簡単解説

PTAとは? 本当に必要なの?

本来の意義は

近年PTAの必要性が揺らぎ始めていると言われており、同時にPTAへの参加を拒む保護者も増加傾向にあります。しかしPTAの定義を改めて考えてみると、意外とすんなり出て来ない人の方が多く、何となくで不要論を持ち出している人が多いのも事実です。
そもそもPTAとは何なのか、それは各学校単位で結成された教育組織のことを言います。
保護者や家庭、そして学校との間で協力をし合うことで、子どもたちの安全や円滑な教育を守っていこうというのがテーマなのです。そのためあくまでもその学校に通う生徒を一番に考える必要があり、PTAが存在しているおかげで学校側としても助かっていることが多いわけです。
もしPTAがなくなるとどうなるのか、例えば学校行事を行う際に人手やアイデアが足らなくなったり、登下校の際のパトロールが疎かになる可能性があります。
その他にも保護者が学校で起きた問題の把握をスムーズにできなくなったり、保護者間の関係性が疎遠になることも考えられるでしょう。

必要性は

PTAが活動をしなくなると学校や教職員にそのシワ寄せが来て、それまでにはなかった問題が起こる可能性が生まれます。ところがPTAがないと学校と家庭の関係性も希薄になっているせいで、足並みを揃えて対応することが難しくなるのです。つまりPTAの存在意義は今も大きく、意味はあると捉えるのが自然です。

ただでさえ、今の学校の現場は人手が足りず悲鳴を上げています。もし今後教職員などの数が急速に補充されていくようなことがあれば、無理に保護者や家庭がPTAという組織を作って関わっていく必要はなくなるでしょう。
或いはPTAには役員決めという習慣があり、そこの責任が負担になるという理由で拒む人も大勢います。決して強制参加の組織ではありませんが暗黙のルールで参加せざるを得ないような空気にもなっているため、そうした風習を変えていくことでPTAへの抵抗感を軽くしていくことはできるかもしれません。

子どもを守り学校を守る

とはいえ冒頭でも述べたように、現代ではPTAの本来の役割さえ知らない人が増えています。結局このまま目的意識を知らない人で大部分が構成されていくようであれば、あってもなくても影響のない組織に変わっていってしまうでしょう。
PTAが明確な存在意義を持つためには、他ならぬ保護者や家庭がそれについて真剣に考え、同時に学んでいかなければいけません。子どもを守り学校を守る、そのためには家庭の協力が不可欠です。


Copyright© 簡単解説 All Rights Reserved.