ケトジェニックダイエット中のお弁当は!?誰でも簡単に作れる

ケトジェニックダイエット お弁当 ケトジェニック食事法

ケトジェニックダイエット中の昼食は何かと面倒だが、これさえ食べればOKというお弁当を用意することができれば安心だ。

そして、それが誰にでも作れる簡単な物だったら朝からストレスをためる必要がなくなる。

ここでは、ザ適当な私が会社に持って行っているお弁当を紹介する。

その他にもお弁当生活が楽になるテクニックを紹介する。

この記事を読めば、明日からでもお弁当生活が開始できるぞ。

私のお弁当はこんな感じ

私のお弁当の写真。

ケトジェニックダイエット お弁当

因みにクソ適当なので、ジップロックを使用している。

汁がこぼれるのが嫌なのでラップにまいて持って行っている。

早く弁当箱買えよという話なのだが、今の所問題ないのでこのままいく予定だ。

中身はアボカド、スクランブルエッグ、ブロッコリー、鶏もも肉。

アボカドにはMCTオイルをかけて、塩を塗している。
※前までは細かく切ってオリーブオイルと和えていたがこの方が楽(笑)

MCTオイルこぼれれるやん!と思っただろう?

しかし、私は後付けなのだ。

会社に調味料を置いておく

会社に冷蔵庫があるなら、調味料をおいておくと便利だ。

常温でもいいなら、机にでも入れておくといい。

それだけで、お弁当の準備工程を省くことができる。

因みに私が会社に常備しているのは下記3つ。

・MCTオイル
・塩
・コショウ

味気なくてもあまり気にならないので、ケトジェニックダイエット期間は余裕で乗り越えられる。

先ほどのお弁当でいくと、アボカドにMCTオイルと塩、肉やスクランブルエッグにコショウかけて食べる。

因みに、塩分ひどくないか?と思うかもしれないがケトジェニックダイエットでは体内の水分が抜けミネラルが不足する。

この時ナトリウムも不足する可能性があるので、塩分で補う。

因みに塩分が多すぎた時のためにカリウムを摂取しておくとバランスを調整しいてくれる。

カリウムは納豆やアボカド、ほうれん草などに豊富に含まれている。

お弁当に使える食材

野菜は冷凍でほうれん草やブロッコリーがあると楽。

肉系は保存を考えると、蒸し鶏や鶏ハムを作ってると保存がきいてお弁当にも入れやすい。

玉子もスクランブルエッグは工数がかかるのでゆでたまごがオススメ。

簡単にまとめると下記。

【野菜】
ほうれん草、ブロッコリー
【肉】
蒸し鶏、鶏ハム
【卵】
ゆでたまご

これだけでも、楽をしながらお弁当でしっかりお昼もケトジェニックダイエットが可能に。

さらに節約にもなるという、1石三鳥である。

タイトルとURLをコピーしました