買ってはいけないスーツケース

仕事や旅行など荷物が多いとき、スーツケースは便利です。

ただ、たくさんの種類があるのどれを買ったらいいのか迷う方も多いと思います。

この記事では、

・買ってはいけないスーツケース

・スーツケースの種類と特徴

・スーツケースを選ぶときのポイント

・スーツケースのさまざまな機能

についてご紹介したいと思います。

買ってはいけないスーツケース


スーツケースといえばリモアやサムソナイト、アメリカンツーリスターなどのブランドが有名です。

有名ブランドは値段も高いですが、なかにはもっと安くリーズナブルな価格のスーツケースもたくさんあります。

しかし、安さだけでスーツケースを選ぶのは危険で安いスーツケースには、それなりの理由があります。

見た目は他のものと変わらないしっかりした作りに見えても、2kgくらい重かったりキャスターやフレームが貧弱で破損しやすいことも多々あります。

値段だけ比べてしまうと安いものをつい選びたくなりますが、安すぎるものはあまりおすすめできません。

安いスーツケースにはどういった特徴があるのかについて調べてみました。

特徴として、

・フレーム、ボディの素材の質が悪く、割れたり凹みやすい

・キャスターやハンドルなどのパーツが安価のため貧弱

・海外の機械による流れ作業で大量生産されているため細部の作りが雑

ということがあげられます。

このような特徴は破損の原因にもつながり、結果何度も買い直さなければならないということにもなりかねません。

スーツケースの種類と特徴


つぎに、スーツケースを選ぶときに知っておきたい、種類や特徴についてご説明したいと思います。

まず、スーツケースには、ハードタイプとソフトタイプがあります。

ハードタイプは、その名の通りスーツケース本体が堅い素材で作られているのが特徴です。

堅いので耐久性や耐衝撃性に優れていて、外部の衝撃があった場合でも内部の荷物をしっかりと保護してくれます。

空港でスーツケースは想像以上に雑に扱われてしまいます。

そういったことが不安な場合にはハードタイプがおすすめです。

ソフトタイプは、スーツケースの外側の素材が柔らかな布を使っているものになります。

しかし、フレームには金属や樹脂などの素材が使われているので、ソフトといっても柔らかすぎてつぶれることはありません。

ソフトタイプのスーツケースは軽量です。

少しでも荷物を軽くしたいという方や、旅行でお土産などをついつい買ってしまいいつの間にか荷物が多くなりがち、という方におすすめです。

つぎに、キャスターの数にも違いがあります。

2輪タイプか4輪タイプのものがあります。

4つのキャスターが付いているスーツケースはさまざまな方向を向けるため、小回りが利き操作性に優れています。

人混みや狭い道を通るときでも、自分と荷物の距離を近く、スムーズに移動できるのが良い点です。

スーツケースの開閉にもフレームタイプとファスナータイプの2種類があります。

フレームタイプは耐久性の高さがポイントで、外部からの衝撃が荷物に伝わるのを避けられます。

ワンタッチで開閉できるのも手軽で魅力といえます。

ファスナータイプは、開閉部分が布製なので軽量です。

ファスナーが衝撃を吸収してくれるので、柔軟性があり比較的壊れにくくもあります。

少しだけ開けて荷物を出し入れできるメリットもありますが、詰め込みすぎてファスナーの部分が壊れてしまうこともあるため注意が必要です。

最後に、両面開きか片面開きかの違いもあります。

面開きは荷物を小分けにして詰め込むのに便利です。

しかし、少しモノを取り出したいときでも、一度スーツケースを寝かせなければいけないのでスペースが取れないところでは大変なこともあります。

片面開きは物の取り出しにそこまでスペースを必要としないのが特徴です。

このようにさまざま機能面に違いがあるので、自分に合ったスーツケースを見極めることが大切です。

スーツケースのさまざまな機能


ここまでおおまかにどういった種類のスーツケースがあるのかご説明してきましたが、さらに優れた機能がついているものもあります。

ひとつめは、静音キャスターです。

静かな場所でスーツケースを引く際にキャスターのガラガラという音が気になるという経験がある方多いと思います。

そういった際に役に立つのが静音タイプのスーツケースです。

音を抑えて滑らかに運べるため、静かな場所だけでなく夜中や住宅街でも音を気にすることなく移動できます。

ふたつめは、エキスパンダブルです。

エキスパンダブル機能とは、収納部とは別にファスナーが設けられていることで収納容量を増やすことができます。

スーツケースによっては10Lもの容量を増やせるものもあり、長旅や荷物が増えることが予想される外出の際にはとても便利な機能です。

みっつめは、TSAロックです。

TSAロックとは、アメリカ運輸保安局によって認可を受けている鍵のことです。

アメリカの空港では、検査のため鍵をかけずに荷物を預けることが求められます。

しかしTSAロック機能がついたスーツケースだと職員が特殊なツールで鍵を開けることができるので、基本的には施錠したまま荷物を預けることが可能です。

鍵をかけたまま預けてしまい荷物検査でスーツケースをこじ開けられて破損してしまったり、施錠していないスーツケースからモノを盗まれたりするリスクを予防することができる便利な機能です。

まとめ

スーツケースにはさまざまな種類や機能もあり、選んではいけないスーツケース、自分に合っているスーツケースのポイントがわかったのではないでしょうか。

今後スーツケースを選ぶ際には、この記事の内容を参考に選んでいただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました