ケトジェニックダイエットで脂肪が燃える!?体脂肪率が激減する

ケトジェニックダイエット 脂肪 ケトジェニック悩み

ケトジェニックダイエットでは勝手に脂肪が燃えるようになる。

食べるものを変えるだけで。

運動いらずでお腹は減らなくなる。

今回この記事ではケトジェニックダイエットがなぜ脂肪を燃やすのかを解説していく。

ケトジェニックダイエットは脂肪を燃やす

ケトジェニックダイエットは脂肪がみるみる燃える。

なぜなら、脂肪を燃料にするダイエットだからだ。

言い換えると、脂肪を燃焼するので中性脂肪が燃焼されダイエットにもなるというのが正しい。

というくらい、身体の仕組みを変えてしまうことで、勝手に痩せるようになるのがケトジェニックダイエットの簡単な仕組みとなる。

どのようにして身体を変えて脂肪を燃やすのか?

それは低糖質、高脂質の食事を行うこと。

食べているだけで痩せる

低糖質、高脂質の食事を食べるだけで痩せるようになる。

低糖質と聞くとあのライザップみたいなきつい食事制限するの?と思うかもしれない。

実際の所残念ながら糖質を摂取することに関してはダイエット期間完全に諦めなければいけない。

しかし、高脂質の食事を摂ることで、脂質から得られるケトン体をエネルギーにして身体を動かすようになるのだ。

そしてケトン体は摂取した脂質ももちろんだが、中性脂肪を分解して得ることができる。

そのため、食事方法を変えて、高脂質の食べごたえのある食事をすることで空腹を感じることなく、運動もすることなく脂肪が燃えるのだ。

体脂肪率ももちろん減る

脂肪が燃えるのでもちろん体脂肪率も経る。

ケトジェニックダイエットは糖質を枯渇させて水分が抜けるだけだと主張する人がいる。

それで体重は減るが、脂肪が減らないので体脂肪率は変わらないと。

それは残念ながら間違いで、そう主張している人はケトジェニックダイエットに成功していないのだ。

これはスカイツリーに行きが、お金のかかる展望台はケチっていかなかったのに、思ったよりスカイツリーからの景色キレイじゃなかったと言っているのと同じだ。

支離滅裂である。

ケトン体代謝に切り替われば脂肪は燃焼されるので、体脂肪率も減る。

ケトジェニックダイエットと脂肪の関係まとめ

ケトジェニックダイエットを行うと脂肪が燃焼される。

水分が抜けるだけだと思っている人はケトジェニックダイエットに成功したことがない。

ケトジェニックダイエットを行おうと思う人は心から「痩せる」ことを信じて実践すべし。

タイトルとURLをコピーしました