ダイエット食品

オートミールで血糖値が上がるは間違い!?低GI値食品とは【ダイエット食品】

オートミールで血糖値が上がる
男性A
男性A
オートミールで血糖値があがるの?
mu.u
mu.u
糖質の中では上がり辛い部類に入ります。

血糖値の上昇を抑えてインスリン分泌を防ぎ太らない食事を心がけようとしている人に
改めてその仕組みを解説し、低GI食品の必要性について説きます。

この記事を読めば自分で正しい食品を選べるようになること間違いなしです。

糖質制限ダイエットとは言っても不必要に摂らないレベルの糖質制限ダイエットについての解説になります。

ケトジェニックダイエットについては別の記事を参照してください。

オートミールは血糖値が上がり辛い低GI食品

男性A
男性A
GI値って何?低かったらどうなるの?
mu.u
mu.u
GI値は血糖値の上がりやすさを表し、低ければ太りにくい食品と判断できます。

GIとは?

GIは、食品に含まれる糖質の吸収度合いを示し、摂取2時間までの血液中の糖濃度(=血糖値)を計ったものです。オーストラリアのシドニー大学ではグルコースを基準とした場合、GIが70以上の食品を高GI食品 56~69の間の食品を中GI食品 55以下の食品を低GI食品と定義しています。
(出典:https://www.otsuka.co.jp/

低GI食品は血糖値の上昇が抑えられている食品です。

オートミールは低GI食品

冒頭にも述べたようにオートミールは穀物の中でも比較的血糖値が上がり辛い食品です。

ブドウ糖が100だとした時に他の穀物で言うと
白米で84、うどん85、パン95です。

これらは高GI食品に分類され、血糖値が急激に上昇する食品です。

オートミールのGI値は55です。

他の穀物と比べると圧倒的にGI値が低いことがわかります。

GI値が低いからと言って摂取し過ぎは血糖値の急激な上昇を招くので
食べ過ぎには注意しましょう。

血糖値の上昇を抑えてインスリン分泌を防ぐ

男性A
男性A
なぜ低GI食品を食べると太らないの?
mu.u
mu.u
血糖値の上昇によりインスリンが分泌するのを防げるからです。

インスリンを多量分泌すると糖質を体脂肪として蓄積してしまいます。

せっかく脳の働かせるのに必要なエネルギーに変換されるはずの糖質が
本来の使用目的で活用されずに体脂肪になって蓄積されてしまうのです。

そのため、インスリンが分泌される原因である血糖値の上昇を抑える必要があります。

そして、先ほど述べたように低GI食品であれば血糖値の上昇を抑えることができるため
インスリン分泌を防ぐことができ体脂肪の蓄積を防ぐことができるという原理です。

要するに必要な糖質を低GI食品から取れば太り辛くなるということです。

それなら食べない方がいいのでは!?

男性A
男性A
え、糖質なんて取らない方がいいんじゃないの?
mu.u
mu.u
ストイックな糖質制限は並大抵の努力できることではありません。

人間は本来糖質から得られるブドウ糖をエネルギーに変換して
脳を含む身体の様々な部分を動かすガソリンにしています。

しかも中途半端な糖質制限ダイエットは筋肉量も落ちてしまい
かなりみすぼらしい身体になってしまいます。

そういったデメリットもカバーした究極の糖質制限ダイエットである
ケトジェニックダイエットというものも存在します。

ただ、この記事では解説は行いません。

⇒【ケトジェニックダイエットについて

糖質制限で食事を減らせない場合

男性A
男性A
やっぱり米はうまい!減らすなんてできない
mu.u
mu.u
糖の吸収を抑えるタブレットがあります。

吉野家でもサラシア牛丼というメニューがあるのをご存知でしょうか?

このタブレットにはサラシア由来サラシノールが含まれます。サラシア由来サラシノールには、糖の吸収を抑え、食後血糖値の上昇をゆるやかにする機能があることが報告されています。

【サラシアとは?】
腸内でオリゴ糖の分解を促進する酵素(α-グルコシダーゼ)の活性を阻害することが確認されています。この作用により、サラシア属植物抽出エキスを摂取することで小腸での糖の吸収が抑制され、血糖値上昇を抑える効果があることが明らかになっています。
(出典:https://www.fujifilm.co.jp/)

つまり、糖質に対して腸内で働きかける分解酵素であるα-グルコシダーゼの働きを阻害することで
糖の吸収を抑えるというものです。

もう1つ唾液に含まれるアミラーゼに働くサプリメントがあります。

マキシマムストレングス
https://osakadou.cool/

⇒【マキシマムストレングスについて詳しく

味覚が落ちることはありませんので安心して下さい。

またアメリカ製の商品なので、有効成分の含有量が圧倒的におおいため効き目は抜群です。
※アメリカ人は日本人よりも体が大きいため

1つずつでも効果はありますが気になる人はダブルで使用も可能です。

⇒【マキシマムストレングス・3in1・カーボブロッカー
白インゲンエキスがアミラーゼに働き糖質の分解を防ぎます。