買ってはいけない食器用洗剤!その理由とは?


主婦や一人暮らしの方は、一日のどこかで必ず1度はやっている「食器洗い」。

料理のあと、食事のあと、汚れた食器や調理器具は必ず洗いますよね?

油でギトギトは気持ち悪いので、食器用洗剤をスポンジにたっぷりつけて沢山泡立てて食器を洗う方もいらっしゃると思います。

食器をきれいに洗うために必要な食器用洗剤。

もし、その食器用洗剤が健康に悪影響があるとしたら怖いですよね。

今回は、そんな食器用洗剤についてお話ししたいと思います。

洗っても落ちない食器用洗剤


食器を洗っている際に、きちんとすすいだつもりでも洗剤の成分が食器に残ってしまう、ということはよくあります。

食器用洗剤の注意書きには、「調理器具は流水であれば5秒間すすいください」との表記がありますが、ご存じでしたか?

油汚れを取ることに一生懸命になっていても、すすぐ秒数まで気にしている方はあまりいないと思います。

丁寧に洗い流したつもりでも、実は食器用洗剤が残っている可能性が大です。

食器用洗剤の危険性

スーパーやドラッグストアで手軽に購入することができる食器用洗剤。

その大半は合成界面活性剤です。

合成界面活性剤とは、石油などを主な原材料として人工的に作られた界面活性剤のことをいいます。

合成界面活性剤は本来混ざらないものを混ぜる作用があり、汚れを落とす洗剤やシャンプーに多く使われています。

テレビCMでは、食器用洗剤の洗浄力の強さをアピールするものが多くあります。

しかし、洗浄力が強いということはそれだけ刺激の強い成分が使われているということなのです。

刺激が強いということは、人体にも大きな影響があると考えられます。

食器用洗剤の洗浄成分に使われている合成界面活性剤には様々な種類があります。

その中でも特に注意が必要な成分が3つあります。

アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム(AES)

AESは皮膚の角質を溶かし、皮下へ浸透することで皮膚障害を起こすといわれています。

また、触媒として使われているジオキサンは発がん性が疑われている物質でAESに混入している可能性があります。

そうすると、皮膚から体内に侵入したジオキサンが胎児に先天異常を引き起こすことがあるそうです。

ポリオキシエチレンアルキルエーテル(POER)

POERの毒性はAESと同程度ですが、微生物によって分解されません。

そのことによって、河川湖沼の環境汚染を引き起こしています。

アルキルスルホン酸ナトリウム(SAS)

SASは泡立ちを良くする成分として食器用洗剤に入っています。

この成分は手肌のたんぱく質を破壊し、手荒れの原因になります。

乾燥肌や敏感肌の方は、SASの入った製品は避けたほうがよさそうです。

このような危険物質が入った食器用洗剤で毎日直接口に入る食器を洗うことは、非常に危険なことではないでしょうか。

おススメの食器の洗い方

食器用洗剤が危険なことは分かりましたね。

でも汚れた食器をそのままにしておくことはできません。

ここでは、毎日安心して食器を洗う方法をお伝えします。

重曹


重曹は炭酸水素ナトリウムです。

食器洗いだけでなく、入浴剤やベーキングパウダーとして使うこともできます。

食用の重曹を使うとより安心できると思います。

重曹は弱アルカリ性で油汚れは酸性なので、重曹を使うことで油が中和され、汚れが落ちやすくなります。

使い方は簡単で、スポンジに重曹をかけて食器をこするだけです。

ただし、重曹には研磨性があるので食器に傷がつく可能性もあるので気を付けて使ってください。

また、重曹を大さじ1、2杯入れた水の中にグラスなどを入れ、約1時間つけおき洗いしてから洗うのも効果的といわれています。

ほかにも、食器洗いだけでなくコンロの油汚れを取るのにも重曹は効果的です。

重曹は食器だけでなく、コンロなどをきれいにするのにも役立ちます。

固形石鹸


固形石鹸にも色々な種類があります。

食器洗いには香料や着色料など、添加物が入っていないものがおすすめです。

固形石鹸は食器用せっけんよりも洗浄力が劣るので、スポンジにたっぷりと泡を塗り付けて、しっかりと泡立ててください。

汚れを包み込みこむようにして洗うと、汚れが落ちやすくなります。

アクリルたわし


アクリルたわしは、アクリル100%の毛糸で編んだたわしのことです。

アクリル毛糸の繊維1本1本には細かい凹凸があり、これが汚れを絡め取ります。

したがって、水だけで油汚れを落とすことができるのです。

ひどい油汚れの場合は、少し重曹をかけてアクリルたわしでこすってください。

簡単に汚れを落とすことができます。

まとめ

食器の汚れを取るには、食器用洗剤以外の選択肢があることが分かりました。

代用品を使えば、安全に汚れをスッキリと落とすことができます。

油汚れの程度によって、使い分けてもよいかもしれません。

家族やご自分の健康のためにも、少しずつでも安全と思えるものを選択して健康な生活を送っていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました