【家で白髪を染めるのはNG】買ってはいけない市販の白髪染め

白髪染めを繰り返して、髪がどんどん傷んできたと感じていませんか?

 

今回は市販の白髪染めのデメリットについて解説していきます。

市販の白髪染めを買うのは良くないことがわかりますよ。

おすすめの白髪の対処法も説明しているので読んでみてください。

市販の白髪染めのデメリット

白髪染めのデメリットは5つあります。

皮膚トラブルになる可能性がある

市販の白髪染めには、パッチテストを行うように指示があります。

その理由として、ジアミンという成分が含まれているからです。

 

ジアミンとは酸化反応によって髪に色をつける染色剤です。

パラフェニレンジアミン、パラトルエンジアミンなど記載されていることが多いですよ。

 

ジアミンが皮膚に触れることで、かゆみやかぶれなどのアレルギー症状が現れるケースが多く報告されています。

なかには、アナフィキラシーショックで呼吸困難になる方もいるので軽視できません。

さらに厄介なのが過去に使用して問題がなかったのに、いきなり症状が現れるケースがあることです。

パッチテストの注意書きに、毎回使用前に必ずと明記されている理由はこのためですよ。

 

継続的に問題なく使用できているから、今後も安心というわけではありません。

市販の白髪染めを使う場合、アレルギーのリスクと隣り合わせであることを忘れてはいけません。

白髪が増える

市販の白髪染めには、過酸化水素水も含まれています。

髪に色を定着させるために過酸化水素水ではありますが、繰り返し使用することで頭皮に蓄積されてしまいます

そもそも黒髪というのは、毛根にあるメラノサイトがメラニン色素を生成することで生えてきます。

その過程で、加齢やストレスなどから生成がうまくいかないと白い髪が生えてしまうのです。

 

アメリカの研究で過酸化水素水の蓄積は、このメラニン色素の生成を妨げるということが報告されています。

 つまり、白髪染めを使い続けると白髪が増えていく結果になるということです。

髪が傷む

髪にはキューティクルが、毛根から毛先まで何枚も皮のよう覆って保護しています。

キューティクルの開いた状態は、パサパサ髪や枝毛や切れ毛の原因となります。

市販の白髪染めにはアルカリ剤が含まれており、髪のキューティクルの皮を開いて内部に染料が浸透するよう働きます。

髪を保護するためのキューティクルを強引に開いて染めるので、髪が傷んでしまう結果となってしまいます

顔が老化しやすい

市販の白髪染めに含まれるジアミンや過酸化水素水は、活性酸素を多く発生させる性質があります。

活性酸素というのは、しみやたるみなどの肌の老化原因となります。

 

肌に付かないように白髪染めをしたとしても、顔の皮膚は頭皮の真下です。

顔の近くの生え際を染めることだってあります。

 

白髪染めを続ければ、活性酸素の影響が顔に現れてもおかしくはないでしょう。

染め残しやムラができる

自分で染めることで、染め残しや色ムラができてしまいがちです。

またそのことで、日をおかずに何回も染めてしまうことになりかねません

ひどい髪の傷みを感じることになりますよ。

おすすめの白髪対処法とは

では気になる白髪はどう対処すればいいか、以下の方法がおすすめです。

美容室で染めてもらう

髪の悩みに対してどう改善できるか、知識やノウハウは美容師さんならご存知なはずです。

美容室で染めてもらえば染め残しやムラがないのはもちろん、髪や頭皮の刺激も抑えられますよ。

そのためには、ヘアカラー後のアフターケアも大事です。

必ずトリートメントもしてもらいましょう

 

頭皮や髪に嬉しい成分が多く含まれていたり、過酸化水素などの頭皮のダメージとなる薬剤がしっかり除去できたり、トリートメント内容は様々です。

 

美容室によって違うので、事前に確認してみると良いですよ。

白髪トリートメントを使う

白髪トリートメントとは、染料の入ったトリートメントのことです。

白髪をカバーしながらトリートメントもできるので髪を健康に保てますよ。

 

白髪トリートメントは白髪を染めるのではなく、色付けをして目立たなくさせる作用があります

そのため、一度では白髪が目立たなくなるほどの色づきはしにくく、色落ちするのも早いというデメリットがあります。

 

しかしそのデメリットゆえに週に1〜2回使用する必要がありますが、髪を傷めることがないのでおすすめです。

白髪染めをしたからといって、染まりきらなかった経験がある方は多いことでしょう。

染まらないからと再度染め直すくらいなら、白髪染めトリートメントを定期的に使っていた方が良いことはお分かりかと思います。

 

また、髪の傷みが気になってヘアマニキュアを使用した経験がある方も多いのではないでしょうか。

 

ヘアマニキュアは、使用時にとても神経を使いますよね。

肌についたら専用のリムーバーですぐに落とさないと落ちません。

知らず知らずのうちに鏡や壁に付いてしまっていたら厄介ですよね。

 

こういう点でも白髪トリートメントなら、肌に付いても石鹸ですぐ落とせてしまいます

 

さらに、必ずしもシャンプー後ではなく入浴前の乾いた髪にも使用できます

放置時間も約10分程で白髪染めよりも時短、バスタイム中に流せてしまうメリットがありますよ。

まとめ

白髪染めの使用はかえって白髪が増えてしまい、肌や体にも良くありません。

そのため、白髪染めトリートメントがおすすめです。

 

ただ、ご自身で全ての白髪をカバーするのは、難しいのも現実です。

髪を切りに美容室に行く際、いつかは美容室で白髪を染めてもらう機会が訪れることでしょう。

 

その場合は白髪が染まりやすくするために、予約の1〜2週間前から白髪トリートメントをお休みすることをおすすめします。

目立つ白髪には白髪用のファンデーションなど、白髪を染めずに隠すタイプの商品などを利用してお休みの期間を過ごされると良いですよ

 

一度、美容室で染めると1ヶ月は白髪に対して何もしなくて良いはずです。

そのため、たまには美容室でも白髪染めをしてもらうことをおすすめします。

 

予約の際に、トリートメントは必ず忘れないようにしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました