LINEMOを買ってはいけない?【メリット・デメリットを解説】

今回は若年層から注目を集めている「LINEMO」についての記事となっております。

  • LINEMOへの乗り換えを考えている
  • スマホ台を安くしたい
  • 他の格安SIMと何が違うのか知りたい

本記事は上記の方に向けた内容となっています。

数ある格安SIMの中でも、多くの人々から人気を集めているLINEMO。

とはいってもLINEMOがどういうものなのか知らない方が多いでしょう。

本記事では、LINEMOのメリット・デメリットを解説しているので、契約する前に確認してみてください。

LINEMOって?

LINEMOとは、2021年3月17日に導入されたソフトバンクのオンライン専用ブランド

女優の本田翼さんが出演しているLINEMOのCMを、見たことがある方も多いのではないでしょうか。

LINEMOは、月額料金が安いこととLINEギガフリーが特徴的で、20代~30代の方に人気の格安SIMです。

また、ソフトバンクが提供している格安SIMには、LINEMO以外にY!mobileがあります。

LINEMOとY!mobileの大きな違いとして挙げられるのがサポート面。

Y!mobileでは店頭・電話・チャットすべてのサポートを受けることができますが、LINEMOではオンラインサポートのみに対応することで、低価格を実現させています。

このように、運営元は同じでもサービス内容が大きく異なるため混同しないように注意しましょう。

記事の最後に、LINEMOとY!mobileのサービス比較もしているので、どちらを契約するか迷っている方は確認してみてください。

LINEMOのメリット7つ

それではさっそくLINEMOのメリットを解説していきます。

LINEMOのメリットは主に下記7つ。

・月額料金が安い
・高速通信が可能
・LINEギガフリー
・5Gに対応している
・通話オプションが2種類から選べる
・テザリング無料
・キャンペーンが豊富

では、1つずつ見ていきましょう。

月額料金が安い

LINEMOでは、データ容量が3GBまでのプランと20GBまでのプランが用意されており、それぞれの月額料金は下記となっています。

ミニプラン スマホプラン
データ容量 3GB 20GB
月額料金 990円(税込) 2,728円(税込)

上記から分かる通り、ミニプランはなんと990円(税込)。

破格の料金で話題になっている楽天モバイルと比較してみても、3GBまでのプランであればLINEMOの方がおトクにスマホを持つことができます。

また、スマホプランに関しても20GBも使えて3,000円かからないのはかなりお財布に優しいですね。

高速通信が可能

LINEMOのメリットとして、高速通信が可能であることも挙げられます。

「月額料金が安くなっても通信速度は落としたくない」という方がほとんどですよね。

LINEMOは、ソフトバンクと同じ回線なのでキャリアと変わらない速度で通信が可能です。

そのため、今キャリアを使っている方でも安心して乗り換えることができるでしょう。

LINEギガフリー

LINEギガフリーは、LINEMOの最大のメリットです。

「そもそもLINEギガフリーってなに?」という方もいると思うので、詳しくご説明しますね。

LINEギガフリーとは、LINEアプリ内で行うトーク・通話・タイムライン投稿など、サービスの利用時にデータ通信量を消費しない機能を指します。

つまり、データ容量を気にせず、LINEでトークや通話ができるということ。

通常、LINEでメッセージを送ったりビデオ通話をするとデータ通信量を消費してしまいますよね。

そのため、何をするにも速度制限がかからないよう気を使う必要がありました。

しかし、LINEMOであればLINEアプリ内の機能を思う存分使用することができます。

普段メッセージや通話をLINEですることが多いという方にとっては、LINEギガフリーは魅力的なサービスと言えますね。

5Gに対応している

LINEMOは、4Gはもちろんのこと5Gにも対応しています。

5Gに対応している端末+5G対応エリア内の条件が揃っていれば、高速通信が可能に。

LINEMOの5G対応エリアは下記よりご確認ください。

現在はまだ対応エリアが限定的ですが、今後少しずつ拡大されると考えられます。

通話オプションが2種類から選べる

LINEMOでは、「通話準定額」もしくは「通話定額」の2つから、自分に合った通話オプションを付けることができます。

通話準定額:5分以内の国内通話であれば何度かけても月額550円(税込)のオプション
定額通話:国内通話であれば時間制限なく何度でもかけられる月額1,650円(税込)のオプション

お店の予約や家族との連絡はスマホの電話を使うという方が多いのではないでしょうか。

しかし、頻繁に電話を使うわけではない方や長電話をしない方からすると、月額1,650円(税込)のオプションは少し高く感じますよね。

そんな方には、5分以内であれば何度かけても定額の「通話準定額」がおすすめ。

定額なので毎月の請求額が変動するという心配はありません。

そのため、「スマホの電話を使用することが多い」という方は、通話オプションをつけておくと安心でしょう。

テザリング無料

テザリングが無料で利用できることも、LINEMOのメリットと言えます。

外出先でパソコンを使用するという方であれば、テザリングが無料というのは魅力ポイントでしょう。

しかし、契約データ量が上限となるため、オーバーすることのないよう注意してください。

キャンペーンが豊富

LINEMOは、あらゆるキャンペーンを利用することができる点もメリットと言えます。

2022年5月4日現在、開催されているキャンペーンを一部ピックアップしました。


<画像元:LINEMO>【LINE MUSIC6カ月無料キャンペーン】
通常であれば月額980円(税込)のLINE MUSICが、LINEMO契約者は6か月間無料になるというキャンペーン。
LINE MUSICは、約85,000万曲が聴き放題のサブスクリプションなので、6か月間無料というのはかなりおトクですね。

<画像元:LINEMO>【LINEスタンプ プレミアムポイントバックキャンペーン(スマホプラン加入者限定)】
LINEMOでスマホプランを契約のうえ、プレミアム(ベーシックコース/デラックスコース)に加入中であれば、LINEポイント240ポイントを毎月もらえるというキャンペーン。

<画像元:LINEMO>【PayPayポイントあげちゃうキャンペーン】
他社からLINEMOのスマホプランに乗り換えることで、10,000円相当のPayPayポイントが付与されるキャンペーン。

LINEMO公式はこちら
LINEMO

LINEMOのデメリット7つ

次に、LINEMOのデメリットを解説します。

LINEMOのデメリットは主に下記7つ。

・スマホをセットで購入できない
・データ容量の繰り越しができない
・家族割/おうち割光セットの割引を受けられない
・店頭や電話でのサポートを受けられない
・キャリアメールが使えない
・データ無制限プランがない
・17歳未満は契約できない

現在、LINEMOへの乗り換えを考えている方は、事前にデメリットを確認しておくことが大切です。

1つずつ細かく説明するのでチェックしてみてください。

スマホをセットで購入できない

LINEMOでは、SIMもしくはeSIMのみの販売しかされていません。

そのため、LINEMOを契約する際は、事前に端末を用意しておく必要があります。

現在使っている端末をそのまま使用する場合はSIMロック解除を、端末を新しくする場合は通販や家電量販店で購入しておきましょう。

なお、LINEMOに対応していない端末もいくつかあるのでご注意ください。

※LINEMOの動作確認端末はこちらからご確認いただけます。

データ容量の繰り越しができない

LINEMOでは、データ繰り越しができないこともデメリットと言えます。

データ容量の繰り越しとは、使いきれなかったデータ容量を翌月に繰り越せるサービス。

そのため「その月によって使うデータ量に幅がある」という方にとっては、少し勿体ないと感じるでしょう。

家族割・おうち割光セットの割引を受けられない

LINEMOはソフトバンクユーザーとしてみなされないため、家族割・おうち割光セットの割引対象外です。

現在、家族割適用中の方やSoftbank光・SoftbankAirに加入している方は、LINEMOに乗り換えると割引が解除されるのでご注意ください。

なお「格安SIMに乗り換えたいけど家族割やおうち割光セットの割引を受けたい」という場合は、LINEMOではなくY!mobileがおすすめです。

店頭や電話でのサポートを受けられない

LINEMOのサポートはオンラインのみとなっています。

そのため、店舗サポートだけでなく電話で相談することもできません

操作に困ったときや故障してしまったときは、チャットもしくはLINEで問い合わせましょう。

キャリアメールが使えない

LINEMOではキャリアメールを使うことができません。

そのため、常にキャリアメールを使っている方にとってはデメリットと言えます。

しかし、近年はGmailやYahoo!メールなどのフリーメールを使うのが一般的になっているので、そこまで不便に感じることはないでしょう。

なお、どうしてもキャリアメールを引き継ぎたいという場合は「キャリアメール持ち運び」という有料のサービスを利用することができます

データ無制限プランがない

LINEMOのデメリットとして、データ無制限プランがないことも挙げられます。

前述したように、LINEMOでは3GBもしくは20GBのプランしか用意されていません。

そのため、家に回線を引いていない方やゲーム・動画の使用頻度が高い方からすると、データ容量が少なく感じるでしょう。

いつもどのくらいのデータ量を使っているのか、お持ちのスマホで確認しておきましょう。

なお、データ無制限プランをお探しの方は楽天モバイルを視野に入れてみてもいいでしょう

17歳未満は契約できない

LINEMOは17歳未満だと、契約者になることができません。

17歳未満の方がLINEMOを使う場合は、親権者に契約してもらい使用者登録をすることで使用できるようになります。

LINEMOに向いている人・向いていない人の特徴

ここまでお伝えしてきたLINEMOのメリット・デメリットを踏まえ、LINEMOに向いている人・向いていない人の特徴をまとめました。

LINEMOに向いている人
・通信速度が速い格安SIMをお探しの方
・LINEのトークや通話機能をたくさん使う方
・申し込みや契約、初期設定などを自分でできる方
LINEMOに向いていない人
・20GB以上のデータ容量が必要な方
・家族でSoftbankの割引を受けている方
・店舗や電話でのサポートが必要な方

LINEMOとY!mobileのサービス比較

最後に、LINEMOとY!mobileの比較をしてみました。

なお、下記表に記載のサービス以外にもいくつか違いがあります。

LINEMO Y!mobile
データ容量 3GB・20GB 3GB・15GB・25GB
月額料金 990円(税込)~ 2,178円(税込)~
割引 家族割・おうち割など
国内通話オプション 通話準定額
通話定額
だれとでも定額
スーパー誰とでも定額
留守番電話 無料
テザリング 無料 無料
LINEギガフリー
Yahoo!プレミアム 無料
5G
eSIM
データ繰り越し
端末販売

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました。

今回の内容をおさらいしておきましょう。

▶LINEMOって?

LINEMOのメリット7つ
・月額料金が安い
・高速通信が可能
・LINEギガフリー
・5Gに対応している
・通話オプションが2種類から選べる
・テザリング無料
・キャンペーンが豊富

LINEMOのデメリット7つ
・スマホをセットで購入できない
・データ容量の繰り越しができない
・家族割/おうち割光セットの割引を受けられない
・店頭や電話でのサポートを受けられない
・キャリアメールが使えない
・データ無制限プランがない
・17歳未満は契約できない

▶LINEMOに向いている人・向いていない人の特徴

▶LINEMOとY!mobileのサービス比較

いかがでしたか?

格安SIMを提供している会社は数多くあるため、どれにすべきか悩んでいる方も多いでしょう。

今回お伝えしたLINEMOのメリット・デメリットをしっかりと把握したうえで、自分に合った格安SIMを見つけましょう。

少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

LINEMO公式はこちら
LINEMO

タイトルとURLをコピーしました