減量時の食事法

夜だけ炭水化物抜きダイエットしてるけど痩せない!?その理由を解説

夜だけ炭水化物を抜くダイエットって今も昔もずーっと流行っていますよね。

実際に夜だけでも糖質をとらないようにするだけで3カ月続けて5kgは痩せました。

でもそんな噂はきくのに痩せたことない!!!1という人もいますよね。

実際に私もダイエットを始めて最初に夜位だったら寝る前だし我慢できるかなと思って開始しました。

しかし痩せなかったんですよね。

それで、イライラして結局また食べてしまうということがありました。

今回は過去の私の失敗に基づき失敗する理由を紹介していきます。

夜だけ炭水化物抜きで痩せない理由

朝昼に炭水化物を摂りすぎ
炭水化物抜きの詰めが甘い

まず、朝昼に炭水化物を摂りすぎてる問題。

これ、よくあるのが、夜に食べない分朝昼に食べておこうといって結果的に食べる量が増えていることがあります。

人間は何か甘い方向に進む時に言い訳や逃げ道を作るのがとてもうまい生き物なんです。

【「夜に」炭水化物を摂ることが悪いから朝昼はいい】とか【夜に食べて手た時よりは少し増えるだけだから実質食べてない】とか
それっぽい理由を述べるはずです。

炭水化物抜きの詰めが甘いに関してはおかずで「とんかつ」とかの衣があるものや「ハンバーグ」などのつなぎがあるものを食べている場合です。

これ普通に糖質入ってます。(笑)

ではどうやって改善すればいいのでしょうか。

夜だけ炭水化物抜きで痩せるには

・朝昼に挽回しようとしない
・食品選びにも気を遣う

この2点です。

朝昼に挽回の発想は捨てましょう。

食品選びに関しては覚えるのはなかなか難しいので下記のサイトで検索してたしかめるようにしましょう。

20gを超えると多いな~という感じで50gを超えると完全に多いです。

⇒【食材・料理のカロリーを確認する

そこまでできない場合

実際読んでみて、そこまで意識高くやるのは無理!!と思った人もいると思います。

私も実際そんな日もあります。

そんな日はしっかり食べています。

やよい軒でご飯3杯以上おかわりとかしてます(笑)

それでも太らないのは理由があります。

糖質カットを助けてもらっているからです。

糖質プレミアムダイエットというサプリメントで。

糖質をなかったことにする