ケトジェニックダイエットで有名人が死んだ!?危険性について解説

ケトジェニックダイエット 有名人 ケトジェニックとは

この記事ではケトジェニックダイエットで有名人がなくなった話を取り上げ、死因とケトジェニックダイエットの危険性について踏み込んで解説を行う。

結論を言うと、関係なしだ。

糖質制限食が原因で死んだと言われている前田健に関して、とても馬鹿げた話なので下記を見て欲しい。

近年は持病の不整脈で通院も多く「心臓が悪い」[11][12]と語るほか、炭水化物と糖分を抜くダイエットを試みるもステーキやラーメンをよく食すなど、食生活の栄養バランスの悪さを気にしていた。
(出典:前田健wikpedia)

炭水化物と糖分を抜くという日本語がまず意味不明なのと、ラーメンをよく食している時点で炭水化物をカットできていない。

これで声高らかに、糖質制限は寿命が減ると主張しているのは、糖質制限が何かわかっていない。

下記を例にあげて紹介していく。

・前田健
・桐山秀樹
・今井洋介

この記事を読めば健康的な心配はないことがわかる。

ケトジェニックダイエットで有名人が死んだ!?

ケトジェニックダイエットで死んだと言われる有名人を3名ピックアップする。

・前田健
・桐山秀樹
・今井洋介

この3名は、ケトジェニックダイエットを行って死んだ有名人として紹介されることが多い3名だ。

平均寿命と比べて早く死んだ3人が糖質制限を行っていたということからケトジェニックダイエットは危険というロジックである。

しかし、この紐づけはかなり馬鹿げていないだろうか?

死因が全て糖質制限によるものなのだろうか?

3名の死因は下記だ。

前田健・・・虚血性心不全
桐山秀樹・・・心不全
今井洋介・・・心筋梗塞

これらの病気は糖質不足によって引き起こされるとは言われていない。

通常の人と異なる特徴があったために、それが原因としているのに違いない。

実際に平均寿命よりも早く死んだ一部の人間がたまたま糖質制限を行っていただけで、全く持って理論的ではない。

ケトジェニックダイエットの危険性はない!?

ではケトジェニックダイエットに全くの危険性がないのだろうか?

一部では悪玉コレステロールが増える場合があると言われている。

ただ一概に悪玉コレステロールが多いから即座に健康に悪影響となるわけではない。

身体がケトーシスの状態に慣れれば、次第に悪玉コレステロールは正常値に戻る場合がある。

もしなかなか戻らない様であれば、ビタミンE、ビタミンBを摂取し改善が見込める。

また、ケトジェニックダイエットで寿命が減るということが前章でも言われており、実験でも示されているという話がある。

しかし実際のところはうさぎやマウスの実験でケトジェニック食は身体悪いことがわかっているだけだ。

うさぎやマウスは草食なので、寿命が減るのは当然だ。

人間の寿命が減る研究結果はない。

むしろ炭水化物の摂取量が多いと寿命が減る研究はあるので、間違えないように。

タイトルとURLをコピーしました