頻繁に食べるのは体に悪い!?大量に買ってはいけない鯖の缶詰

スーパーに行くと鯖、鮭、シーチキンなどの魚の缶詰がたくさん陳列されていますよね。

安価で長期保存ができ、体にも良いからと頻繁に買っている方は多いのではないでしょうか?

 

でも買いすぎは良くないですよ。

今回の記事では、鯖の缶詰を大量に買ってはいけない理由を解説しています。

健康でいたいなら、鯖の缶詰の購入は減らしてみることをおすすめしますよ

鯖の缶詰を買ってはいけない理由

体に良いイメージがある鯖の缶詰ですが、実は以下のようなデメリットがあります。

カロリーが高い

鯖の水煮の缶詰は1缶で約360kcalです。

茶碗中盛り1杯のご飯で約240kcal、4枚切りの食パン1枚で約238kcalであることを考えると、意外と高カロリーであるといえます。

健康に良いからと鯖の缶詰を使った一品をおかずに副菜、ご飯まで食べてしまうと、かなりの高カロリーですので要注意です。

動脈硬化などの危険性がある

鯖の缶詰には、DHAやEPAなどの成分が含まれているから積極的に食べているという方も多いのではないでしょうか。

もちろんDHAやEPAは血栓を予防したり、中性脂肪を減らしたりする効果があり積極的に摂取したい成分です。

しかし、1缶に含まれる含有率は全体の2割程です。

 

中身のほとんどはただの脂質なので毎日食べ続けていると、食生活によってはかえって逆効果ですよ

鯖の缶詰を食べていれば、健康でいられるわけではありません。

動脈硬化の要因の一つになりかねませんよ。

セレンの摂り過ぎになる

鯖には抗酸化作用のあるセレンという栄養素が含まれています。

免疫力を高め、アンチエイジングにも効果が期待できるとされています。

 

セレンは缶詰の中にも多く含まれており、実は1日の推奨量の約3倍も含まれているんです。

しかし、セレンを摂り過ぎた場合に以下のような症状が現れることがあります。

 

  • 胃腸障害
  • 下痢
  • 脱毛
  • 疲れやすさやイライラ
  • 爪の変形
  • 末梢神経障害
  • 皮膚症状

セレンは、サンマやアジなどの魚、パスタやパン、豆腐や納豆などのさまざまな食品に含まれています。

鯖の缶詰を1缶全部食べるのであれば、その日の献立も気にしたほうが良いですよ。

毎日1缶を食べるなんてことは、しない方が良いでしょう

鯖以外の缶詰も買ってはいけない理由あり

鯖以外の魚の缶詰も大量に購入しない方が良いです。

ツナの缶詰には水銀が含まれている

サメやマグロなどの大型の魚には、水銀が多く含まれています。

なぜかというと海の中では、自然に含まれた水銀入りのエサを小魚が食べます。

その小魚を食欲旺盛な大型の魚が食べるという食物連鎖があり、水銀の含有率が大型の魚は高いとされているからです。

ツナの原材料はマグロですので、水銀が少なくはないと考えた方が自然です。

 

実際、水銀がどの程度含まれているのか国内外でも調査をした機関があり、たくさん食べても問題無い結果が出ているので安心ではあります。

しかし一方で、アメリカでは健康に良いからと週に10個もツナの缶詰を食べ続けた男性がいます。

その男性が胸の痛みを感じて病院に行くと、血液検査で異常な値の水銀が検出されたという事例があるんです。

 

また、マグロに含まれる水銀量も年々増えているので、ツナを頻繁に食べるのは控えた方が良いですよ。

 

ツナが大好きなのであれば、カツオが原材料のツナを食べることをおすすめします。

カツオはマグロと比べると、かなり小さめで寿命も5分の1ほどの短さです。

そのため、水銀量も少ないです。

 

なるべくカツオが原材料の缶詰を選び、偏らない食事を意識すると良いですよ。

どんな缶詰にもBPAが含まれているから

缶詰の内側には、錆びを防ぐための塗装がされています。

塗装剤の中にビスフェノールA(BPA)という環境ホルモンがあり、溶け出しています。

 

ビスフェノールAは胎児や乳幼児に影響するとのことで、実は厚生労働省でも妊婦などに注意喚起しているんです。

避けたい環境ホルモンですので、企業ではビスフェノールA対策の努力をしています。

 

マルハニチロでは、BPAの低減やフィルムラミネートの採用などを行っているとホームページに記載がありますよ。

しかし、ホームページにBPA対策をしているという記載は缶詰を扱う全ての企業にあるわけではなく、完全に避けることはできないのが現実です

 

ですので、どんな缶詰も非常時用のつもりで購入しておき、時々食べる程度にしておくと良いでしょう。

おすすめの鯖の缶詰

鯖の缶詰はもちろん、どんな缶詰も頻繁に食べるのは良くないです。

長期保存させるために添加物が多く含まれる食品も、体には良くありません。

そこで、どんな鯖の缶詰を購入したら良いかですが、原材料に鯖以外の記載がないものを選ぶのがベストですよ。

 

例えば、伊藤食品の「美味しい鯖水煮 食塩不使用」ですが、原材料は鯖のみです。

食塩、化学調味料が不使用でありながら、賞味期限が約2年もあります。

こういった無添加の缶詰をある程度買っておき、時々食べることをおすすめしますよ

また、鯖の缶詰の中には、醤油や味噌などで味付けをされたものもあります。

味付けがされていることで塩分濃度が高く、添加物も混ざりやすいので選ばない方が良いですよ。

まとめ

体に良い栄養が含まれる鯖の缶詰ですが、非常食としてある程度、買っておくのは良いでしょう。

体に良いからといって安易に大量に買って、毎日食べることはおすすめできません。

最初から、無添加の缶詰を選ぶなどして、適度に食生活にとり入れてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました