カップヌードルPROを安易に買ってはいけない理由

最近発売されたカップヌードルPRO。

CMでもおなじみの「低糖質・高たんぱく」といわれている、新しいカップヌードルのことです。

実際に食べてみると、普通のカップヌードルとほとんど味は変わりません。

「糖質は抑えたいけど、ラーメンは食べたい!」という方にはありがたいですよね。

ただ、このように人工的に成分を組み替えた商品は、注意して摂る必要があります。

ここではその気を付けたい理由について、お話していきます。

1日に食べて良いのは何個まで?

ヘルシーなイメージのあるカップヌードルPROですが、どのくらいなら食べても良いのでしょうか。

筆者がおすすめするのは1日1個までです。

2個以上食べてしまうと、身体に悪影響がでる可能性があります。

その理由はこちらです。

・塩分が多い
・食物繊維が多い

これらの理由について、1つずつみていきましょう。

塩分が多い


みなさんは1日に摂って良い塩分の量を知っていますか?

厚生労働省が作成している『日本人の食事摂取基準2020年版』では、

男性 7.5g/日
女性 6.5g/日

と記されています。

それに対して、カップヌードルPROには、味によって異なりますが3.7g~4.8gの塩分が含まれています。

なんと、1個食べるだけで1日の半分以上の塩分を摂れてしまうのです。

そもそも、塩分を摂りすぎてしまうとどんな影響があるのでしょうか?

まず、塩分を摂りすぎてしまうと、血圧が高くなります。

そして血圧が高くなると、心臓への負担が増えたり、脳梗塞など脳血管疾患のリスクが上がってしまいます。

今は人生100年時代と言われていますが、せっかく長生きするなら健康で長く生きたいですよね。

そのためにも、塩分には日ごろから気を付けなければなりません。

塩分に配慮したおすすめの食べ方はこちらです。

・スープは極力残すこと
・カップヌードルPRO以外の食事を薄味にする

カップヌードルPROの塩分は『めん・かやく』と『スープ』に分けて表示されています。

こちらも味によって異なりますが、めん・かやくには1.5g~2.1g、スープには2.2~2.8gの塩分が含まれています。

スープを残すだけでも、大幅に減塩できることがわかりますね。

ただ、みなさんの中には「スープまで楽しみたい」と思われる方もいるかもしれません。

その場合は、ほかの食事で調整することをおすすめします。

多くの方は、1日3回摂っていると思います。

3回のうち、1回カップヌードルPROを食べたら、ほかの食事は薄味を心がけましょう。

なかなか薄味にできない場合は、お味噌汁などの汁物を抜いたり、味の濃いお漬物などを控えるなど、少しでも塩分を抑えた食事にしましょう。

食物繊維が多い


食物繊維には、お通じを良くしたり、腸内細菌を整えるなど、様々なはたらきがあります。

先ほど摂って良い塩分の量を載せましたが、食物繊維にはこのような基準があります。

男性 21g以上
女性 18g以上
(出典:日本人の食事摂取基準2020年版)

ところが、多くの人はこの量を満たしていません。

腸内環境を良くすると、代謝が上がったり生活習慣病の予防にもつながるので、しっかりと摂りたいですよね。

そして、カップヌードルPROには食物繊維が約20gも入っています。

つまり、男性なら1日分のほとんどを、女性なら1日分をこの1つでまかなえてしまうのです。

ものすごく多い量が入っていることがわかりますね。

そして、これが1日1個までをおすすめする理由でもあります。

もし1日に2個も食べてしまったら、食物繊維の量は約40gです。

しかし、これは普通の食事で摂れる量ではありません。

身体に良いとされている食物繊維ですが、摂りすぎるとビタミンやミネラルが吸収されにくくなったり、下痢を起こしやすくなったりします。

食べる量が多いほど良いというわけではないので、摂りすぎには注意しましょう。

また「カップヌードルPROを食べたから、今日はもう食物繊維を摂らなくて良いんだ」と解釈する方がいますが、本当にそうでしょうか?

食物繊維のおすすめの摂り方は、毎食必ず摂ることです。

特に生活習慣病である、糖尿病・脂質異常症・高血圧を防ぐには、毎食摂る必要があります。

カップヌードルPROに頼らなくても、食物繊維がきちんと摂れる食生活を心がけましょう。

カップヌードルPROの上手な摂り方

ここまで、1日1個までにする理由についてお話してきましたが、朝食・昼食・夕食のうちいつ食べると良いのでしょうか。

私のおすすめは夕食です。

なぜなら朝や昼は、身体や脳のエネルギー源として糖質が必要なためです。

カップヌードルPROは、従来のカップヌードルのみならず、普通の食事と比べても糖質が抑えられてる商品です。

これを日中に摂ってしまうと、頭の回転が悪くなって仕事のパフォーマンスが落ちてしまいます。

また、満腹感が持続しないため間食をしてしまい、かえってカロリーオーバーになってしまうなんてこともあるかもしれません。

一方で、夕食後は寝るだけなので糖質はあまり必要ではありません。

そのため、糖質を減らしても日中に比べると影響が少ないのです。

いかがでしたでしょうか。

新しい味が増えているカップヌードルPRO。

美味しく、賢く摂っていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました