UQモバイルを買ってはいけない?【メリット・デメリットを解説】

今回はUQモバイルのメリット・デメリットを解説します。

  • UQモバイルへの乗り換えを考えている
  • UQモバイルの知識が浅い
  • 様々な格安SIMを比較したい

本記事は上記の方に向けた内容となっています。

格安SIMは月額料金を抑えられることで話題を集めていますが、種類が多く何がいいのか迷っている方も多いでしょう。

そこで今回は、UQモバイルのメリット・デメリットを細かく解説します。

格安SIMを検討している方は、ぜひ最後までご覧ください。

UQモバイルって?

UQモバイルは、auのサブブランドでありCMでもよく見かける格安SIMのひとつです。

格安SIMで月額料金を抑えながらも、通信速度が早いことがUQモバイルの魅力。

また、格安SIMでは珍しくサポート面も充実しているため、幅広い年齢層の方から人気を集めています。

下記では、UQモバイルのメリット・デメリットを細かく解説していくので、UQモバイルへの乗り換えを考えている方はチェックしてみてください。

UQモバイルのメリット10

それではさっそく、UQモバイルのメリットを解説していきます。

UQモバイルのメリットは下記9つ。

・料金プランがシンプル
・高速通信が可能
・自宅セット割でさらにおトク
・データ繰り越しが可能
・節約モード設定時はデータ消費がゼロ
・対面サポートがついている
・5Gに対応している
・テザリング無料
・通話オプションが3つから選べる
・契約期間の縛りがない

1つずつご説明してきますね。

料金プランがシンプル

UQモバイルのメリットとして、料金プランがシンプルで分かりやすいことが挙げられます。

UQモバイルの新料金プランは「くりこしプラン+5G」のみ。

くりこしプラン+5Gの中にはS・M・Lと3つの種類があり、データ容量の希望に合わせて選択できるようになっています。

くりこしプランS+5G くりこしプランM+5G くりこしプランL+5G
データ容量 3GB 15GB 25GB
月額料金 1,628円(税込) 2,728円(税込) 3,828円(税込)

毎月ほとんど通信量を使わないという方は、プランSを選ぶことでかなりお安くスマホを持つことができるでしょう。

一方、データ容量を気にせず外でもインターネットを使いたいという方は、大容量のプランMもしくはプランLがおすすめです。

通話オプションを3つから選べる

UQモバイルでは、「通話パック」「10分かけ放題」「かけ放題」の3つの選択肢から自分に合った通話オプションを選ぶことができます。

通話パック 10分かけ放題 かけ放題
通話量 60分まで/月 10分まで/回 24時間いつでも
月額料金 550円(税込) 770円(税込) 1,870円(税込)

「かけ放題をつけていても実際はそんなに使わない」という方にとって、通話パックや10分かけ放題が選べることは大きなメリットと言えるでしょう。

また、契約時に60歳以上の方であれば、かけ放題(24時間いつでも)を770円(税込)/月で申し込むことができるのでかなりおトクですよ。

高速通信が可能

UQモバイルは、auの回線を使用するので、通信速度にストレスを感じることはありません。

格安SIMはどうしても「繋がりにくい」「速度が遅い」というイメージが強いですが、UQモバイルであれば高速通信が可能です。

また、UQモバイルのau 4G LTEは人口カバー率が99.9%とかなりエリアが広いため、日本全国どこにいても繋がるでしょう。

以上のことから、通信速度を重視したい方はUQモバイルがおすすめです。

自宅セット割でさらにおトク

UQモバイルは、自宅セット割が適用されれば月額990円(税込)からスマホを持つことができます。

自宅セット割とは、auでんきもしくは対象のインターネットサービスに加入することで、スマホ代が割引になること。

スマホの契約プランによって割引額が違いますが、最大858円/月の割引を受けることができます。

プランごとの割引額は、下記の表をご覧ください。

くりこしプランS+5G くりこしプランM+5G くりこしプランL+5G
データ容量 3GB 15GB 25GB
月額料金 1,628円(税込) 2,728円(税込) 3,828円(税込)
自宅セット割引額 638円 638円 858円
割引後の月額料金 990円(税込) 2,090円(税込) 2,970円(税込)

なお、自宅セット割はUQ学割との併用できません。

データの繰り越しができる

UQモバイルは、データ繰り越しができることもメリットと言えます。

ほとんどの方は、毎月使用するデータ量にばらつきがあるでしょう。

そんな時に、データ繰り越しができれば無駄なくデータ容量を活用することができます。

ただし、繰り越せるのは翌月末まで。

また、データチャージにより追加された容量は、繰り越しの対象外なのでお気を付けください。

節約モード設定時はデータ消費がゼロ

UQモバイルは、節約モードに切り替えることで、データ容量を消費することなく通信が可能

そのため「できる限り月末までデータ容量をとっておきたい」という方は積極的に活用している機能です。

切り替えは簡単に行うことができるので、余計な手間がかかることもありません。

とはいえ、一番気になるのは節約モード時の速度ですよね。

節約モード時の速度は、契約するプランによって異なります。

くりこしプランS+5Gの場合は、最大300Kbps。

くりこしプランM+5G・くりこしプランL+5Gの場合は、最大1Mbps。

300Kbpsや1Mbpsと言われても、イメージが沸かない方もいると思うので、それぞれ何ができるのか一例をご紹介します。

300Kbpsでできること
YouTube動画(低画質)、LINEなどでの音声通話、テキスト中心のSNSの閲覧など
1Mbpsでできること
YouTube動画(中画質)、LINEアプリ内で文章や画像の送受信、WEBサイト閲覧(画像が少ないサイトのみ)など

上記から分かる通り、300Kbpsでできることは意外にも多いです。

そのため、節約モードであっても全く問題なくスマホを使用することができるでしょう。

対面サポートがついている

対面サポートがついていることもUQモバイルのメリットと言えます。

格安SIMは、低価格を実現させるために対面サポートを受け付けていない会社も多いです。

しかし、UQモバイルではサポート体制が整っており、対面サポートや電話サポート、オンラインサポートなどすべてに対応

そのため「店舗で説明を受けてから契約したい」「スマホの操作に慣れていない」という方にはUQモバイルがおすすめです。

5Gに対応している

UQモバイルは、4Gはもちろんのこと5Gにも対応しています。

5Gに対応していることで、大容量動画を短時間でダウンロードできたり、人が多い場所でも安定した通信ができたりと快適にスマホを使うことができるでしょう。

ただし、現在はまだ5G対応エリアが限定的なので、自宅や職場の場所によっては5Gを使えないことも多いです。

今後、さらに対応エリアが拡大される予定なので期待したいところですね。

なお、5G対応エリアは下記よりご確認ください。

テザリング無料

UQモバイルはテザリングが無料ということもメリットと言えます。

テザリングとは、スマホの通信回線を使って、パソコンやタブレット、ゲーム機などをネットに繋げられる機能のこと。

外でパソコンを使う方などはなくてはならない機能ですよね。

他の格安SIMでは、テザリングが有料の場合もあるので、無料で使えるのは大きなメリットでしょう。

なお、テザリングの上限は、契約データ量になるのでオーバーしないよう注意が必要です。

契約期間の縛りがない

契約期間の縛りがないこともUQモバイルのメリットです。

いざ契約してみたものの、自分には合わなかったということも考えられますよね。

UQモバイルであれば、契約期間の縛りがないため解約時に違約金が発生する心配はありません。

UQ mobile
UQ mobile 【ALL CONNECT】

UQモバイルのデメリット3つ

次に、UQモバイルのデメリットを解説します。

UQモバイルのデメリットは下記4つ。

・他の格安SIMに比べると基本料金が高い
・データ無制限プランがない
・複数回線のシェアができない

メリットの多いUQモバイルですが、人によってはデメリットと感じることもいくつかあります。

契約してから後悔することのないよう、事前にチェックしておきましょう。

それでは1つずつご説明していきます。

他の格安SIMと比べると基本料金が高い

UQモバイルのデメリットとして、他の格安SIMと比べて基本料金が高いことが挙げられます。

月額料金の安さを重視したい方にとっては、UQモバイルは少し高く感じるかもしれません。

しかし、メリットでお伝えしましたが、自宅セット割が適用されればかなりおトクにスマホを持つことができます。

データ無制限プランがない

UQモバイルは、データ無制限プランがないこともデメリットと言えます。

テザリングを日常的に利用する方や、外出先で動画を観る方などは、プランLの25Gでも物足りなさを感じるでしょう。

そのため、データ容量を重視している方にUQモバイルはおすすめしません

データ無制限プランがある楽天モバイルや、100GBが上限のahamoを視野に入れてみてもいいかもしれませんね。

複数回線のシェアができない

UQモバイルのデメリットとして、複数回線のシェアができないことも挙げられます。

複数回線のシェアにより、家族間でデータ容量を分け合うことができるため、家族単位でみると月額料金を抑えることが可能に。

しかし、UQモバイルではデータシェアができないので、回線ごとにプランを契約する必要があるわけです。

ただ、UQモバイルであれば最安990円(税込)/月で持てるので、回線ごとにプラン契約したとしても今以上に月額料金を抑えることができるでしょう。

UQモバイルに向いている人・向いていない人の特徴

ここまでお伝えしてきたメリット・デメリットを踏まえ、UQモバイルに向いている人・向いていない人の特徴をまとめました。

UQモバイルに向いている人
・通信速度が速い格安SIMをお探しの方
・スマホの操作に自信がなく店頭でサポートを受けたい方
・毎月使用するデータ量にばらつきがある方
・学生の方
UQモバイルに向いていない人
・25GB以上のデータ容量が必要な方
・家族で回線のシェアをしたい方
・少しでも安くスマホを持ちたい方

なお、月額料金をできる限り安くしたいという方や、データ使用量の多い方には楽天モバイルがおすすめです。

まとめ

最後までご覧いただきありがとうございました。

今回の内容をおさらいしておきましょう。

▶UQモバイルって?

UQモバイルのメリット10
・料金プランがシンプル
・高速通信が可能
・自宅セット割でさらにおトク
・データ繰り越しが可能
・節約モード設定時はデータ消費がゼロ
・対面サポートがついている
・5Gに対応している
・テザリング無料
・通話オプションが3つから選べる
・契約期間の縛りがない

UQモバイルのデメリット3つ
・他の格安SIMに比べると基本料金が高い
・データ無制限プランがない
・複数回線のシェアができない

▶UQモバイルに向いている人・向いていない人の特徴

いかがでしたか?

UQモバイルは使用する人によってメリットがとても多い格安SIMです。

何を一番優先したいかを見極めたうえで契約するようにしましょう。

今回の内容が少しでも参考になれば嬉しいです。

UQ mobile
UQ mobile 【ALL CONNECT】

タイトルとURLをコピーしました