買ってはいけない掃除機!その理由は?


今年ももうすぐ終わり。年末といえば大掃除の時期ですね。
掃除で欠かせない家電といえば「掃除機」です。大掃除にむけて掃除機の購入を迷われいる方もいると思います。
いまの掃除機は吸引力が強いもの、コードレス、自動ロボットなどたくさんの種類があります。ただ、高いものだと数万円もする買い物。せっかく買うので失敗したくないですよね。
そんな掃除機の購入に失敗したくないあなたに買ってはいけない掃除機とその理由をご紹介します。

買ってはいけない掃除機は「自分の住まいにあっていない掃除機」

結論からいうと、買ってはいけない掃除機は自分の住まいにあっていない掃除機です!
一人暮らしのひともいれば子供がたくさんいる家庭、一軒家もしくはマンションに住んでいるかなど、世帯人数や住まいの状況はひとそれぞれです。
そのため、自分の住まいにあわない掃除機を避けることをオススメします。
各掃除機の種類とデメリットを理解して、あなたが買ってはいけない掃除機を見極めましょう!

掃除機の種類とデメリット

掃除機の種類は大きく分けると4つあります。
・キャニスター型
・スティック型
・ハンディ型
・ロボット型

キャニスター型

キャニスター型掃除機は昔からあるコロコロタイプの掃除機です。
ゴミを溜める本体の部分を床におき、コロコロと動かしながらホース部分を持って掃除するタイプです。
コンセントから電源をとるため、パワーが強く吸引力に定評があります。
デメリットとしては重い、掃除機の電源プラグを抜き差しするのが面倒、本体の大きさがあるため収納スペースに困ることがあげられます。サイズが大きめで小回りが利きにくくなります。
電源プラグの抜き差しや掃除機の出し入れが面倒なひとや、一人暮らしや家が狭いひとは買ってはいけない掃除機になります。掃除機をセットするまでが面倒になってしまったり、重さが気になって掃除をする気がなくなってしまったら本末転倒ですよね。ちなみに、女性に負担がかかりにくい重さは1〜3キロといわれています。重さや収納スペースの大きさはよく考えて選びましょう。

スティック型

最近よく見かけるようになったスティック型の掃除機。本体とノズル部分が一体型になっていて、電源コードが無くバッテリーを取り付けるタイプです。見た目もスタイリッシュで最近人気な傾向です。

軽くてコンパクトなため、サッと取り出してこまめに掃除しやすい、収納に困りにくいことが特徴です。一見、いい事だらけなスティック型ですがデメリットもあります。
デメリットとしてはキャニスター型よりも吸引力が弱いものが多い、バッテリーの稼働時間がある、バッテリーが一体型なので手元が重く感じる事があげられます。
吸引力が弱くて、途中でバッテリー切れで掃除しきれないことなどを考えると、家が広くて一度に掃除したいひとは買ってはいけない掃除機になります。

・ハンディ型

吸い込み口と本体が一体化してコンパクトにつくられている掃除機です。
片手で操作するもので、車の中、ソファーや机の上など室内の一部を掃除したい時に使われます。
こちらは従来の掃除機で掃除しにくい部分が得意になるので、掃除機は一つあれば十分という方には買ってはいけない掃除機です。
セカンド掃除機として購入するひとにオススメです。

・ロボット型

家の中を自動で掃除してくれるロボットタイプの掃除機です。
代表的な製品としてルンバが挙げられます。結婚のお祝いや二次会の景品でも人気な商品です。
ただ、デメリットとしてはモノが多い家だと隅々まで掃除しきれないことがあります。
床にものを置きやすい人や物が多い家、隅々まで掃除しないと気になってしまう方は買ってはいけない掃除機です。
また、価格がほかの掃除機と比べて高い傾向です。掃除の時間と価格のコストパフォーマンスをよく考えて購入するべきといえるでしょう。

筆者が買ってはいけなかったと後悔した掃除機

この話は筆者の経験談で、実際に買ってはいけなかったと後悔したお話です。
子どもが産まれたため、広めなマンションへ引っ越ししたタイミングで掃除機を買い換えようと思いました。
購入したのは吸引力を全く調べずに、見た目を重視したオシャレなスティック型掃除機。
小さな子どもは食べこぼしが多く、誤飲を防ぐため床をキレイにしておく必要かありました。
結果、掃除回数が多いにも関わらず、吸引力が弱くて何度も吸い直したり、粘着クリーナーやモップで掃除し直すなど二度手間になってしまいました。また、ラグも引いていた為、結局吸引力がとにかく強いタイプに買い換えることになりました。
フローリングでサッと掃除するには良いと思いますが、しっかりと掃除したいひとやラグなどを引いている家は吸引力が弱い掃除機は買ってはいけない掃除機だと身をもって体験しました。

今の住まいにあった掃除機を選びましょう!

今はたくさんの掃除機があって選ぶのも悩んでしまうと思います。
ただ、住まいのライフスタイルは人それぞれです。
いくら良い掃除機でも今の住まいにあってない掃除機は買ってはいけない掃除機といえます。
今の自分のライフスタイルをよく考えた上で買うべきではない掃除機を見極めましょう!

タイトルとURLをコピーしました