ケトジェニックダイエットでも豚バラは脂質が多すぎ【バランス大事】

ケトジェニックダイエット  豚バラ ケトジェニック食材

この記事ではケトジェニックダイエットで豚バラを食べようとしているあなたに、本当に食べられる豚肉選びについて解説を行う。

・豚バラが好き
・豚バラを食べようとしていた

上記の人には残念だが、豚バラは脂質が多いのでおすすめしない。

この記事を読めば自分で食べていい豚肉を判断できるようになります。

ケトジェニックダイエットで豚バラはアウト

豚バラの100gあたりの栄養は下記。

豚ばら肉
エネルギー:386kcal
タンパク質:14.2g
脂質:34.6g
炭水化物:0.1g

少し脂質が過剰である。

もちろんケトジェニックダイエットは高脂質食が求められているが、脂質だったら何でもいいわけではない。

煮ることで油を落とすこともできるが、それなら栄養価が減ってしまう。

豚バラではなく別の豚肉から脂質、タンパク質ともに摂取するのが無難。

ケトジェニックダイエットで豚肉は何がOK!?

豚肉の主な他の部位の栄養価は下記。

豚肩肉
エネルギー:216kcal
タンパク質:18.5g
脂質:14.6g
炭水化物:0.2g

豚肩ロース
エネルギー:253kcal
タンパク質:117.1g
脂質:19.2g
炭水化物:0.1g

豚ロース
エネルギー:263kcal
タンパク質:119.3g
脂質:19.2g
炭水化物:0.2g

豚もも肉
エネルギー:183kcal
タンパク質:120.5g
脂質:10.2g
炭水化物:0.2g

豚ヒレ
エネルギー:115kcal
タンパク質:122.8g
脂質:1.9g
炭水化物:0.2g

豚もも肉、豚ヒレは脂質が少なすぎる。

どちらかと言うと、ローファットダイエット時におすすめしたい。

豚肩、豚肩ロース、豚ロースに関しては、脂質とタンパク質がバランスよく摂取することができる。

そのため、計算もしやすいことから、この3つの豚肉からチョイスするのがおすすめ。

金額が一番安いものを買えば食費の節約にもなる。

ケトジェニックダイエットでウインナーは!?

ウインナー1本の栄養価は下記。

エネルギー:58kcal
タンパク質:2.38g
脂質:5.13g
炭水化物:0.54g

栄養バランス的には豚バラ同様脂質が多い、

ただ、ウインナーを食べると言っても10本も食べるわけじゃないと思うので許容範囲ではある。

5本以上食べるとタンパク質と脂質の摂取量に開きがでてくるので、5本程度を目安に食べてもいいと考えている。

タイトルとURLをコピーしました