ケトジェニッダイエット中の飲み会の切り抜け方!!【確実に成功】

ケトジェニックダイエット 飲み会 ケトジェニックとは

この記事ではケトジェニックダイエット中に絶対に参加しないといけない飲み会をどのように切り抜ければいいのかを解説していく。

まず覚えておいて欲しいのは、あなたが何を食べているかなんて他の人は気にしていないということだ。

だからあなたは自由に食べてOK!!

ここで解説しているメニューだけを食べて飲み会を乗り切れば食べている風でなんとかなる。

気を付けて欲しいことは、コースだった場合に逃げ道がないことがある。

その時は、事前にコンビニで何か食べておくか、帰りにコンビニで何か買って食べてOK。

ケトジェニックダイエットなので、空腹を耐える必要はない。

では解説していく。

ケトジェニックダイエット中の飲み会OKメニュー

お酒

お酒は蒸留酒をチョイスしよう。

一杯目はビールじゃないとダメなお堅い飲み会はこのご時世絶滅しかけているだろう。

一杯目炭酸でくう~っと行きたいならハイボールがおすすめ。

もしくは焼酎のソーダ割が無難だ。

私はケトジェニックダイエットを始めてからというものハイボールが大好物になった。

どうしても最初の一杯のビールが避けられない場合は、飲むしかないが事情を話して残りは他の人に飲んでもらえ。

因みに生ビール一杯(350ml)には糖質は10g含まている。

2杯飲んだら1食の糖質量はオーバーするので覚悟するように。

食事

食事では、枝豆やキャベツなどのよくある突き出し系はOK。

その他の食べてもスピードメニュー系。

・たこわさ
・焼きたらこ
・煮卵
・冷ややっこ

ただし、タレには気を付けた方がいい。

基本的には、塩、マヨネーズくらいしか食べられる味付けはないと思った方がいい。

魚のお刺身は食べてもOK。

その他の一品料理の食べてもいいメニューは下記。

・焼き鳥
・ウインナー
・唐揚げ(食べすぎ注意)
・だし巻き卵
・イカの姿焼き
・焼き魚
・エイヒレ
・揚げ出し豆腐

だいたい定番メニューは記載した。

これさえ抑えておけば、だいたい潜り抜けられる。

中には、他の人とシェアすることが前提だったりするので、他の人が食べたいかどうかを気にするようにしよう。

因みにだか、他の人が頼んだ食べられないメニューは何があっても食べてはいけない。

ここを乗り越えられかどうかが重要だ。

因みに最初1回断ればそれ以降めちゃくちゃ楽。

食べたら意志が弱いやつだと思われるし、食べずにいると自分を貫けることに自信がわいてくる。

これだけ注意すれば飲み会は余裕で乗り越えられから安心しろ。

俺もこの方法だけで、幾度となる飲み会を乗り越えてきた。

タイトルとURLをコピーしました