ケトジェニックダイエットの朝食はコーヒーにMCTオイルで決まり

ケトジェニックダイエット 朝食 ケトジェニック食事法

ケトジェニックダイエットでは、朝食は食べずにブラックコーヒーにMCTオイルを少量入れて飲もう。

理由は3つだ。

以下を参照してほしい。

①空腹でエネルギーが枯渇するので脂肪が燃焼されやすい。
②コーヒーに含まれるカフェインに脂肪を燃焼する働きがある。
③MCTオイルは中鎖脂肪酸といい、エネルギーへの変換効率が良い。

つまりこれらは全て脂肪が分解されケトン体代謝を促してくれることを意味している。

これは私だけでなく、ケトジェニックダイエット第一人者でもある山本義徳さんも話している。

一例でコーヒーの有用性についてのツイートを埋め込んでおくので興味があれば飛んでフォローしてみて欲しい。

この記事で私の経験も踏まえて、ケトジェニックダイエットの朝食に関して身近に感じられるよう解説していく。

この記事を読んだ皆がケトジェニックダイエットについて「これをやれば痩せるのか」と思えるところまで情報を届けたいと思っている。

今回は朝食編だ。

朝食のコーヒーの飲み方

まず用意する物を教える。

用意するもの

・マグカップ(300ml入れば十分)
・ブラックコーヒー 好み
・MCTオイル 5~15ml

マグカップは何でもいいが、サーモスなどがオススメ。

耐熱で表面は熱くなく、中は冷めづらいのでゆっくり飲んでも暖かいまま。

ただし!!要注意が淹れたてはめちゃくちゃ熱いので火傷に注意だ!

俺はよく舌を火傷している(笑)

コーヒーに関しては一時期バリスタも使用してたが味の違いがそこまでわからないので辞めた!!

業務スーパーで売っているユニバースターコーヒーダークローストは、200gで420円程で国内メーカーの半分程の値段で購入ができる。

安くて美味しいのでオススメ!

因みに、喫茶店のコーヒーならスタバのブラックコーヒーが一番好きだ。

参考になればと思う。

そしてMCTオイルは下記のものを使用した。

MCTオイル250g 4本セット

750円程で250ml購入が可能だ。

これは他のMCTオイルと比べても比較的安い。

次に飲み方だ。

飲み方

①コーヒーを作る
②MCTオイルを適量コーヒーに入れる
③じっくりかき混ぜて冷めてから飲む

コーヒーはそれぞれの好みで作って下さい。

MCTオイルの適量は初心者1日目5ml(小さじ1杯)を必ず守ること。

3日目くらいまでは5mlでならして後は様子をみながら5ml程度ずつ増やしていけばOK。

俺は15mlだと腹を壊す!

無理はせず、少ない量でも効果はあるので、適量を入れて飲もう。

タイトルとURLをコピーしました