買ってはいけない?今話題の飲むタイプの日焼け止め

生活していく上で欠かせない日焼け止め。夏に向けてさらに需要が高まります。
夏だけとは言わず、年中日焼け対策をしている方も多いのではないでしょうか?

そんな中、今話題なのが「飲むタイプの日焼け止め」
今までの日焼け止めの概念を覆し、内服するだけで日焼け対策ができるなんてとっても魅力的ですよね。

しかし、実際のところ本当に効果が期待があるのか気になるところ。
今回は、「飲む日焼け止め」について徹底解説していきます!

飲む日焼け止めとは?

そもそも飲むタイプの日焼け止めとは、「フェーンブロック/ファーンブロック」や「ニュートロックスサン」などの成分が配合されている、飲むだけで日焼け防止効果のあるサプリメント(健康食品)のことです。

「フェーンブロック/ファーンブロック」と「ニュートロックサン」は、主にローズマリーやシダ植物などから抽出した自然由来の成分です。実際のところ、日焼けを防止できるという科学的根拠は証明されていません。

また、主に「抗酸化」を目的としています。紫外線を浴びることで、皮膚の基底層にあるメラノサイトでメラニンが作られます。そのメラニンが酸化して黒くなることを「日焼け」と言います。この一連の流れを抗酸化で防ぐのが飲む日焼け止めの役割です。

余談ですが、発祥はヨーロッパで、日焼けすことで起こる痛みやかゆみ、赤みなどをサプリメントで軽減させようという目的で使用されたのが始まりです。

効果は期待できるのか?

科学的根拠は今のところ証明されていませんが、効果が全くないわけではありません。
期待できる効果は以下の通りです。

★日焼けによる肌トラブルを軽減できる
★目からの日焼けを防げる
★塗るタイプの日焼け止めだけでは不安な場合、併用することでより肌を健康に保てる

期待できる効果として述べましたが、あくまでも肌へ日焼け止めとしての効果は期待できません。
サプリメントとして、塗る日焼け止めにプラスαで使用することが大前提です。

「飲む日焼け止め」ではなく、「日焼けによる肌トラブルを軽減する効果のあるサプリメント」といことです。塗る日焼け止めは使用せず、飲む日焼け止めだけを使用するのは大きな間違いです!

塗る日焼け止めに関する様々な疑問

塗る日焼け止めに関して、果たして良いのか悪いのかますます謎が深まる一方です。次は様々な疑問にお答えしていきます!

Q.飲む日焼け止めの飲み方は?
A.飲んですぐに効果は出ません。一般的に、摂取→消化→吸収まで最低3時間はかかると言われています。そのため、紫外線を浴びる(外に出る)3時間前を目安に服用することをおススメすます。

Q.妊娠中でも服用できる?
A.服用は可能ですが、おススメはできません。そもそも、妊娠中は一般的な薬の服用にも制限があります。飲む日焼け止め(サプリメント)も同様で、胎児に影響を及ぼす可能性がゼロではないので、薬・サプリメントともに推奨はしていません。

Q.副作用はあるの?
A.薬ではなくサプリメントなので、基本的に副作用はありません。しかし、天然由来のハーブを原料としています。そのためアレルギーを持っている方は注意してください。

飲む日焼け止めに関わる様々な疑問について解説しました。
購入を検討している方は上記をぜひ参考にしてくださいね!

おススメの日焼け対策方法

最後に、おすすめの日焼け対策をご紹介します。
日焼け止めの使い方からアフターケアまで、全てご紹介します!

ポイントは4つです。

①日焼け止めは2度塗り・こまめに塗りなおす。
②物理的に紫外線をカットする。
③体の内側からケアする。
④日焼けした後はよく冷やす。

一つずつ解説していきます。

①日焼け止めは使用量を守る・こまめに塗りなおす。
日焼け対策と言えば塗る日焼け止め。1度塗りではなく、2度塗りすることが重要です。2度塗りすることで、塗り残しやムラを防ぐことができます。
また、日焼け止めの効果は2~3時間と言われています。夏場の塗りなおしは汗やメイク崩れが気になりますが、汗や摩擦で落ちてしまうので塗り直しは必須です。
日焼け止めに必ず表記があるSPFPAは、日焼け止めの効果の高さを表すものです。そのため、こまめに塗りなおして効果を持続させることが大切です。

②物理的に紫外線をカットする。
日焼け止めだけではなく、日傘やアームカバーなどで紫外線をカットすることも効果抜群です。
特に、遮光率100%の日傘がおすすめです!サンバリア(https://uv100.jp/)や芦屋ロサブラン(https://www.ashiya-roseblanc.com/)の日傘は遮光率が100%で種類も豊富です。日傘をさすだけで体感温度も格段に違うので、ぜひ試してみてください。

③体の内側からケアする。
ここでおススメなのが、『飲む日焼け止め』です。序盤でも述べたように、サプリメントとして服用することで日焼けを抑制する働きをしてくれます。また、ビタミンCは紫外線による酸化から守る働きをします。シミの原因となるメラニンの色を薄くする効果も期待できるので、特に夏場はビタミンCを意識的に取り入れましょう。

④日焼けした後はよく冷やす。
日焼けしたなと感じたら、なるべく早く冷やしましょう。ほてりを鎮めて炎症を防ぐ効果があります。紫外線を浴びてから数日後に色素沈着が進んでしまいます。それまでの間に冷やすことで、日焼けの進行を止める効果が期待できます。
また、日焼けの後は乾燥した状態なので、保湿ケアも丁寧に行いましょう。

まとめ

今回は飲む日焼け止めについてご紹介しました。
結論、日焼けを防止する効果は期待できません。しかし、塗る日焼け止めと併用することでより日焼けしにくい肌にすることができます。
また、物理的(日傘やアームカバー)に紫外線をカットすること・日焼け後は肌を冷やすことも効果大です。

様々な方法で日焼けを防ぎ、1年中白い肌を保ちましょう!

タイトルとURLをコピーしました