ケトジェニックダイエットで頭痛がひどい!?眠気や吐き気も糖質不足

ケトジェニック 頭痛 ケトジェニック悩み

ケトジェニックダイエットの頭痛や眠気、吐き気は糖質が枯渇していることが原因で引き起こされている。

これがケトジェニックダイエットの最大のデメリットであり、難関でもある。

ケトジェニックダイエットを成功させるためには、糖質を枯渇させる必要があり、それを乗り越えてケトン体代謝に切り替えなければいけない。

糖質不足によって起こる様々な症状をケトフルと言い、この記事ではケトフルの乗り越え方を解説する。

糖質不足で起こる悪影響とは?

糖質不足で起こる悪影響には頭痛や眠気、吐き気の他にも倦怠感、疲れやすさなどがある。

冒頭でも解説したが、糖質をエネルギー源としてる体内から糖質が消え去りエネルギー切れになっている状態である。

この状態をケトフルという。

つまり、エネルギーが枯渇したことによる省エネモードで体が動いている状態だ。

もちろんこれが原因で死ぬことはないが、ケトン体代謝に切り替わらなければ大変なことになるのは事実だ。

しかし、糖質が枯渇した判断材料にもなるので、正しくケトジェニックダイエットが進んでいると思って問題はない。

とは言え、この状態が何日も続いたり、続かなくても経験することは嫌だろう。

もちろん対応策はある。

ミネラルを整えるだけでも解消される?

ミネラルを摂取することだ。

糖質不足であることの他に、糖質不足の結果ミネラルも不足しているという根本的な原因があるのだ。

糖質が体内から抜けると、水分が身体から抜けてしまう。

その時に、ナトリウムなどのミネラルが流れ出てしまい身体のミネラルバランスが悪くなり、ケトフルの症状を引き起こしているのだ。

そのため、ケトン体代謝に切り替わるまでの間は特に、料理の味付けに塩や塩コショウをたくさんかけるようにしよう。

それだけでナトリウムはしっかり摂取できる。

それ以外に、カリウム、カルシウム、マグネシウムの摂取が必要だ。

これをしっかり摂取して、ケトフルの症状を緩和させよう。

ケト・サポーターでブーストも可能

因みにケトン体代謝に切り替われば、ケトフルの症状は治まる。

もちろんミネラルが不足している場合は、症状は残る。

しかし、ケトン体代謝に早く切り替われば、エネルギー切れの状態には悩まなくてもよくなる。

そして、ミネラルだけではケトン体代謝に切り替えることを助けてくれるわけではないので、完全にはケトフルをカバーできない。

ここで使用するとケトン体代謝にすぐ切り替えられるのはケト・サポーターである。

ケトン体代謝を促す成分がたっぷり入っているケト・サポーターを摂取するだけで、通常よりもケトン体代謝に切り替わりやすくなり、ケトフルに悩む必要は一切なくなります。

ケトフルにおさらばして、ケトン体代謝に切り替え痩せるのか、糖質不足に苦しみ嫌な思いをしながら結局失敗に終わるのかどちらがいいかは明白である。

 

ケトフル対策まとめ

ケトフルの対策にはミネラルが重要。

カリウム、ナトリウム、マグネシウム、カルシウム

ケトーシスへの移行を早めるならケト・サポーターを使用

これでケトジェニックダイエット成功も夢ではなくなる。

タイトルとURLをコピーしました