買ってはいけない、はまりすぎてはいけないK-POP関連グッズ

趣味が韓国ドラマというと少し年配の女性がハマる?といういイメージだった昔。

今は若い人から熟年層まで幅広い世代に浸透していると思います。

私も始まりは韓国ドラマだったのが、バラエティー番組も見るようになり、そこで知ったアイドルに好感をもちました。

そのアイドルが所属するボーイズグループを知ることからあっという間にK-POPが好きになりました。

急激に熱した感じのあの勢いは今はもう落ち着いて、そろそろ潮時かなと思っています。

買ってはいけないグッズ

大好きになったボーイズグループのコンサートは胸が踊ります。

コンサートグッズもそんなファン心理を見抜いて「どうだ!これが目に入らぬか!!」と言わんばかりに多種多様なグッズが販売され、急いで購入する列に並びます。(日本も同じですよね)

ですが・・・当たり前のことですがグッズは何でもかんでも買わないことに尽きます。

熱が冷めてしまうと途端にグッズの存在価値は下がります。

コンサートで使うグッズの一番大切なものはペンライト

ペンライトがなくちゃ始まらないくらい腹心の部下だったはずのグッズが・・・最近邪魔になりはじめています。

コンサートごとに販売する戦略に乗り、ペンライトの数は1本だけではありません。

ライトなので防災グッズとして使えるかな?と、取っておくべきか迷うところです。

リサイクルショップで引き取ってもらえるとは思えないのですがどうなんでしょうね。

コンサートのラストの頃にお約束で振り回すタオル

微妙なサイズですが使えなくはないです。

CDとDVDのセット

CDもDVDとセットで購入するので値段は高いのですが、DVDを数回見るのはほんのいっときだけでした。

CDだけで売っていればそれでも良かったのにと思うくらいです。

何枚も買う熱烈なファンに比べるとあまり熱心なファンではなかったかもしれません。

K-POPのDVDとCDはセット(ミニ写真集や写真カードが入っていたりする)なので、厚みがあり保管には場所をとります。

普通の単行本よりも場所を取ることを冷静に考えだしたら、ファンとしての熱は下降気味なのではないでしょうか。

空白期間の存在

韓国男子の国防義務で兵役期間があることは、大きな意味があります。

私の好きなグループはメンバーが6人。

2年弱の兵役期間の空白を短くしてくれるのが、ファンとしては望みです。

私の本音は全員一気に行って2年、少なくとも3年以内には戻って来て欲しかったです。
(まぁ、それは私の勝手な願望だったのですから叶うはずもないですが)

所属事務所や彼らボーイズグループにしてもファンはつなぎとめておきたいはずです。

けれどいろいろな事情で、推しのボーイズグループが戻って来て新曲を披露する(カムバックという)までに5年の歳月が流れました。

その5年の歳月はすっかり私を外見は勿論ですが、中身も変えてしまいました。

親の葬儀があったりと、周りの環境もすっかり変わりましたし。

推しのボーイズグループは兵役中に全く音信不通というのではなくて、メディアへ露出なども個々人ではありました。

けれど、私としては個々人ではなく6人揃って完全体での姿を見たいと願っていました。

韓国のボーイズグループはお国柄とはいえ、兵役がネックになりますね。

他にも事務所との契約事情などあちら特有のこともあるのでしょうが。

兵役前のコンサートでの誓い

兵役に赴く前には熱い感動的なコンサートがあり、まだ熱を上げている真っ最中だったので彼らのひと言ひと言を心で受け止めていた気がします。

流暢ではない言葉で「待ってて下さい」と言われれば当然うなずきます。

「約束します」と言われたら必ずまたこのコンサート会場で会えると信じて疑うこともなく。

まるで気持ちは10代のようでした・・・当時は。

そんな当時は風邪に例えると一番高熱の状態にいたようです。

ファンクラブの会費も更新手続きをしなくとも自動継続のお得プラン(果たしてお得だったのか)に切り替えたものです。

誰かに熱を上げる、いわゆる推しがいる時は、自分の中にエネルギーが湧き上がるから元気が出ます。

特に更年期を迎えて辛くなってくる時期は、こうやって推しを作ってでも乗り切るべきだと思います。

思い込みでもいいし、自分にとってプラスになるなら、お金をかけて元気を買うようなものです。

なにしろ好きになっているから楽しくて仕方ない。

やりたくない運動やストレッチなんかより、効果はあるはずです。

いざ再稼働!

そして無事に6人が兵役を終えて待ちに待ったアルバムも発売されてコロナという以前にはなかった状況の中でカムバックを果たしました。

6人が揃った姿を見られただけで、嬉しさは当然ありましたがどこか自分の中に冷めた部分がありました。

新しいアルバムでの活動期間が終わり、その後は私の推しのボーイズグループは個々人の活動予定がぎっしり詰まり気味。

確かに一度アルバムは出したけれど、どうも6人揃うのはこれからは難しい模様になりつつあります。

その時に「兵役から復帰して6人揃っての活動」を彼らなりに果たしたのだと悟りました。

「約束」はここまでなんじゃないだろうか?と。

コロナのせいもあるかもしれません・・・。

思っていたような活動再開とは行かないものですね。

5年の間に沢山のボーイズグループがデビューして新しい芽がどんどん出て来る韓国の音楽界。

それに一番大きなことは彼らも成長していることです。

年月を重ねるうちにやりたいことや、それぞれの方向性が出てくることは当然だと思います。

私自身にしても時間と共に成長というか、心は成長、体は少しずつ劣化しているのです。

昔と同じことを要求するのは、時間が止まっているはずはないのだからおかしな話ですものね。

K-POPへの情熱

推しのボーイズグループを好きになっていた期間よりも、兵役期間で待たされた期間が長かった私のK-POP人生。

後悔はしていませんが、人生はこんなものではないかな?と思っています。

今でもそのボーイズグループは好きですが、情熱には波があり高い波はもうとっくに終わって静かに見守る穏やかな波へと変化したようです。

色んなものに興味を持っては、いつのまにか自分の中のブームが過ぎ去っていくのが人の(私の?)生き方かなぁ・・・などと思っています。

時間は止まらずに過ぎていくので、私自身も推しのボーイズグループも変わって行きます。

今、この時も数分過ぎては過去になります。

それにしても推しのボーイズグループの弟分となるグループが今、とても魅力的であのB〇Sに匹敵する才能があるように思って見ています。

そしてまた懲りずに…とはならないと思います。

K-POP関連グッズを買う意気込みはありません。

最近はもっぱらパソコンの画面から応援しています。

タイトルとURLをコピーしました