買ってはいけない布団乾燥機とは?その理由と選び方を紹介!

私たちの良質な睡眠に欠かせない布団。

快適な睡眠のために、晴れた日には布団を干してカラッと乾燥させたいものですが、なかなかそうはいきませんよね。

「布団がジメジメするけど、連日の雨で外に干せない…」

「天気は良いけど、花粉のせいで外に干したくない…」

そんな悩みを抱えた人にぴったりな家電製品が、布団乾燥機です。

布団の中に熱風を送ることで、湿気を飛ばして布団をカラリと乾燥させてくれます。

ダニ対策にも効果的です。

また、寝る前に使うことで布団をあらかじめ温めておくこともできます。

一年を通して使うことができる便利な布団乾燥機ですが、種類や製品ごとに特長があり、自分に合っていない製品を選ぶと使い勝手が悪くて困ってしまうこともあります。

せっかく買うのなら、自分に合ったものを選びたいですよね。

買うべき布団乾燥機・買ってはいけない布団乾燥機をお伝えしていきますね。

布団乾燥機の種類とメリット・デメリット

布団乾燥機は布団に熱風を送って乾燥させる家電製品ですが、大きく分けて2つのタイプがあります。

それぞれの特徴とメリット・デメリットを確認していきましょう。

マット無しタイプ

布団乾燥機のノズルを敷布団と掛け布団の間に差し込み、布団の中に直接熱風を送ることで乾燥させます。

メリットは、手間がかからず簡単に使うことができるという点です。

ノズルを布団に差し込むだけなので、すぐにセットすることができます。

小まめに布団をメンテナンスしたい人にとって、手軽に使えるというのは大きなメリットですね。

その手軽さから、最近の布団乾燥機はこの「マット無しタイプ」が主流となってきています。

デメリットは、熱風が布団全体に行きわたらず隅が温まっていないことがあるという点です。

ダニ対策に使う場合、熱風が届いていない箇所があるのは困りますね。

マット有りタイプ

次に紹介するのはマット有りタイプです。

敷布団と掛け布団の間に付属のマットを敷き、マットにノズルを差し込んで使います。

マットの中に熱風を送り込み温めることで、布団を乾燥させます。

メリットは、布団の隅まで温めることができるという点です。

マットを布団の隅まできちんと敷けば、熱が布団全体に行き渡ります。

ダニ対策に効果的ですね。

デメリットは、マットを敷いたり畳む手間がかかるという点です。

準備に手間が掛かると、使うのがおっくうになってしまいますよね。

また、マットのサイズが自分の使っている布団に合っていないものを選ぶと、布団全体を除湿することができないので注意が必要です。

便利な機能にも注目!

布団乾燥機は、その名前から布団を乾燥させるためだけの家電製品だと思われがちですが、実は他にも便利な用途があります。

製品を選ぶ時の参考になるように、他の使い方も紹介しますね。

洗濯物を乾かす

布団乾燥機の熱風で、室内干しの洗濯物を乾かすことができます。

布団乾燥機はコンパクトなので、部屋に置くときに場所を取らないのも嬉しいですね。

衣類乾燥にも使いたい場合は、洗濯物に向けてノズルを固定できるかを確認しておくといいですよ。

靴を乾かす

雨などで靴が濡れてしまい、なかなか乾かずに困った経験はありませんか?

布団乾燥機は、実は靴を乾かすこともできます。

靴を乾かすためのアタッチメントが付いた機種を選べば、両足同時に乾かすこともできますよ。

また、アイリスオーヤマの「ふとん乾燥機カラリエ FK−W1」は、ノズルが2本付いているため靴を両足同時に乾かせるのはもちろんのこと、付属の「くつ乾燥ノズル」を使えば2足同時乾燥も可能になります。

ツインノズルでスピード乾燥ができ、布団も2組同時に乾燥させられたりと便利な機種です。

布団乾燥機のランキングでもよく見かける人気機種で、おすすめですよ。

ヒーター代わりとして

足元が冷えるときに、ヒーター代わりとして使うこともできます。

布団乾燥機は持ち運びにも便利なため、好きな場所を気軽に温めることができますね。

洗濯物を乾かすときと同様に、ノズルの向きを固定できるかを確認しておきましょう。

買ってはいけない布団乾燥機とは?

布団乾燥機を選ぶ時は、手軽に使えることを重視するのか、乾燥機能を重視するのかで、買ってはいけないタイプが変わってきます。

それぞれ確認してみましょう。

手軽に使いたい・頻繁に利用したい人

布団乾燥機を手軽に使いたい、日々のお手入れのために頻繁に使いたいという人は、マット有りタイプは買ってはいけません

準備に手間がかかるため、頻繁に使用するのに不便です。

手軽に使えるマット無しタイプがおすすめですよ。

しっかり乾燥させたい・ダニ対策もしたい人

布団を四隅までしっかりと乾燥させたい、ダニ対策に使いたいという人は、マット無しタイプは買ってはいけません

布団の隅まで乾燥させられないことがあります。

しっかりと除湿できるマット有りタイプがおすすめですよ。

その際、自分が使っている布団と、付属のマットのサイズが合っているかをきちんと確認してくださいね。

まとめ

布団乾燥機の種類とメリット・デメリットを中心にお伝えしました。

「マット無しタイプ」「マット有りタイプ」の2種類があり、その人の使い方によって買ってはいけない機種が違いましたね。

布団乾燥機は、布団を乾かすだけではなく他の用途でも使える便利な家電製品です。

自分に合った機種を選んで、生活の中に取り入れていけるといいですね。

参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました