簡単解説

夫婦円満の秘訣とは?

伝え方を考えよう

パートナーと長年にわたって良好な関係性を継続させて夫婦円満になるためには、相手の行動について逐一発言しない事が大事です。

一緒に過ごす年月が長くなるほど気兼ねない付き合いができるようになる一方で、例えば着用していた衣類などを脱衣カゴのような決められた場所ではなく、その場に脱ぎ捨ててしまうなど、相手への気遣いが忘れがちになるものです。
そういった様子を目にすると文句のような言葉を発したくなりますが、口調が強い様子になるほど喧嘩に繋がる可能性も高まるため、できるだけ行った事について発言しないようにしましょう。
行っている事について発言しなければならなくなった時には文句のように強い口調で伝えるのではなく、お願いをするように優しく伝えると良いです。
そのため、いつも脱ぎ捨てている事について文句を言うのではなく、衣類を脱いだ後は脱衣カゴもしくは洗濯機の中に入れてもらえると助かるといった伝え方にすると円満に解決します。

心の余裕を

男性の場合は休日にゴルフなどに出かけて自身の都合を優先する方が居る一方、リビングなどで横になったまま長時間を過ごし続ける方も少なくありません。
リビングなどは家族が共同で利用する空間であるが故に、身体が大きな男性が横になっているとつい一言発言してしまう方も多いですが、心理的に負担に感じる光景を目にした時には発したくなる言葉を飲み込み他の部屋で過ごしたり、雑誌に目を通すなどして見ないようにしましょう。
そのように視界に入る事が無いように過ごすようにすると気持ちに余裕が生まれるようになるので、平日は仕事で疲れているから休日は自宅で自宅でゆっくり過ごしたいのだというように、相手の気持ちになって考えられる余裕が生まれます。
気持ちに余裕が生まれるようになると、相手から一方的に強い口調で発言されたり自分自身の事しか考えていない発言が行われたとしても瞬時に反応してしまう事が予防できます。
余裕が無い時は些細な言動についても気になってしまいやすいので、自分自身の事しか考えていない発言がされた時には言い返してしまい喧嘩に発展するきっかけになりやすいです。
実際には発言の内容がしっかりと耳に入っていたとしても落ち着いて一度自分の中で処理し、何気ない他の会話をして話題を変えるのも良い方法です。

長年一緒に居続けると居心地が良くなりますが、気兼ねなく接する事ができるが故に直接的に伝えてしまったりマイペースで過ごしやすくなる事も事実なので、適材適所で工夫を凝らして人生を歩んでいく事が大事です。


Copyright© 簡単解説 All Rights Reserved.