減量時の運動法

体重より体脂肪を落としたいなら筋トレしながら有酸素運動がオススメ

体重より体脂肪を落としたいなら筋肉をつけるのが答えになります。

筋肉がつくと体重は重くなりますが、代謝が良くなるので体脂肪が落ちやすくなります。

実際にライザップなどのダイエットの精鋭部隊も同様の方法で痩せています。

体重に捉われず、体脂肪を落としたい人必見の記事です。

是非、筋トレを開始して理想の身体を手に入れて下さい。

筋トレをすることで理想の身体を目指すことができる

体重に捉われず体脂肪を落としカッコいい身体になることを夢見てこの記事を見て下さっていることでしょう。

実は筋トレをすることで理想の身体を目指すことができるのです。

冒頭でも説明した通り、筋肉がつくと体重は重くなりますが代謝が良くなるので体脂肪が落ちやすくなります。

痩せるだけ(体重を減らす)でよければ有酸素運動だけしていれば良いのですが
筋トレをせず有酸素運動をすると筋肉も減るので体重は大幅に落ち痩せていると錯覚します。

実際は筋肉が落ち体重は下がりますが代謝が悪くなり痩せにくい身体が仕上がってしまっています。

身体は萎み体重も減っているのに意外と皮下脂肪が残っているという悲しい結果になります。

皮下脂肪の落とし方

筋トレをすることで体重は増えますが、男らしい身体を維持しながら代謝もキープし痩せやすい状態をつくることができます。

そしてその状況下での有酸素運動が抜群の効果を発揮するのです。

減量期のオススメ筋トレメニュー

減量期のオススメ筋トレメニューは上図のようなbig3の3種目を日を分けて実践するという方法です。

また上図は初心者向けになるので筋トレになれている方やなれてきた方はこれに肩や腕の筋トレも導入していきましょう。

減量期に気を付けないといけない筋トレ方法

減量期のbig3はやり方を間違えると筋肉が減るので、高負荷少回数と聞いて良く分からない方は
上記の筋トレ方法を必ず確認しておきましょう。

有酸素運動前30分は筋トレがオススメ

筋トレを30分程度行ってから有酸素運動を行うようにしましょう。

筋トレを先に行うことでより効率的に脂肪燃焼を行うことができ
かつ筋肉の減少を抑えることができます。

筋トレをすると疲れて有酸素運動なんてできないという人は
ウォーキングもしくはバイクでも構わないので
30分程負荷をかけてみましょう。

また、余裕がある方はランニングも良いですが傾斜をつけてウォーキングを行うことで
じわじわと負荷をかけることができます。

有酸素運動にはカフェインがきく

有酸素運動前にコーヒーなどを摂取することでカフェインの脂肪燃焼作用との相乗効果で
より脂肪が燃えやすくなります。

カフェインが体内に入ってから実際に効果が出始めるのは30分程度かかるので
筋トレを開始する直前に飲んで挑む様にしましょう。

ダイエットコーヒーにも様々な商品がありますので、実際の口コミを参考に選ぶのもお勧めです。

ダイエットコーヒー口コミランキング