簡単解説

格安スマホとは?

安さの理由は

格安スマホとは文字通り、非常にリーズナブルな価格で利用出来るスマートフォンの事です。いわゆる大手キャリアのスマートフォン契約に比べて、破格の条件で新しい機種が手に入ります。個人差はあるものの、大手キャリアとの契約を結ぶと、月額料金は数千円から一万円位です。一方で格安スマホに乗り換えると、その月々の維持費が半分から四分の一程度まで、コストダウンする事が少なくありません。

格安スマホが非常に安価な理由ですが、大手企業とは異なり、全国各地に専門店を設けていないため、人件費やお店のランニングコストが安く済みます。お店を運営するためには、土地の賃料やスタッフの人件費や光熱費、そして宣伝費などが必要です。格安スマホの運営企業は基本的にネットをメインに、マーケティングとサービス契約を行っています。ランニングコストが大手に比べてほとんどかかっていないため、その浮いたコスト分をユーザーの利益として還元しているのが、格安で契約できる理由です。

機種の選択

また大手キャリアの場合、新規契約と同時にスマートフォンの購入も行わなければならないです。大手ブランドの最新機種が購入できる反面、選べるメーカーや機種の選択肢が少なくなっています。実質的に高級機種のみしか選択肢がない事も多く、スマートフォンにそれ程高いスペックを求めていない方でも、渋々ハイスペックな高級品を契約せざるを得ない、というのが大手キャリアの難点です。

一方で格安スマホの場合、機種購入と回線契約はそれぞれ個別で行えます。回線契約の申し込みだけ行えるのが格安スマホサービス最大の特徴であり、契約によってSIMカードがユーザーに手渡されます。このカードに対応した機種を、個人的に用意すれば新しく高級な上位機種を買う必要はありません。格安スマホは回線契約の月額料金が安価なばかりではなく、初期費用も大幅に安価なのが利点です。

すでに手元にSIMカードに対応したスマートフォンがあれば、新しく携帯電話を買う必要はありません。もちろん格安スマホの企業の方でも、大手キャリア同様に乗り換えの際に、SIM契約と新機種の購入が可能です。大手企業とは対照的に、格安スマホサービスの各社は平均的なマシンスペックのスマートフォンを多く取り揃えています。とりあえず基本的なアプリが使えればOK、通話さえ出来れば十分、マシンスペックよりも本体代金をできる限り安く抑えたい、こういった一般消費者の素朴な需要に格安スマホの企業は応えてくれます。


Copyright© 簡単解説 All Rights Reserved.