買ってはいけないスーパーのお惣菜!その理由を解説

コンビニのお惣菜よりも、スーパーのお惣菜のほうが安全で美味しいと考えている人は多いです。

スーパーは日常の食材の宝庫ですから、そこで作られるお弁当やお惣菜は、おいしいと考えるのは当たり前ですよね。

しかし、忘れてはいけないのが、スーパーだって利益を出さなくてはいけないということです。スーパーにとっての食品ロスすなわち売れ残りは、スーパーの存続にかかわるわけですから、極力抑えたいのは当然のことです。

私たち消費者は、自分の身は自分で守らなくてはなりません。

食材の鮮度

スーパーで買い物をするときに、何に気を付けていらっしゃいますか?

賞味期限、原産地、遺伝子組み換え、お値段など、いろいろあります。消費者は、大抵同じところをチェックしていますから、売れ残ってしまう商品は大体想像がつくと思います。そうです。この売れ残りこそが食品ロス、すなわち赤字の大元なのです。

売れ残り商品や古い商品をそのまま捨てるのはもったいないと考えるのは、スーパーの人も主婦も同じです。一部のスーパーはこのもったいない商品を加工して、お惣菜やお弁当に使用するわけです。

腐るのが早い、お魚・お肉・野菜はもちろん、古米もチャーハンや炊き込みご飯にしてしまえば、色も香りも美味しそうに変わります。

特に注意が必要なのは、揚げ物です。

自宅のキッチンで揚げ物を作るのは、嫌だと感じる主婦の方は多いです。理由は簡単で、台所が汚れる、油の後片付けがめんどくさいなどが挙げられます。揚げ物は、スーパーのお惣菜しか食べないというご家庭も多いでしょう。

しかし、この揚げ物に必要な揚げ油の使いまわしの程度が肝心です。ご家庭でも1回だけの調理で揚げ油を捨ててしまうことはないですよね。

使い終わった油は、あぶらこし器でこして、冷めてから専用の保存容器に入れ、冷暗所で保存が必要です。

できることなら、1回ごとの使い切りがおすすめです。

古くなりすぎた油は、臭ったり粘り気が出たり酸化が進んでしまいます。この酸化が進んだ油は体にとっては、老廃物と同じです。日常的に摂取し続けると、大きな病気にも繋がりかねません。

スーパーでは、揚げ物は色の薄い天ぷらから揚げていく場合が多いです。油の汚れがないうちに色の薄い天ぷらを揚げて、商品への色移りを防ぐためです。

添加物

スーパーで売られているお惣菜は、そのスーパーで作られているものもありますが、お惣菜を作る業者からスーパーが仕入れて販売しているものもたくさんあります。その場合は、工場で大量生産され、各スーパーへパック詰めされた状態で運搬されます。

大量生産された商品は、美味しそうに見えるものと、まずそうに見えるものに差があっては、売れ残りにつながってしまい、スーパーにとっては都合が悪いです。

商品を均一に美味しそうに見せるためには、着色料や漂白剤が必要になります。

また、日持ちを長くさせるために、保存料や防腐剤が使われます。もちろん、国が定めた基準内での量だと思いますが、毎日のようにお惣菜を食べるのは、健康に良いとは言えませんね。

もちろん仕入れたお惣菜だけではなく、スーパーで作られたお惣菜にも添加物は使われています。

すべての添加物が悪いというのは乱暴ですが、注意が必要です。

衛生面

揚げたてのコロッケやとんかつは、本当においしそうですよね。

最近はコロナの影響で包装されずにそのまま置いてあるパンやコロッケなどは減りました。

このむき出しで陳列されているお惣菜は、二つの危険があります。

一つ目は、もちろん、衛生面での問題です。虫がとまる可能性もありますし、中には常識のない消費者が触る可能性もないとは言えないでしょう。

二つ目は表示の問題です。通常、食品には名称や原材料、賞味期限などを表示する表示義務が定められています。しかし、容器包装されないで販売されるお惣菜にはこれらの義務が不要なのです。
これは、対面販売を前提としているため、店員にわからないことは確認できるという理由からです。一人暮らしの食卓にとっては、少数購入できるので便利ですよね。しかし、家族に持病を抱える人がいたり、アレルギーを持っている人がいたりする人にはお勧めできません。

DSC_0001

濃い目の味付け

スーパーに限らず、お弁当の味付けは濃い目のほうが長持ちします。また、調味料でしっかりと味付けをしておけば、食材の本来の味が、多少劣っていても気にならなくなるのです。

更に、濃いめの味付けのほうがお客様の満足感が得られます。

濃い目の味付けは、カロリー過多につながりますから注意が必要です。

DSC_0003

まとめ

私もスーパーのお惣菜は大好きで、よくお世話になっています。手早くおいしいものが食べられるお惣菜は、忙しい人の味方です。スーパーで買う食料は、安心安全であってほしいと願わない消費者はいません。

食品に関する偽装や改ざんの事件は、後を絶ちません。食品の安全を守るため2022年4月には、食品表示基準が改訂されました。少しでも食を取り巻く環境が良くなってほしいと考えているのは、国も同じなのです。

私が通う、近所のスーパーでは夜の7時にお惣菜とお弁当に半額のシールが貼られます。

7時30分に行くと、お惣菜とお弁当のコーナーは空っぽです。毎日売り切れているということは、使いまわしがないということで私は、安心してお惣菜を買うことができます。

タイトルとURLをコピーしました