簡単解説

内職とは? どんな種類があるの?

在宅ワークとの違い

内職とは在宅で働く仕事の1つで、家内労働法に基づいて報酬や安全など生活に関わる要因が保証されています。
つまり法律で守られている事を意味しており、実際に就業時間や業務内容を明示する家内労働手帳が交付されているほどです。
定義上は「委託を受託し、物品の製造及び加工に従事する事」ではあるものの、その仕事内容はパートやアルバイトに近いところがあります。そのため家計を支える手段として好まれていますが、現代では在宅ワークと混合されがちです。
在宅ワークはライティングやアフィリエイトなどネットを利用した仕事が多く、実際にその定義も「情報通信機器を用いて、利用規約に従ってサービスの提供をする事」となっています。
在宅ワークにしろ内職にしろ家にいながら稼げる点では同じですが、在宅ワークは個人事業者です。つまり法律に守られておらず、全ての労働は自己責任となっています。

仕事の種類

内職の仕事は手作業がほとんどです。
例を挙げるなら封筒の糊付けやボールペンの組み立て、シール貼りで、どれも単純でありながらも根気が必要となります。
他にも挙げるなら賞状の宛名を書く宛名書きや商品の袋詰め、土産品や化粧品を包装する箱の組み立てにブレスレットなどをビーズで作るアクセサリー作りなどです。
基本的にスキルは不要ですが、宛名書きやアクセサリー作りは資格や実績があれば仕事の斡旋はもちろん、高い報酬を得やすくなります。
初心者でも始めやすい内職ではあるものの、高い単価の仕事は限られており、基本的に質よりも量です。すなわち歩合制で、作業した数と報酬単価を掛け合わせた数字が報酬となります。そのため精密な仕事に取り組むか、作業に時間をかけるかのどちらかが内職の仕事スタイルです。
いずれにしてもどの仕事も難しい作業ではなく、斡旋した会社の指定に作業やスケジュールを調整しなくてはならないものの、労働時間にとらわれない自由さがあるので家事や育児を両立したい主婦にうってつけです。

そんな内職は先述したように仕事を斡旋してもらわなくてはならないため、求人サイトで登録して仕事を紹介してもらえるように計ったり自治体の情報を確認したりなど自ら動く必要があります。
求人サイトはともかく、実は内職は自治体でも情報を発信しており、募集中であれば紹介してもらえるのが一般的です。
あとは新聞やチラシによる呼びかけもあるので、常日頃から新聞やチラシのチェックは欠かせません。


Copyright© 簡単解説 All Rights Reserved.