ケトジェニックダイエット中いきなりステーキは安心して食べられる

ケトジェニックダイエット いきなりステーキ ケトジェニック食事法

ケトジェニックダイエットをしているならいきなりステーキはかなり強い味方になる。

何を食べるか困ったらいきなりステーキに行こう。

値段は張るので、たまの贅沢になるかもしれないが。

ワイルドステーキなら財布に優しい金額で食事が可能。

ルールは3つだけなので、それだけはしっかり理解して今すぐいきなりステーキへ向かおう。

いきなりステーキ注文ルール3つ

ハンバーグは選ばない

ハンバーグは小麦粉やパン粉などが繋ぎで使用されている。

そのため、かなり糖質が多くなる。

見かけは肉肉しいが、糖質爆弾でもあるので、ケトジェニックダイエットをしているなら食べない方がいい。

絶対にさけるようにしよう。

ライス抜き

当然だが、ライスには糖質はいっぱい入っている。

しかしいきなりステーキではライス抜きが可能に。

問答無用でライス抜きで注文しよう。

コーンはブロッコリー変更

付け合わせでコーンソテーがあるが、ブロッコリーに変更可能だ。

コーンはただの野菜と思っている人もいるかもしれないが、れっきとした穀物だ。

糖質量はかなり多いので、避けた方がいい。

むしろブロッコリーは、おすすめ食材なので積極的に摂取しよう。

いきなりステーキのマクロ栄養素

いきなりステーキの定番メニューの栄養素を紹介する。

リブロースステーキ
グラム数:300
タンパク質:75.2
脂質:52.8
炭水化物:10.6

US産アンガス牛サーロインステーキ
グラム数:200
タンパク質:48.7
脂質:64.4
炭水化物:9.4

豪州産Naruo牧場牛サーロインステーキ
グラム数:200
タンパク質:48.5
脂質:61.4
炭水化物:9.4

ヒレステーキ
グラム数:200
タンパク質:54.3
脂質:28.8
炭水化物:9.4

国産牛サーロインステーキ
グラム数:200
タンパク質:47.5
脂質:67.6
炭水化物:9.4

国産牛リブロースステーキ
グラム数:200
タンパク質:42.7
脂質:79
炭水化物:9.4

ワイルドステーキ
グラム数:300
タンパク質:68.9
脂質:80.2
炭水化物:5.8

ワイルドハンバーグ
グラム数:300
タンパク質:60.4
脂質:75.2
炭水化物:27.9

今脂質がどれだけ足りていないか、タンパク質がどれだけ足りていないかを考えてメニューを選ぶか、問答無用で安いワイルドステーキを選ぶかだ。

因みにハンバーグの炭水化物が多すぎることもおわかりいただけるだろう。

ワイルドステーキが安くておすすめ

何度も言うが、食べられるメニューの中でワイルドステーキが一番安い。

しかし、脂質は80.2とかなり多め。

ガツンと脂質を補給したいならワイルドステーキがおすすめ。

多すぎるなぁということであれば、リブロースステーキなら抑えることが可能だ。

タイトルとURLをコピーしました