買ってはいけないメープルシロップ その理由と見分け方は?

段パンケーキやワッフルにかけることが多いメープルシロップ。

しかしながら、その特徴や安全性についてご存じの方は少ないのではないでしょうか。


今回は、メープルシロップの種類と特徴、そして買ってはいけないメープルシロップについてご紹介します。

そもそもメープルシロップとは?

メープルシロップとは、サトウカエデというカエデの樹木から出る樹液を、煮ることで濃縮した天然の甘味料です。

琥珀色または褐色で、独特の風味と栄養価の高さが特徴です。

また、サトウカエデの原生林の分布が世界的に見てもごく一部に限られていることから、カナダの名産品としても有名です。

メープルシロップの特徴

カエデの樹液からつくられるメープルシロップ。

続いて、その特徴をご紹介します。

①栄養素が豊富

サトウカエデの樹液を濃縮することで作られるメープルシロップには、たくさんの栄養素が含まれています。

メープルシロップ100gあたりの成分値

・カルシウム(mg):75

・カリウム(mg):230

・マグネシウム(mg):18

・マンガン(mg):2.01

・亜鉛(mg):1.5

(日本食品標準成分表2015年版(七訂) より引用)

 

このようにメープルシロップは、現代の日本人が不足しがちなミネラルやビタミンをバランスよく含んでいます。

②炎症を抑制してくれる

メープルシロップには、採取されたメープルウォーターを煮詰める段階で生成される、特有のポリフェノールが含まれていることがわかっています。

ポリフェノールとは、ほとんどの植物に存在する苦味や色素の成分で、抗酸化作用が強く、活性酸素などの有害物質を無害化する働きがあります。

メープルシロップに含まれるポリフェノールの抗酸化作用が、体内の炎症を抑えてくれるのです。

③無添加・無着色で安心安全

メープルシロップは、農薬はもちろん着色料や添加物などの化学物質を一切含みません。

高温で煮詰めることで殺菌されるため、赤ちゃんから食べられる安心安全な甘味料です。

④肝臓保護効果と肥満を抑制する可能性がある

東京大学大学院の研究チームは動物実験を行い、世界で初めてメープルシロップが肝臓保護効果と肥満を抑制する可能性があることを報告しました。

メープルシロップの種類

日本でシェアされているメープルシロップのほとんどはカナダ産です。

現在、食用に販売されている全てのカナダ産メープルシロップは「グレードA」に属しており、厳しい品質基準を満たしたものです。

メープルシロップは樹液の採取時期によって色や風味が異なり、「グレードA」に分類されたカナダ産メープルシロップは、光の透過率やメープルシロップ特有の風味の強度によって更に4つの「グレード」に分類されます。

①ゴールデン(デリケートテイスト)

光の透過率:75~100%

最も淡い色のメープルシロップです。

最初の頃に採取された樹液でできたメープルシロップが、このグレードに分類されます。

繊細な味わいが特徴で、そのまま料理に掛けて楽しむことが多いです。

②アンバー(リッチテイスト)

光の透過率:50~74.9%

透明感のある美しい琥珀色のメープルシロップです。

ゴールデンの次に採取されたメープルウォーターから作られます。

最も多く流通している種類なので、スーパーなどで見たことのある方も多いかもしれません。

③ダーク(ロバストテイスト)

光の透過率:25~49.9%

アンバーより暗い褐色のメープルシロップです。

アンバーの後に採取された樹液を煮詰めて作られます。

メープル独特の風味が増すグレードといえます。

④ベリーダーク(ストロングテイスト)

光の透過率:0~24.9%

コーヒーのような色合いです。

最も遅くに採取されたメープルウォーターから作られます。

樹液の採取が遅ければ遅いほど、濃いメープルシロップができます。

メープルの風味が最も強く、濃厚な味わいのグレードです。

買ってはいけないメープルシロップとは?

これまでメープルシロップの特徴や種類をご紹介しました。

メープルシロップ自体は健康によい食品ですが、類似品もあり紛らわしいですよね。

そこで、買ってはいけないメープルシロップのポイントをお伝えします。

①メープル「風味」のシロップ

安価なもので、砂糖や水あめ、ぶどう糖果糖液糖をベースに、香料と香料でメープルシロップ風にしたものが販売されています。

これらには1滴たりともメープルシロップは入っていません。

商品名に「メープル」や「メープルシロップ」の文字が書かれていたら、まずは原材料表示を確認してみてください。

②容量の多すぎるメープルシロップ

最近では食品もインターネットで注文する人が増えていますよね。

オンラインショップでは、大容量のメープルシロップをお得に購入できますが、開封後は冷蔵保存が必須なので注意が必要です。

メープルシロップははちみつと違い、常温で保存するとカビが生える恐れがあります。

また、容器が大きいと中で結露し、それがカビが繁殖する原因になってしまうこともあります。

冷蔵庫の場所を取りますし、沢山使う予定のない方は小さい瓶に入ったものを購入するのがおすすめです。

最後に

メープルシロップは栄養価が高く、濃厚な味わいで日々の食事をグレードアップしてくれます。

また、グレードや産地によって微妙な風味の違いも楽しめます。

ぜひメープルシロップを生活に取り入れて、日常に奥行きを持たせてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました