活性酸素の基礎知識

活性酸素を無害化させる

身体への害ばかりが目立っている活性酸素についてですが、体内に侵入してきてしまった細菌などを攻撃していく防御機能としての働きも持ちます。

このことからわかるのが、活性酸素というのは、まったく身体に不必要なものでは無いのですが、その攻撃力が高過ぎることで、正常な細胞に対してまで傷をつけてしまうことになるのです。

その段階において活性酸素を無害なものに変化させるために、体内ではサビ止め酵素と呼ばれている抗酸化酵素が存在しています。しかし、あまりにも活性酸素の量が増え過ぎてしまったり、加齢が原因となってこの酵素の働きが弱体化してしまいますと、活性酸素を抑制させることが出来なくなってしまうのです。

40歳を迎えた頃になると、抗酸化酵素というのは徐々に衰えてきますので、活性酸素を増やすことの無い生活を日々送っていくことが大切になってくるのです。

体内に存在し、また活性酸素を無害化してくれる抗酸化物質もあります。夜の睡眠をしている時に多く分泌されることとなる脳内ホルモンのメラトニンについてもその一つとなります。しかし、これらは小量しか分泌されませんので力不足となります。

体のサビを取る食べ物

そこで抗酸化物質を豊富に含んでいる食品を積極的に摂取して、体外から補填してあげる必要があるワケです。これらの抗酸化物質というのは、活性酸素が細胞の電子を奪ってしまうのを防ぐために、活性酸素に対して電子を与えていきます。

電子が与えられた活性酸素というのは、その他の細胞から電子を奪ってまで蓄積する必要が無くなるために、酸化の連鎖を抑制することが出来ます。

また活性酸素の害を抑制させるためには、ビタミンEやC、またβ-カロテンなどといった抗酸化作用が比較的高い食品を積極的に食べることをオススメします。

ビタミンEを多く含む食べ物
アーモンド ひまわりの種 ピーナッツ
ほうれん草 ブロッコリー モロヘイヤ
アンコウの肝 たらこ シシャモ
オリーブ 鰻の蒲焼き アボカド
小麦麦芽 カボチャ 赤ピーマン
焼き海苔 スルメ ひまわり油
ビタミンCを多く含む食べ物
いちご レモン キウイ
パセリ ブロッコリー 大根の葉
小松菜 ほうれん草
カリフラワー 赤ピーマン パプリカ
じゃがいも モロヘイヤ 菜の花
ネーブルオレンジ めんたいこ ぽんかん
β-カロテンを多く含む食べ物
ニンジン パセリ ほうれん草
アシタバ 春菊 小松菜
みかん カボチャ スイカ
しそ バジル モロヘイヤ
よもぎ 大根 ニラ
焼き海苔 わかめ ひじき
こうした食品を食べることにより、老化を遅らせることが出来たり、血管の動脈硬化の進行を抑制させるなど、様々な効果を期待することができます。細胞が活性酸素からしっかりと守られることで、免疫力が向上し、あらゆる病気にかかりにくくなります。

免疫力を向上させるためには、良質のタンパク質を摂取したり、腸内環境を整える作用を持っている食品をきちんと食べることも非常に重要なこととなります。

1日3度の食事において、いろいろな食品を取るように意識していくことで、特に苦労することなく自然と栄養のバランスも整えることができ、その結果免疫力を高めることが出来るのです。