!

このようにベビーパウダーは、正しく使用すればお粉として使用しても問題ないといえます。

肌になるべく負担をかけたくない方は、一度試してみてはどうでしょう。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました